FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

常軌を逸する感情

2013/04/12 00:18
aa1_20130411225307.jpg
私は、心の何処かで・・・SMを軽く見ていたような気がした。

ブログに綴る内容とは・・裏腹に、彼を信じきれず
彼を待つことに疲れてしまい
もっと優しい誰かを・・・探しても良いと・・・
思っていたような気がした。


彼から連絡が途絶えたり、冷たくあしらわれてしまったり
甘い言葉を頂けなかったり・・・私は、いつも不安で、悲しい気持ちになった。

もっと楽な『恋愛ごっこ』をしようとも考えた。

いわゆる・・『不倫』の様な・・恋愛は楽しいことがあるから続くような気がした。
私は・・・なんだろう・・彼からの来ないメールを待ったり
時間になっても現れない彼を待ち続けてしまったり
ドタキャンがあったり・・・それなりに『かわいそう』な自分に浸ってしまっているような気さえしてしまう。
マゾヒストだから(笑)

このような性癖を持ってしまった私は、割り切って『smプレーを楽しもう』
と思えばいいのかもしれないとも考えた。

そうすれば、こんなに苦しい事もない。

私は、自分の中でsmを割り切ろうと考えた。

『秘性』を読み興奮する時のように
誰かとsmプレーをして興奮すれば・・・良いのではないかとさえ考えた。


aa2_20130411225308.jpg

H様と、H様の連れてこられた女性と彼と私で
4人で会った後、私は、初めて彼と一緒にホテルに泊まった。

そして、彼から飲尿を頂いた。



彼から頂く放尿は・・・割り切る・・という考えを洗い流した。

『誰のおしっこでも飲めるわけではない』・・これは
最初の頃ブログに綴っていた言葉だと思うが・・今も変わらない。

『飲尿が好きなのではない』これも・・今も変わらない。

ただ、彼のおしっこは・・・飲みたいと思うし
身体にかけて欲しいと思う。

愛しくてたまらない。

彼の放つおしっこを、一滴も逃さないように
身体に浴びたい気持ちになる。

両手でおっぱいを抱え込むように
彼のおしっこを受け止めて幸せな気持ちに浸る。

aa3_20130411225307.jpg

彼を見つめて『今夜はこのまま、体を洗わないで寝ます』と告げた。

彼は、少しはにかんで『匂いがする(笑)』と笑った。


彼には・・・マゾヒストの気持ちがわからないと思う。

私にとって、彼の匂いが染み込むなら・・・
それはこの上ない幸せなこと・・・だという事。

私は・・・というかマゾヒストはとても・・犬的だ。

マーキングされたいと思うのかもしれない。


私の『彼が好き』は、常軌を逸していて
手に負えないようだ。

という訳で、私の『割り切る』考えは、
あっさりと消し去られた。
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。