FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吐息

2013/06/24 11:30
kyuko.jpg

私は、あまり、性的な雑誌を手にする機会がなかった。

育った家庭も、そういう類の本や雑誌は、なかった。

もしかしたら、几帳面な母や父は、私たちの目に触れない所に
しまってあったのかもしれない・・・が。

だから、私が目にした初めての、そういう類の本は
元夫の部屋で見つけたものだった。

でも、元夫は、ノーマルだったから、その雑誌自体は
あまり関心がなかったが、広告欄だったか『sm』系の写真が数枚あった。

縄で縛られた・・吐息が漏れるような女性。

口を半開きにして酔いしれた・・・女性。

そういう本格的な画像は、私を捉えて離さなかった。


smに目覚めたのは・・・小学生の頃だったのは
記憶にあるが(笑)あくまでも漠然としたもので・・・
実際に、どういうものなのか・・わからなかった。

そう・・・時代劇の女性の折檻シーンでは、『感じてはいけないもの』を感じていた(笑)

父が、時代劇が好きで、私も大好きな父の隣で
一緒に見ていた(笑)
あの時代劇の、人を裏切らない・・心ある世界が好きだった(笑)

私は、こういう嗜好以外は、わりと、常識的だと思う。

優しい思いやりが好きだ。
温かい心が好きだ。
人と人との裏切らない世界が好きだ。


私は、人の不幸をあまり望まないし・・
人を蔑んだりする・・・感覚がどこかかけているのか・・と
お人好し的な自分に嫌になる時もある。

娘いわく『お母さんのように、損ばっかりしたくない』と・・・・言われたことがあった(笑)


少し・・自己アピールをしてしまった(笑)

そう・・・こう言う行為を望む私は・・
何処から来るのか自分でも良く分からない。

こういう「鬼畜的」な責めが好きだ。

こういう扱いで・・興奮してしまう。


こういう画像でオナニーをしてしまっていた。


今、自分が昔見た、雑誌のsm画像のような行為を
頂ける事は・・・夢のようだ。

彼が言っていた『空想の世界を現実に・・・・』

その言葉をよく思い出す。


マゾヒストの私たちと相反して、存在くださるサディストの存在に
心から・・感謝しています。

smは・・不思議な世界だ。


そして・・抜け出せない・・というか
抜け出したくない。


性的快楽だけではなく・・・心も満たしてくれる。


変態恭子の・・独り言でした。

 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。