FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奴隷とは・・そういうもの

2013/03/12 23:48
ee7.jpg



H様が12月に、彼に私を譲り受けたいと言って下さった。

『メス豚恭子を、キロいくらで、いつでも引き取ります』と温かく言って下さった。


彼に飽きられてしまった私は、彼から去るべきだと考えていた。
彼に、彼の好みのM女性を新しく探す自由を・・・返すべきだと思えた。
彼に対する想いを・・・消し去るべきだと・・・思った。

それでも、自分では、決心つかない情けない奴隷だった。

ただ、彼に必要とされていない自分も、情けないほど惨めだと思った。


H様が私でも構わないと言ってくださる言葉は、まるで・・魔法のように
私に中の惨めな気持ちを消して行ってくれた。

自分を『惨めだと自覚する事』は・・・マゾヒストの私でさえとても苦しい事だった。

SMプレーの『蔑まれる』行為とは別の『愛情』のない・・・蔑みの様に感じた。


愛しい相手から想われない・・・単純な『失恋』とは、また別のもの。
主従関係が深くなればなるほど・・・主を失うという事は、苦しい感情だった。

なんだろう・・・全否定のような・・何もかも無くなってしまうような・・。
『虚無感』・・と簡単に表現出来ないぐらい・・とても単純な言葉のようで
何処にもない言葉にも思えた。

『最下位』さえ去らなければいけないなんて・・・。

彼に全く属さない事は、私の中で酷く不安で、ただただ・・・恐怖でしかなかった。


私は、彼に確かめることが怖くいつも『最下位』という安心な場所に居た。
一番下でいいから・・・そばに置いてください・・と。

でも・・・彼の気持ちを確かめたいと思ってもいたのも事実。

マゾヒストだから・・自分を苦しい状況に追い込もうとしているのかも(笑)

違う・・・彼を愛しく思うあまり・・彼から『愛されたい』と思うようになってしまった。


彼が、どのように答えてくれるのか・・・知りたくもあり・・・知りたくもなかった。


もし・・譲渡されてしまったら、奴隷の私は従うしかない。

『奴隷とはそういうもの』と。














 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。