FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

屈託のない笑顔

2013/01/09 01:13
rrr2.jpg

彼の表情を、私は全て知り尽くしていた気がしていたが・・・・
違っていた。

彼のサディストの『微笑み』を今回初めて見たような気がした。

『5年かかった』と彼は言った。

私に本気で鞭を入れるのに・・5年の月日がかかった・・と。


確かに。私は、彼から初めて調教を頂いた日に
彼の振り下ろす鞭から本気で逃げ出した。

はじめのひと振りは、彼も少し手加減した鞭だったと記憶している。
でも私は、その手加減されたひと振りでさえ、彼に怯え、逃げ出した。

初めて会ったばかりの人から拘束され鞭を入れられる事を
望まなかったような気がする。


ただ、彼とは、初めて調教いただく5年前からメールでは知っていた。
5年の空白があっても尚・・・忘れられない存在の人ではあったはず。

それでも・・・鞭の痛みは強烈で私は全力で逃げ出した。

その時の彼の落胆した表情が今も忘れられない。
あれから・・5年。

バラ鞭や乗馬鞭を頂く事はあったが・・・

1本鞭で、手加減なく鞭を頂いたことはなかったような気がする。

今までは、程よい痕が薄らと残る程度だった。



今回、アルファインで彼と、もう一人のサディストのH様から
頂いた記憶は・・・多分一生消えないと思う。


椅子に座る時・・・血液が充血してくる瞬間
鈍い痛みを伴う。

・・その度、彼とH様から頂いた鞭が蘇る。

怪しく淫らな部屋と、真性サディストの存在する空間は
たまらない匂いがする。


そして、容赦ない鞭に恐怖を感じ、怖気づきながらも
『真性サディスト』の存在は、私に『もう1回』を欲しがらせた。

のたうち回る私を、彼は、どんなふうに見ていたのだろう。

私には、彼の表情も、H様の表情も見る余裕など無かった。


ただ・・痛みが何回目かに・・・快感に変わっていった。

快感に変わった私は・・・もう私ではなくなった。



彼のサディストの『微笑み』を見たのは、部屋に帰り
鞭の痕をあらためて見ていた時だった。

私のミミズ腫れの鞭の痕を、彼は指先でなぞり
まるで少年のように・・・屈託のない笑顔を見せてくれた。

『本当に・・サディストなんだ』と・・・

私は、少し彼に距離を感じ・・・それでいて
私の奥深くは・・・とても喜んでいた。


私も、真性マゾヒストなのかもしれない。













 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。