FC2ブログ

奴隷の選択権

2015/02/01 01:21


IMG_8920.jpg

『お前に選択権があったとは・・・』という言葉をずっと考えていた。


『奴隷』の私は、確かに主の命令に従うのみ。

私は、なぜ・・・『身を引きます』と彼に伝えたのか・・・。



私は最下位なのだから、新しい奴隷が私の上に存在することも
覚悟していたはずなのに・・・なんとなく・・・『私だけ』・・にしてもらえる・・・と
勝手に思い込んでいた。

『覚悟』をしていても、実際に適応できるかというと・・・今回の私のように
オロオロ戸惑う。

『恭子は、いつもいざとなると、逃げ出す』・・・と彼に言われている。

まさにその通り。

去年だったか・・・私の淫らな妄想から、『彼と女性2人で3Pをしてみたい』と
彼に告げた。

もう一人をどうやって探そう・・・と考えた。

『淫らな楽園』というサイトで募集してみたことがあった。
カップルと何人か連絡を取る事ができたが、結局、直前にならないと
予定がわからない彼の状態では、日程を調節できずに夢と終わった。

単独女性を探そうと思ったが・・・・簡単に見つかるはずもない。

プロの女性なら、可能なのだけれど・・・と彼に告げたが
彼は、プロには興味ない・・・と。

彼に『新しく奴隷を探してみては』・・・と・・本心ではなかったが
伝えてみた。

『奴隷が一人いるのに、そういうサディストの奴隷になりたい・・・というマゾヒストか。・・・
ハードルが高い』と彼は言った。

『いっそ、恭子の存在を隠して騙して連れてこようか(笑)』・・・と彼が
冗談交じりで言った。

私は、『私が居ては、新しい奴隷見つかりませんよね』
『私も、F様に奴隷がいたら、奴隷になろうとは思わなかったでしょうから・・・』
と告げた。

彼の言うとおりだ。

私が居ては・・・新しい奴隷は見つかるはずもない・・・。



『私は、身を引きます。新し奴隷を見つけやすくなります』・・・そう伝えた。

彼を試そうとか・・・そういう気持ちはなかった。

純粋に・・・彼に新しい『奴隷』をプレゼントしたかった。
最下位奴隷として、もう一人の奴隷を探すことのできなかった私がせめて・・・彼にできること。

『身を引くこと』のような気がした。

最下位奴隷の私は、主のために新しい奴隷を探すための努力の手を抜いた。
『嫉妬心』から・・・だと・・よく自分でもわかっていた。

本気で、あちこち、新しいもう一人を探そうとしていたのも事実だったし
でも、その新しい奴隷に『彼の心』が動いてしまったら・・・・そういう恐怖心がどうしても拭えなかった。

だから・・・私は、『やるだけは、やりました。でも見つかりませんでした。』・・・・という結果に
心のどこかでホッとしていたような気がする。

『私だけ』でいられる。

『彼』を独占し続けられる。

そういう・・・奴隷に有るまじき『嫉妬』という感情に踊らせられてしまった。
情けない自分の・・・せめてもの・・・罪滅ぼし・・・。

『身を引く』という気持ちだった。

そして、もっともっと奥深い感情はもう一つ。

私のみだらな感情から『3P』という事も確かだったけれど
彼を喜ばせたい・・・『よくやった』と言う、奴隷が1番欲しい
『主からの褒め言葉』が・・・欲しかった。


こうして書き連ねていくと・・・・私は、かなり、自己中で
独占欲が強く、情けない奴隷だ。

奴隷・・・というより・・・ただの嫉妬深い『女』だ。


私の『身を引きます』は、彼を愛しく思う感情から・・・と
罪悪感から・・・・と、最後に、苦しい感情から逃げ出したい・・・そういう気持ちだった。

『身を引くことは許さない』

彼は去年そう言ってくれた。

『恭子がいないのでは意味がない』と言葉を下さった。

『恭子が居て初めて、意味がある』

『恭子が身を引くなら、新しい奴隷はいらない』

『恭子だけでいい』

という言葉を下さった。


ちょうど、1年前の出来事だった。

買い物の最中だった私は・・・歩きながら涙がこぼれた。

IMG_8921.jpg


8年目の新しい年、彼は、彼のチカラで新しい女性を探してくれたのに・・・・
『奴隷が居ること』と隠さずに新しいもう一人を見つけてくれたのに
私は、  『お二人で楽しまれてください』・・・・と返事をした。


