FC2ブログ

心無い行為

2012/12/04 23:56
dd5_20121107215145.jpg

私は、彼に会えるかもしれないと・・会えないかも・・
が交差してパニックになってしまった。

彼から褒めて頂いた事のない私は、『良い子でいなければ』と
『会いたい』という気持ちを押さえ込もうとして
逆に愚かな奴隷を露呈してしまった。

『いつ会えるのですか』という内容と『無理しないでください』という内容を
交互に何通も忙しい彼に送信してしまった。

そして自己嫌悪。

静かに『待て』ができない・・・
愚かな奴隷だと自分を責めた。

このままでは、また彼に嫌われてしまうと・・・。

慌ててまたメールをする。

そんな私を・・・哀れに感じたのか

『期待させてしまうといけないが、金曜日は
 自由に動けるようにしておけ』

と返信をくれた。

そして、新幹線の中から・・電話を下さった。

私は、久しぶりに聞く彼の声にときめき・・戸惑い
こころ踊った。

聴きたかった事の何分の1も聞くことが出来なかった気がする。

彼の仕事の話・・・今の状況・・・。


私は、『私の想いはご迷惑ではないか・・・?』と聞いた。

『そんなことはない』と優しく答えてくれた。


『私を好きですか』とも訊ねた。

『そういうことは言わない』といつもの彼だった。


『じゃ・・嫌いですか?』
『いいや・・』

『それなら好きですか?私の事・・・?』

『答えない』


私がなぜこんなに幼稚なことを聞いてしまうのかと言うと・・
決して愛し合う恋人同士の『じゃれあい』ではなく
彼の気持ちを知りたい・・・一心だ。

サディストは、嗜好のためにそういう行為に臨む。
愛しい感情がなくても・・smクラブなどで
smプレーを交わせる。

私は、彼を好きになってしまい、彼が欲しいのは『恋人ではなく奴隷』であると
知っているのに尚・・・彼への気持ちを捨てきれない。

もしかしたら・・彼も私を好きで居てくれるのではないかと・・・
有り得ないことを妄想したりする。

そして妄想が現実になることを望んでしまう。

彼が答えない理由は・・・私を傷つけないためなんだろうか。
『好きな感情はない』とは、さすがのサディストの彼も伝えづらいのだろうか。


私と彼の関係は、好きな感情がなくても『sm』の関係が成り立つ・・・
とても怖い行為だと改めて感じた。

私は・・・彼が好きだ。


電話を切る前に彼から『金曜日』の約束をして貰えた事が
夢のようで・・・幸せに電話を切った。

私は、彼が『ミニスカート』と言っていたので
あちこち探したが、なかなか見つからず、結局
水商売のお姉さんの『仕事着』をネットで見つけて
恥ずかしいぐらい短いワンピースを購入して画像を撮った。

金曜日が待ち遠しかった。




 Home