FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乳首責め

2013/06/19 08:28
20130607120222(1).jpg

ニップルピアスの上に針を頂いた。


ピアスを含めると、左右3本ずつ貫通。
そんな事を考えると・・・私は、はしたなく濡れてしまう。


針の痛みは、慣れるということはない。
彼はいつも、乳首をつまみ上げる事なく
針だけの力で刺す。

サディストだ。

今回は、刺す瞬間を動画に収めさせていただいた。

でも、結局、私は、身をよじり刺す瞬間は
映らなかった。

でも、叫ぶ声は・・・・自分で後で聞いて
恥ずかしくなる程・・・・。

なのに・・・こういう事で
ひどく興奮して高揚する。

動画も後ほど・・・。


20130607134550(5).jpg
もう1本お願いした。

私は、いわゆる・・・おっぱい責めが好きのようだ。

でも、自分ではせいぜい・・何かで挟む程度しか出来ない。

彼が言った『自分で針を刺してオナニーする人もいる。恭子も?』

私は、何度か挑戦したが・・・身がすくんでしまい
刺せない。

でも、彼はそれ程、おっぱい責めが好きではないようだ(笑)。



ただ、彼の望みは、視覚的なSMではなく
本当の痛みを伴う『苦痛の中の快楽』。


例えば・・鋭い注射針ではなく、切れの悪い針、乳首を打ち付ける五寸釘、
普通の安全ピン。


最近の私は、彼の求めるものを理解できるようになっていった。



『SMクラブ』での、ソフトなSMでは、彼は満たされない。

『SMクラブ』のNGなしの、裏のSMクラブの世界が彼は好きだ。



私も、以前、SMクラブの件は綴ったが・・・確かに
あの『真性SM』の世界は・・・魅力的だ。


私も、彼に出会わなければ、そういう、真性SMを求める人に出会う機会がない。

そういう場所に行かなければ・・・・満たしてもらえなかった。



どこまで堕ちていたのか・・・少し怖くなる(笑)。


20130607134550(9).jpg

リングではなく、針に錘を引っ掛けるように錘をかけた。

針が、皮膚を引き伸ばす。

『もう一つ』

彼の抑揚のない声に私は、目が潤み、口を半開きにして

悶える。

身をよじると、痛みが増すことを知っている私は
じっと立ち続ける。


20130607134550(22).jpg

『次は、リングに錘』

乳首の先のリングピアスが下に引っ張られる。

針の痛みが、乳首を刺激して、その様子を目で確認した私は
過呼吸気味になる。

無意識に、手を握り締め、無駄な動きはしないように・・・
じっと動かないようにする。

揺れる痛みは・・視覚的にも、肉体的にも・・ある。

kkkkiii.jpg


ピアスの先が、重さに耐えられなくて・・・ちぎれたらどうしょう・・・
じっと動かない私に彼は・・・興味なさそうにつぶやいた。

『もっと引き伸びるかと思ったが・・伸びないな』と。


私は、いつも、優しそうな彼から発せられる
言葉が・・・1番きつい責めのように思える(笑)




彼が、『おっぱい責めフェチ』・・・だったらよかったのに・・・・。

いじわる・・。
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。