そして愚かにも・・・・『私は、しばらく、F様の奴隷から身を引きます』・・・・と告げた。

IMG_8922.jpg

新しい女性に嫉妬してしまった私は、奴隷であることを忘れてしまった。

きっと彼は、また引き止めてくれるような・・・甘い期待を持っていた。


IMG_8923.jpg

去年の私は・・・純粋だった。

今年の私の『身を引きます』は何処か・・・打算的だった。

当然彼は・・・サディストの彼は・・・『わかった』と答えた。
『好きにしろ』・・・・と。

こんなふうに、乳首ピアスをチエーンで引き伸ばされる行為の何倍も
何倍もの恐怖にみまわれた・・・。

『好きにしたらいい』という彼の言葉。

刻む・・・

2015/02/01 01:40
IMG_9296_20150131231043288.jpg

ベッドで涙が頬を伝い枕が濡れてしまうほど・・・泣いた記憶は・・・
父が死んで以来。

こんなにも泣けるものなのか・・・・と泣いている自分に少し驚いた。

彼との時間を思い出したり、彼の笑顔だったり・・smの調教の内容というより
普通のノーマルな彼を思い出して仕方が無かった。

彼の助手席に座って、彼のヒゲを指でなぞった感触。

無造作に置かれた彼の指を手に取り、指を絡ませた感触。

最後に会った彼が帰り際に、コートを着て彼のシルバーグレーの髪と同じ色の
マフラーを巻く姿を思い出した。

もう彼に会えない・・・。

もう彼は消えてしまう・・・・。

人との別れは、何度か経験済みだ。

時が解決・・・ありふれた言葉だけれど
正しい。

でも・・・・主・・・は、消せない。

『消したくない』・・・・・・・・・・彼が愛しい。

そういうふうに、調教を受けてきた。

彼にしか心動かない・・・そういう鞭を打ち込まれてきた。

『誰の奴隷だ?』・・・と頬をビンタされて、私は、失禁しながら
『F様の奴隷です』・・・・と声を震わせ答えてきた。

心と身体に刻まれた・・・という事は・・・こういうことだったんだ・・・と
今になって思い知らされた。

アウターラビアを塞ぐ

2015/02/01 02:00


私は、アブノーマルだから・・・普通には生きられない。

こんなふうに、彼から、アウターラビアに針を刺される行為で
濡れて高まっていく。

縛り上げられるでもなく、自分の意志で彼からの性器への針を
興奮して待ち望んでしまう。

IMG_4725.jpg

息が荒くなり、妖しい声を上げる。
失禁してしまいそう。
乳首ピアスは、目で見ることができるが・・・
目で見られない分、彼の指の感触や、針の冷たさに
敏感になる。
IMG_4867.jpg

彼の息遣いを感じる。

彼の指が、アウターラビアを左右親指と人差し指でつまみ上げる。

そして針のアウターラビアへの貫通を確実にする。

IMG_4652.jpg

自分の淫らな部分を彼の手で塞いでもらったような・・・

安心感と充実した気持ちに満たされる。

塞がれたはずなのに・・・ラビアの中は恥ずかしいぐらい濡れてしまって
塞がれていなければ、愛液が垂れてしまいそう。

こういう・・・・変態と呼ばれる私を理解くださる相手は・・・
マイノリティーだ(笑)

彼に固執する理由。

マゾヒズムの残酷さ

2015/02/01 02:10
IMG_9836.jpg

こういう行為を知ってしまった私は、どこに戻るべきなのか・・。

smは、確かに禁断の味。

蝋燭の火が燃え尽きてアナルを焼き尽くしてしまいそうな
そんな恐怖と異常な高まりと、彼から浴びせられる
『淫乱メス豚』という言葉は、私を深い深い、快感へと誘ってくれた。

