FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不倫の定義

2013/04/14 00:28
dd1_20130413102644.jpg

12月にH様と奴隷の女性と彼と4人での時間は
ほんの少し私と彼の関係を変えてくれたような気がする。

彼が『愛奴』と呼んでくれる事が何度かあった。

そして彼の『奴隷』に対する考えも・・・お聞きすることができた。


私は、どういう存在なのかも・・訊ねた。

彼は、ノーマルな表の顔を維持し続けなければならない。

その点は、私も同じ。


また、お互い配偶者がある。

本来なら・・私と彼の関係は『不倫』と位置づけられてしまうのだろうが・・・

また別のモノを・・私は感じている。


『性癖』を満たす結婚が望ましい気がするが
なかなか・・・その条件を満たす結婚は難しい。

また、私のようにSMの関係で結婚したとしても
うまくいかない事がい多い気がする。

最初の結婚で、勤務医の元夫は、私の少しM的な傾向を
受け入れてくれていた。
ほんの少し『SMチック』なsexをしていたような気がした。

所謂・・・ソフトSM。

ただ・・私は、『少しM的』ではなく『かなりM的』だった(笑)


今考えると元夫は、S的ではなかったようだ。
職業柄、針を使う元夫にとって、私の乳首に針を刺す・・・という行為は
あまり興奮する行為だとは思えなかった。
だから・・・私は、軽くつねられたり・・・ホンの少し洗濯バサミで挟んでもらったり・・
そのぐらいで満たされたフリをしていた。

温厚だった元夫は、私を叩いたり・・・という行為も全くなかった。


離婚後知ったが・・どちらかというと『ロリータ系』だったようだ。


私は、その当時から、志摩ビデオの大ファンだった。
あの中の女性が羨ましくて・・自分には手の届かない世界にいる・・・そんな
諦めにも似た感情を抱き続けていた。

だから・・・私は、同じ感覚を持った、表面上はとても温厚そうな
彼に夢中になるのも・・・当然だ。


そういえば・・・六本木のミストレスのバーで、店員の
女性が彼を見て『サディストには見えませんね。とても優しそう』と言っていた。

私のニップルピアスを彼が開けたと知り、店員の女性が言った言葉だった。


今まで、私は、私と彼の2人でしか『SMの秘密』を明かしたことがなかった。

だから、第三者の彼に対する評価を聞いたのは初めてだった。


やはり・・・彼はサディストには見えない。
私とのプレーでも、彼はとっても人当たりの良い、穏やかな笑顔を見せて
私の乳首に針を刺す。

その・・表の顔を維持し続けながら
私と一緒にアブノーマルを共有してくれる存在は・・・かけがえのない貴重なものだ。


ただ・・・刺激が欲しいのではない。

ただ・・配偶者に飽きたわけでもない。


本当に、こういう行為でしか感じられない。
こういうアブノーマルでしか・・・高まらない。

どうする事もできないモノを抱えている。


きっとこのブログを読んでくださる方は・・・理解いただける感情なのかと思う。

彼が言った言葉は・・・『配偶者を大切に思っている。』だから・・・・
私が『私の事を好きですか』と何度たずねても・・・答えてはくれなかった。

彼が言ってくれた精一杯の言葉は、『愛奴』だった。

『愛する奴隷』
痛めつけたくなる。鞭打ちたくなる。
そういう・・・存在。

私は、それ以上入り込んではいけないと気がついた。

『愛奴』で十分幸せな事だと。


それ以上を望んだら『不倫』になってしまうような気がした。

きっとこの考えには賛否両論あるかと思う。


ただ・・・私と彼は・・・この結論なのだと思う。




ただ・・・私は、今の夫からの私へのDVを(元夫と私に対する嫉妬からだったのだけれど)
・・今でも許せず・・・『大切な配偶者』と思いきれていない。


私には・・・・『好きな人』が不在だからそこを、彼で埋めようとしてしまうのかもしれない。


本当は・・・好きな人が『主』であり配偶者であったなら
どんなに幸せなことだろう・・・と思わないわけでもない。

現にそういう主従関係を築き上げている人たちもいる。



私は、彼が私を『愛する奴隷』と告げてくれた事が
とてもうれしかった。

そして彼は『5年間という時間は、簡単には築き上げられないでしょう』と
意外にも・・真面目な話をしてくれた。

ただ・・最後に『恭子より若くてスタイルのいいM女は沢山居る。もっと努力するように』と
いつもの彼に戻った。


サディストの彼は、意外に温かく、真面目だったりする。


きっと他のサディストも、共通点がある。


温かさ。










 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。