FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

崩れていくモラル・・

2013/04/15 17:53
rrr3.jpg

ミストレスに着いた私達は、荷物とコートを預けるH様と彼。


H様は、なれたご様子で、私の荷物を預けてコートも預けるように指示下さった。

でも・・私は、コートを脱ぐと・・困る。



戸惑う私に優しく声をかけてくださったのが、ミストレスのさわこ様だった。



お店の紹介の写真より髪は短くされていらっしゃったが
S女性という感じもお持ちで、それでいて、どこか控えめで
可愛らし魅力的な女性だった。


完全に私のほうが年齢も上であるから・・・どうしても・・・『可愛らしい』などという表現になってしまう。


私は、私に優しく声をかけてくださった『さわこ様』に、縛っていただき
鞭を頂き、吊るして頂く事になろうとは・・思いもよらなかった。


この店の中では、店内のSMコスチュームを貸していただける。
その格好で過ごす事もできる。

だから、衣装を持参してきた(笑)私も・・・コートを脱いでも構わないと・・・
言われた。

時間帯なのか・・まだ私のようなはしたない格好の人はいない。

4組いらっしゃった方々も、スーツを着ていられたり、女性同士の方も
服を着ていらっしゃる。

店員のミストレスの女性は、確かに『衣装』を着ていらっしゃる。
でも・・私のほうが、年甲斐もなく、露出も多く、スタイルも良くない・・・。
頭の中が沢山の事で一杯になり・・・どうしたらいいのかわからなくなった。



かと言って・・・入口でみなさんに迷惑をかけて駄々をこねるわけにも行かない。



『露出する恥ずかしさ』より『入口で他人に迷惑をかける』ほうが・・・良くないこと・・
と私の、何処かおかしな頭は判断した(笑)

コートを、さわこ様に預け、恥ずかしい格好を露わにした。


ホテルで、彼と2人っきりの世界でだけ許されてきた事が
少しづつ変わっていく。

私の中の『モラル』が・・・壊れていく。

私の中の『規律』が・・・緩くなっていく。



何だか・・・とても不安だ。



H様は、女性を奥に座らせその隣にH様が座り、隣に私に来るように言われた。

偶然か意図的か・・彼がH様の隣に座り、私は手前の席に・・彼の隣に座った。


本当は、こういう格好の私を隣に置くという事は、
その人も『同類』とみなされてしまう。

だから、私は、はしたない服装の時は、人前では彼と距離を置き
他人のふりをする事が身についていた。

私の『バイキン』が彼に感染ってしまう(笑)かのような気がして。


はしたない格好の私を隣に座らせるという事は・・・
彼にも泥をかけてしまう・・という事。


彼に・・小さな声で聞いた。
『どうしますか・・・こんな格好で・・・・F様の隣にいたら
 F様にも迷惑がかかってしまう』と。


『だって、私の奴隷でしょう』と彼は・・答えてくれた。


彼は、飲み物を運ばれる、さわこ様に、私のニップルピアスを見せて
自分が開けたことを話された。



その時の、さわこ様の反応が
『サディストには見えませんね。ピアスを開けるような方に見えません。
 優しそうな人なのに』と。

温厚で紳士的な彼と、同じく、知的で紳士的なH様、どこか『壇蜜』似のH様の女性と4人で
数時間、怪しく淫らな時間を過ごすことになった。

つづく・・


残念ながら、H様との関わりの中で、画像を撮る余裕がなかった・・・。

というか私は、『一生懸命』だった(笑)

たくさんの経験をしたのに・・・残ったのは記憶。

鮮明に残った記憶なのだけれど・・・ブログに画像を載せられません。
申し訳ありませんでした。

それでもよろしければお付き合いください。




今回の画像は、翌日、頂いた鞭の痕を撮った画像です。

さわこ様からも沢山の鞭を頂きましたが
この鞭の痕は、H様と彼からホテルを出る前に頂いた
『10回』の手加減なしの鞭の痕です。

この鞭の痕を見るたびに・・・H様との時間が
『現実』だった・・・と蘇り、しばらく興奮冷めやらぬ
淫らな私でした。



そして彼に画像を送り『良い鞭の痕だ』と
1行メールを頂いた。





 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。