悲しいはずなのに・・・悲しみで情緒不安定な私は
クリトリスがひどく敏感になり・・ほんの少しの刺激で
逝ってしまいそう。

何なんだろう・・・この、感情。

マゾヒズムが最高な状態。


従順

2015/02/01 02:16


鞭打たれたい。

彼を失いそうなのに・・・淫らな自分が止まらない。

悲しくて・・・おかしくなってしまったのかもしれない。

悲しくて狂ってしまったのかもしれない。


オナニーして落ち着かせなくちゃ・・・。

こんな時にオナニーをしている時なんだろうか・・・
と思えば思うほど・・・欲望が強くなる。

生理が終わった私の身体は、ホルモンに従順だ。

『従順』・・・・

涙の段階

2015/02/02 17:33


私は、『ビンタ』というものをされたことがなかった。


両親に怒られるような事をしなかったこともあるが(笑)
良い子を演じていたせいもある。

1度だけ、高校時代だったか、帰宅時間が遅くなり
父に軽く頭だったか・・叩かれた記憶がある。

6歳違いの兄は、私に手を挙げた時点で、両親から怒られてしまうことを
身にしみていたので(笑)私が、いくら挑発しても、言葉で叱った。
(今考えると・・・可愛げのない妹だった)

2人兄妹の私にとって、『女』であること・・・『年下』であることは
いつも優遇される条件だった。

少し泣き真似をしたり・・・悲しい表情をすることで
許されたり、優しくされたり・・・が待っていると思って育った(笑)

