FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雰囲気のある人

2013/05/22 07:57
sss1_20130522073448.jpg

雰囲気のある人だと思った。

彼に最初に会った印象。

彼独特の・・・『雰囲気』

サディストは、少なからずそういうモノを持っているような気がする。

寡黙だったり、言葉少なかったりするのだけれど・・・
何処か信頼できるような・・。

『根拠』と言われると・・・答えられないのだけれど。

冷たい彼を、どこか信頼している。

彼は、私をどんなふうに思っているのだろうかと・・・昨日考えた。




私を信頼しているのだろうか・・と。

今回、複数に入るに当たっての・・・『危険』を彼と話した。

二人だけの世界・・・ではなく、他の人を交える事によるリスク。


『秘密基地』には信頼置ける人しか
招かないと思う。

今回の連絡いただいたM女性の方、またその主たる方
とても信頼できる印象を受けた。


私は、昨日まで、彼ではない、サディストの方に会うことを
深く考えてはいなかった。

私の興味は、新しいM女性の方と彼に向いてしまっていた。

不安や、嫉妬・・・。

でもその思いを払拭させてくださったのは
M女性の方だった。

主にとても忠実で、私は沢山のことを反省させられた。



私は『人間不信』というにふさわしい(笑)愚かなタイプだ。
生い立ちや、離婚の経緯など言い訳にしかならないのだけど。

彼を疑い、そのM女性に不安を感じ・・・情けない限りだ。


ふと・・・私は、そのM女性を虜にしているM女性の主様に
興味が湧いたわいた。

どんな人なんだろう。

どんなサディストなんだろう。

『新しい』事への・・・新しい期待感を持ち始めた。

近々、私たちは、お会いする事になった。


彼に聞いた・・『わたしが、そのM女性の方の主様に
惹かれてしまうという心配はありませんか?』・・・・・と。


彼は、とても強い人だと思った。

私を信頼しているのか・・・。

それとも・・・・
私は、あくまで・・・新しい何かのための・・・踏み台なのかと・・・。

最下位の私は・・・・彼の踏み台でも、利用されていたとしても構わない・・
そんな気持ちになってしまうぐらい・・・自分でも変わっていった。

私は、彼に初めて出会った時、彼の『雰囲気』に呑まれてしまった・・ままのような気がする。


連絡を下さったM女性の方
また主様、どうかよろしくお願いします。


             恭子
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。