FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

欲望と忠誠心

2013/06/13 07:54
IMG_3737.jpg

彼が異常にウエストが細いマゾヒストを望んでいる。

コルセットをきつく締め上げ、ほんの少しは
細くなったような気がするが・・・

締め上げた分、余った腰回りの肉が
ぶざまにはみ出す。

締め上げれば締め上げるほど溢れ出す贅肉。

細くなったウエストだけを彼に見て欲しいのに
彼は、私のはみ出した肉を容赦なく
手でつまみ上げる。

その時の屈辱感・・・と言ったら・・・言葉にできない。

若かった頃は・・・見当たらなかった代物だ。

『締め上げると肉がはみ出します」と彼に懇願したことがあった。

彼は、『それが良い』と言った。


綺麗ではなく、醜い体を晒す・・・『屈辱感』は
かなり過ぎるぐらい・・いじめに似たような・・
行為であり・・・私はよく涙する。

涙する私を彼は、全く気にならないのか
冷ややかに、私の溢れる肉に鞭を入れる。

『精神的に壊す』とは・・・こういうことかもしれない。



mmm1.jpg

私は、机に乳首を釘打たれて身動きできない
マゾヒストの映像を見たとき・・・言葉にできない
興奮を覚えた。

こんな鬼畜的な映像に感じてしまってはいけない・・・
と叱責の念を覚えても尚、その画像は脳裏に焼き付いてしまった。

実際に、五寸釘のようなモノを金槌で打ち込まれたら
・・・そう考えると、身が震える。

そこまでは、求めていないような・・・でも彼が『やってみるか?』
と言ったらやってしまいそうな・・・。

私は、コルク版を購入して、ホテルで、注射針を打ち付けて欲しいとお願いした。

IMG_3542.jpg

こんなふうに、ここにお願いします・・・と。

IMG_3736.jpg

彼から翌日返事が来た。
『恭子もわかっているだろうが・・・それは子供騙しだ』・・・と。


彼は、本当にサディスティックな感覚が深く・・・時々怖くなる。

『ごっこ』ではなく・・・『本当の苦痛』を欲しがる。

欧州に赴任していたとき、植えつけられた・・・と彼は言っていたが
私は、彼の持って生まれた『s性』なんだと思った。


元々、そう言う『感性』を持ち合わせていなければ
影響されただけでは・・・ありえない感覚だと思う。

私は、そういう彼に、とても恐怖を感じ、それでいて
同じものも感じている。

ただ・・彼は、いつも私の同意なしに事を進めないでいてくれる。

その優しい彼に惹かれながらも・・・
『判断を私に委ねる』あたりが・・・かなりサディストだと気がついた。

愛しい『彼の望むこと』・・『彼の欲望』を満たしたい・・・そういう
私の『恋心』は、恐怖心にさえ打ち勝てるのか・・・。


彼は、じっと、冷静に見ているような気がする。



彼は、奴隷の『忠誠心』をよく見極める。


ただ、smプレーがしたいのか、自分に忠実であるのか・・・。


私は、時々『smプレーをしたい私』が現れる。

そんな時、彼は自分への『忠誠心』を問う。


私は、注射針でコルクボードに打ち付けられたあと
いつの日か・・・五寸釘を金槌で打ち付けられることを望んでしまいそうだ。

臆病な私は・・・彼に夢中だ。
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。