だから・・・6歳年上の彼に私は・・・同じ手を使おうとして
あっさりと期待を裏切られる。

『涙』や『悲しいふり』は・・・なんの効果もない。

決して嘘泣きではなく・・・心から悲しくて涙がこみ上げて
頬がほんの少し紅潮して、目が潤む。

演技ではない。

でも、彼はそんな私におかまいなく、いつもどうり冷たくあしらう。

そんな時、私は...『涙を流す私にまで冷たい』そういう彼に
心の底から悲しくなり、惨めになり、別な涙が出る。

涙には、何段階もあるような気さえする。

こういう時は、同情を引きたい涙ではなく・・・本気で悲しい。

そしてもう1段。
彼がくださるビンタ。

最初の1回から、かなりの強さで、一瞬、気が遠のく感じさえする。

頬が横に大きく振れるぐらいの衝撃だ。
恐怖を感じる。

愛しいはずの彼が、表情一つ変えずに、私を平手打ちする。

体制を戻し、私は、目を潤ませ、彼をじっと見上げる。

何を知りたいんだろう・・・彼の心が知りたくなる。

『なぜ・・こんなに強く叩くのですか?』・・・と?
『なぜ・・私をいたぶるのですか・・・?』・・・・と。

あまりの痛さで、鼻血が出るような気がした。

恐怖が走る。怖い。痛い次のビンタが嫌になる。

『なぜ、叩かれているのか?』
『なぜ、拒否しないのか?』

彼がそういう性癖で、サディストだから。

私は、こういう性癖で、マゾヒストだから。

何回目かのビンタで、彼はゆっくり私の頬に手を止めた。

終わりではなく・・・確認のような時間。

私は、無理やりビンタされているのではなく、
ビンタをされて、高揚していく。

じっと彼を見つめて、彼の掌に愛しさを感じ始める。

『もっとください』・・・心からの言葉。


securedownload-(31).jpg

彼のおしっこが髪の先から滴りおちるのを感じながら
夢中で目の前の彼のオチンチンにしゃぶりつく。


securedownload-(18).jpg

彼は、夢中にしゃぶりつく私の口から彼のオチンチンを外し
私の頬を両手で抑え、顔を動かないようにして
強いビンタを数回繰り返した。

口の中から愛しい彼を取られてしまった悲しさと
今まで以上の痛みと・・・鼻水さえながれ、彼のオチンチンをしゃぶりたくて流れ落ちる
唾液が顔を汚した。

彼はそんな私の顔を掌で、もっとぐちゃぐちゃにした。
そして、両方の掌で私の顔を持ち上げはじめた。
私は、少しづつ、膝で支えながら体制を起こした。

見上げていた彼の顔が、すぐ近くにあった。

顔を見られたくない・・・という感情と、またビンタされる・・・という恐怖が
入交、私は、目を閉じた。

彼は、醜い私の顔をまさぐり、顔中ベタベタで、ぐちゃぐちゃにした。
そして、激しいキスをくれた。

興奮と、恥ずかしさと、痛みと、不意をつかれた私は
彼の舌をオチンチンと間違えてしまったのごとく
舌を絡め、吸い付き、まとわりついた。

何なんだろう・・・普通の性行為の何倍も、感じる。

こんなにも、1体感を感じられる行為を・・・私は、他に知らない。

サディストの気持ち

2015/02/02 17:48


サディストの皆様は・・・自分の性癖を持て余すことはありませんか・・・。

時々、サディストの方からメールを頂く。
奴隷をお持ちのサディストの方が 『奴隷の気持ちがわかる』ブログ ・・・だと。
嬉しい言葉を頂く。恐縮してしまう。

サディストの方は、いつも自信ある行動で、
奴隷の気持ちなど気にかける必要はないような気がしていた
どちらかというと、マゾヒストいつも不安で、主の気持ちを知りたい。

『サディストの気持ち』を知りたい。

どんな気持ちなんだろう・・・。

主にとって奴隷の『涙』・・・・って。

主にとって奴隷の『哀願』・・・・って。

『奴隷』ってどんな存在なんだろう・・・。


こういう性癖は、表には出せない。
もしかしたら、恋人にも隠さなければいけない場合もある。

でも、性的な欲求は、満たされなければ・・・どんどん膨れ上がっていく。

私は、自慰行為をしても、SMの欲求は、別な場所にあるかのように
また、頭をもたげ始める。

『普通の幸せ』がほど遠い。

『アブノーマルなのだから』・・・そうなんだろうな・・・とも思う。

なぜ・・この性癖を持ち合わせて生まれてしまったのか・・・(笑)

でも・・・共有できた時の、あの、心の繋がりは
この性癖ならでは・・・だと思っている。

彼が・・・・愛しい。

好きにしろ・・・の続き・・1

2015/02/02 23:31
IMG_1096 - コピー

主の気持ちを知りたい・・・・

多くのマゾヒストが思うこと・・・

『何年の付き合いだ?・・・』と彼が言った。
『8年だろう。恭子と私は』・・・と。

どういう意味なんだろう・・・・。

飽きたという意味?

確かに、新鮮味がないし・・・マンネリ感も否めない。


『  何年奴隷をやっているんだ?

新しい奴隷をなんて考えてはいない。

今のところは、恭子以外考えていない。

確かに、若い女を食べたいというのは本心だ。
でも、恭子は私の中で 『別格』 になっている。

ただ、恭子の前で他の女を責めてみたい。
恭子が泣くのを見たい。
恭子が、他の女に負けまいと頑張る姿を見たい。

これが正直な気持ちだ』


『銀座のママを奴隷に・・・・と思ってらしたのかと・・・』 と聞いた。

『銀座のママクラスになると、酔っぱらいの扱いが上手い。
・・・・奴隷になっても良い・・・ぐらい答えるし、その言葉を鵜呑みにはしない。
ただ、私たちのプレーを見てみたい・・・という話から、3人でミストレスへ行こう・・・・という話になった』と・・・彼。

彼の答えを聞きながら、少し、ホッとして、『奴隷にならないか?』  的な話をしていた彼に
少し嫉妬した。

ミストレスのさやか様にも、ゆうな様にも言っている。

もし・・・本当に相手が『奴隷になりたい』と答えたら
奴隷にするんだろうか・・・と悲しくなった。

『最下位のくせに・・』と彼から怒られてしまう。

今回、銀座のママは、お金を払ってお店の外で会ってくれるワケではなさそうだ。

彼の会社の関係で行っている店なので、それなりに良いお客なのだろうし・・・
1回で何十万も使っているから...お店の外でも来てくれるのだろうか・・・と考えれば
私も少し楽なのだけれど・・・。

