FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南京錠のニップルピアス

2013/04/22 08:08

44x.jpg

奴隷を意識しなおした私は、
自分で新しいニップルピアスをネットで注文した。

彼に『南京錠』ものと『安全ピン』ものどちらがいいでしょうか・・・と聞いた。

『南京錠もの』と答えが返ってきた。


私は、彼が以前ホームセンターで奴隷を責める材料を見たりする時間も
楽しい・・・と言っていた事を思い出した。

『奴隷は、会わない時間もこうして楽しませてくれている』と温かい
言葉をいただいた・・・かなり昔の記憶がある。

今は、そんな風に彼を楽しませる事は、出来ないでいる。

私は、SM専門の責具も好きなのだけれど、普通の『道具』で
責められる事を考える事も、興奮する。
志摩ビデオの影響だろうか・・・。



先日、私もホームセンターに出かけて、いろいろなものを見た。

チェーンだったり、紐だったり、S字フックだったり、そして南京錠も。

書き連ねるだけで・・ちょっと、SM的だ(笑)


そして何より、私のような女性はあまり、見ていないものを
『真剣』に見つめる私は・・ちょっと、異様だったような気がする。
日曜大工をするようには見えないだろうし・・・。

もしかして、私の頭の中のいやらしい『妄想』が、周りの人に知られてしまうのではないかと・・・。


よかった。
私は・・・見た目は普通の主婦なので、このブログの世界以外は普通だ。
『普通』ってなんだろう(笑)

結局、様々なものを見て、いらぬ妄想をした。
南京錠は、大きさは普通だったが、14Gの大きさはなかった。
自分のニップルピアスの大きさを思い出し・・・太すぎる南京錠を手に取り
また元の場所に戻した。

でも・・14G以上あるホームセンターの南京錠がハマるようになったら
とてもイヤラシい・・・などと考え、急いでその場を去った。

何食わぬ顔で、ガーデニングコーナーを覗き、勿忘草の苗を買った。
今年は、ブルー1面にしょう・・と。


私の中でSM的な要素と、花を愛でる・・・ということが
とても近くにある。

サディストも・・・同じような所があると思う。


時々、私のブログに足跡を残して下さるFC2ブログを書かれていらっしゃる方が
それなりにいる。

FC2ブログは、設定で、アダルトブログに『足跡を残さない』『足跡を残せない』ができる。
ただ、訪れた人の足跡を追い交流を持つことも出来る。


私のようなSM的な趣味ではなく、表に出しても困らないような
素敵な趣味の方々も訪問下さる。

私は、最初、その方のブログにお邪魔してしまうと、私の下品な足跡を残してしまうのでは・・・
と、訪れる事をためらっていた。

でも、そっとその人の素敵なブログにお邪魔して素敵な日常を読ませていただく。

その方のブログには絶対迷惑をかけることのないように注意を払いながら。

もしかしたら私のような同じ『好み』をお持ちの、『表の顔を大切』にされていらっしゃる
私にとってもかけがえのない『大切』な存在だ。

私は、彼同様、墓場まで・・・という誰に漏らすことなく
私の心の中だけの存在の『同胞』という認識だ。


話が・・ずれてしまった(笑)


最近は、私は、私をそれほど以前のように『異常』だと思わないで済む。

『一人ではない』という事は、とても大きな力になる。

いつも、訪れて下さる方々に、感謝しています。



今日は、ネットで注文した南京錠のピアスが届く。
代引きなので、配送業者の方に代金を払う時間が・・ひどく恥ずかしい。
中身が何かなんて・・知る由もないはずなのだけれど。

そしてネットだから、誰にもかかわらない・・と安心しきっていた私は
携帯に『ピアスのお店』から電話が鳴り驚いた。

ピアスのゲージの在庫の確認で電話を頂いた。
私は、冷静を保ちながら、返事をして『お世話になります』と電話を切った。
とても緊張していたらしい。何を『お世話になります』なんだろうか・・と。
『よろしくお願いします』で良かったような気がして、電話を切ってから
時分自身でおかしくなった。


だって、私は、ニップルピアスをたのんでいたので、南京錠ものも
何に使うか・・・想像がつく。
男性の店員さんだったが・・・戸惑いながら話す私に、丁寧に説明くださった。

ちょっと・・軽い『調教』をお受けした気分だった。


私は、会わない時間も彼に楽しんで欲しいと『南京錠』が届いたら
乳首に付けて画像を彼に送るつもりだ。

類ない努力をしなければ(笑)・・・。

新しい『奴隷の自覚』



 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。