FC2ブログ

沙羅の木

2013/07/03 08:09
ll3_20130703073435.jpg
深夜遅く、尻縄を食い込ませ

自画撮りをした。

彼のなで上げる手を想像する。




ll4_20130703073436.jpg
静かな部屋の中で、クランプの錘の揺れる音が
聞こえるような気がする。

この錘は・・・かなり重い。

挟む力は、適度に痛いが・・・錘が揺れるたび
腰をあわせて揺らしてしまう。


鞭で打たれたら…彼の容赦ない鞭は、手加減のない鞭は
どれほど私の身体を揺らす事だろう。

いや・・・揺れないようにじっと我慢する私を
彼は、冷ややかに鞭打つ。

『動くな』と・・言わんばかりに。


ll66.jpg
こんなにも愛しい感情を、
こんなにも切ない感情を、

どうすることも出来ない・・・
深夜の静けさ。

lll999.jpg

庭の夏椿が、咲いている。

『椿』の名の通り、花がポトリと落ちる。

沙羅の木。

私も、自分の賞味期限を考える。

愛されないまま・・・落ちてしまうような
心細い気持ちになる(笑)

落ちるなら・・・彼と一緒に、そう・・首を絞められながら
彼と堕ちたい。
 Home