彼の場合、社会的地位やそういうもので、私が奴隷でいるわけではないこと同様
銀座のママも彼の『人』の魅力を評価してくれているのだと思う。

彼は、女にお金を払わない。

それでも・・・くる女性は・・・私は、とても恐怖を感じる。

まして・・・私など、銀座のママにかなうはずもない・・・。


彼の話は、私に敗北感しか与えてはくれなかった。

『潮時』・・・・なのだろうか・・・

私は、最下位のくせに・・・上に奴隷ができることが怖くて仕方がない。

何年、彼に調教を受けてきたのか・・・情けない次第だ。






好きにしろ・・・の続き・・2

2015/02/03 00:08
IMG_9334.jpg

『恭子と同じだよ』と彼が言った。

『何がですか?』と少し泣き出しそうに私は聞いた。


『恭子を貸し出す気持ちと同じ。

興奮もするが・・・すごい嫉妬がある。』・・・と彼。

『確かに、私ももう一人の女性は、興奮しますが、
嫉妬と不安が尋常ではありません。

F様が他の女性を責めるのもを見たい。

F様と他の女性がsexする結合部分に舌を這わせたい。

F様が、他の女性にキスするのを見たい。

究極は、他の女性に中出しされたF様の精液を舌ですくいたい。

想像しただけで・・・胸が苦しく、涙が出そう』と彼に告げた。

『若い20代は嫌だろう。いろいろ考えるだろうし・・
だから、同じぐらいの年齢を探した。若くてもいいのか?』  と彼が聞いた。

『F様は、若いほうがいいですよね?』  と聞き返すと

『それはそうだ(笑) 』 といつもの彼。

新しい奴隷を探すなら、好みの若い奴隷を探すはずだし
彼なら可能かも知れない。今回は複数の相手を探してくれたのかもしれない。
そんな風にも思えた。少し・・ちょっと安心した。

『それに、新しい奴隷を見つけたら、ミストレスじゃなく、別なところに行くよ。
恭子にバレないように』と・・・。相変わらず、意地悪な彼だ。


『恭子以上の奴隷はいないだろう』  と聞き違いかと思う言葉を頂いた。

今でも聞き違いのような気がする。

彼にとっての『恭子以上の』であって・・・。
サディストは自分の奴隷を1番だと思ってくれているのかもしれない。

もしかしたら・・サディストは言葉少なく、愛情表現が信じられないぐらい下手だ。

私は、我慢していた涙が止まらなくなった。

『なぜ、いつも冷たいんですか・・。嫌われてしまったのかと・・・。
新しい奴隷が欲しいのかと・・・本気で思っていました。
身をひこうと・・・本気で思っていました。』

『破棄しない。譲渡もしない。鞭打つうちは、飽きていない証拠だ』  といつになく彼は
言葉を選んでくれた。



『奴隷は主に愛されて初めて、ほかの女性を受け入れられる。

本当に好きなのは・・・自分だ・・・と思えたら、何でもできる。

最下位に徹して、F様とほかの女性の性の処理もできます。

不安定な気持ちで・・・複数は危険すぎます』と・・・

奴隷にあるまじき言葉を彼に浴びせてしまった。


伝えたくて伝えられない言葉。

『愛されたい』という言葉。

私は、8年目で初めて・・・彼に『愛されたい』と告げた。

マゾヒストは・・・心から愛されたい・・・それが望み。

『嫉妬してくれる・・・という事は、私を好きでいてくれるのかも』と照れくささを隠すように
私が聞いた。

『そうなのかな・・・』と彼。

『私を好きですか?』と勇気を出して聞いた。


『奴隷として・・・かな』と・・優しく返事をくれた。

そして、彼らしく『飼い犬が他の人に懐くのが嫌な気持ちかな・・・』と
笑いながら答えた。

なんだか、とても、説得力のある答えだった。

首輪が似合うようになった・・・最下位淫乱奴隷 恭子だった。

選択・・・

2015/02/03 00:34
IMG_9081.jpg

翌朝、彼は、『昨日は酔っていて記憶がない』・・・と私に告げた。

それでも構わないと・・思った。

彼の気持ちは・・・もしかしたら、酔った時しか聞けないような気もする。

ただ・・・私は、自分から身を引くと伝えたものの・・・1週間持ちこたえることすらできずに
複数でもなんでも・・・愛されない奴隷でも・・・彼の最下位に置いてもらえるなら
それだけでいい・・・と思い始めていた。

『極限状態』というモノ。

究極の選択で、彼を失わずに済むなら、なんでもする・・・という選択を選んだ。

『複数』に伴う、心の葛藤。

ミストレスで、さやか様やゆうな様に嫉妬している場合ではない。

本当に・・・できるのだろうか・・・。

なぜ・・このような選択をしてしまうのか・・。

マゾヒストの憂鬱。

調教で植えつけられた・・・歪んだ価値観?

ただただ・・私が、レズビアンの素質もあり、貸出も可能で、複数でも十分感じてしまえる
淫らな女だから。

何でもしてしまえる・・そんな自分が怖くなる。