FC2ブログ

彼の奴隷

2012/11/08 22:44
dd1_20121107215147.jpg

金曜日、例の定時制高校の教師と一緒に
プールで泳ぐ約束をしたのだけれど
私は、プールには行かず、有酸素運動をしていた。

ノーマルな関係は、私には無理だと自覚したから。

私は、彼に似た男性を見つめる『時間』を選んだ。


新しい何かを始める『気持ち』が起きない。

彼しか考えられなくなってしまっていた。


せめて許されることは、「彼に似た男性」に・・・心ときめく事ぐらい。

もう、その男性を10ヶ月見続けている。

私は、ストカー的気質だと(笑)気がついた。

彼に似た男性で、なんとなく彼に会っているような
錯覚をおこし・・・ていたような気がした。

笑える話なのだけれど・・筋トレの器械を使いながら
彼に似た男性を見て、彼に似た表情や仕草を見つけ
・・・涙がこみ上げてしまう事がある。

「あ・・彼に似てる」と・・単純に。

もしかして、ランナーズハイ状態も加担しているのかもしれないが。

日曜日にジムに行った。
平日に比べると、サラリーマンや学生、OLが多く
ジムも少し空いていた。

いつも持ち込み禁止の携帯を持込、画像を撮った。


dd2.jpg
私は、ジムに彼から頂いたニップルピアスを付けている。

いつも「彼の奴隷」で過ごしている。


dd3_20121107215146.jpg
着替え、シャワー、サウナ・・・
ピアスが見えてしまう事がある。

「奴隷」とは・・・そういうもの。

彼の奴隷である・・という事は、私の「幸せ」でもある。

だから・・外さない。

私は、結婚指輪なるものは付けてはいないのだけれど・・・
いつも指にはめている人の気持ちが
ほんの少しわかった。

こんな気持ち。

愛しい存在の人がいる・・・証。

愛しい存在の人の所有物である・・・満ち足りた気持ち。

 Home