FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彼以外からの鞭

2013/09/02 23:01
43543.jpg


smバーで、彼は 数人いた他のお客に私を鞭打たせた。

彼以外の鞭は・・・私の中でどのようなものなのか。



私たちの後に、カップルが1組入ってきた。

相互鑑賞と露出が趣味という仲の良さそうなカップルの方だった。

男性が、女性を可愛がり、大切にしていた。


いわゆる・・『恋人同士』のような関係だ。
愛し合っている・・・関係。

私は、彼の隣に座りながらも、彼から愛撫を受けるでもなく
、彼からキスを頂ける理由でもなかった。

ただ・・モノのように扱われるだけだった。

バーの壁にかけられた、沢山の種類の鞭の話になり
かおりさんが、鞭の説明をしてくれた。

かおりさんオススメの鞭で打ってもらったら・・・と彼が言った。

私は、奴隷の衣装になり、部屋の中央で四つん這いになり
かおりさんから鞭を頂いた。


調教とは・・怖いものだ。

私は、なんのためらいもなく、人前でワンピースを脱ぎ
コルセットとガーター、革のブラジャーに5つのボディピアスを曝け出した。

カップルの他に、常連の単独男性と、初めてだというS男性が居た。
私以外、5人の人の前で、私は、かおりさんから鞭を頂いた。

こういう事が・・・私の中で『当然の事』になって来ていた。

何の疑問も持たずに、彼から言われれば、従ってしまうようになった。

彼が他の人にも見えるように、向きを変えるように言った。

私は、這いつくばりながら向きを変えた。


でも・・・私は、何も感じないかといえば・・・そうではない。

他の人の会話が耳に入らない。
入らないというか・・・遮断してしまっているようだ。

『羞恥心』は消え去ることはない。

だから、他の人の会話は・・・耳に入れたくない。
現実に戻ってしまうから・・・・。


そういう私の心を知ってか知らずにか・・・彼は
『みなさんから、鞭を頂いたらいいんじゃないか?』と彼は

淡々と言った。

他の人たちは、遠慮してか・・『いいんですか?』と尋ねた。

もちろん答えるのは、彼だ。
『いいですよ。鞭打ってください』と彼は答えた。

私は、ただ、這いつくばり、彼が答えるのを聞いていた。

一人一人・・・私に鞭を入れた。

最初の1回は、みなさんが手加減くださる。

私が平気な様子を見て彼が『このぐらいは、なんともありませんよ』と告げる。

私も『はい。大丈夫です』と答える。

2回、3回と鞭の強さが増す。



常連の単独男性は、Sの方ということでそれなりに
鞭に慣れていた。

カップルの男性は、手加減をして鞭を下さった。
ご自分は、Sというわけではないと・・いっていた通り優しい鞭を下さった。
愛しい彼女の前で、どのように鞭を下さるのか、興味があった。




カップルの女性も、私に鞭をくれた。

そう・・・この女性からの鞭が・・・私には、1番応えた。。

唯一ノーマルに近い、SM嗜好ではない『同性』からの鞭だったから。
蔑まれてしまっているような・・・不安な気持ちと、そこまで堕ちてしまった様な
複雑な気持ちだった。

『最下位』という、彼から頂いた地位を再確認した。


最後に、初めてだという若いS男性からの鞭。
初めてのその男性は、初めてとは思えない厳しい鞭を入れた。

私は、その鞭の痛さに、彼からの鞭をほんの少し思い出し
今までの、複雑な感情が消え、淫らなマゾヒストに変わった。


最後に、彼の鞭が・・・欲しい・・・そう思った。

いつもの容赦ない泣き叫ぶ彼の鞭を・・願った。

私は、彼を見つめて彼を求めたが、彼は冷たく言い放った。

『みなさんにお礼を言いなさい』と。

私は、正座をして、鞭打を下さった皆様にお礼をした。


『ありがとうございました』・・・・と。


211221.jpg

私は『奴隷』であると・・・心の底から思い知った。

彼の言われるまま。

彼の思った通りに動く。

『絶対服従』
この言葉は、そう簡単にはできかねる。


私は、何年かかったんだろうか(笑)

彼を信頼している。

彼は、信頼できる主である・・・と思えて初めて
『絶対服従』が可能になる。

心の底から従える。



ただ・・・まだ私は・・なりきれない部分があった。

カップルの男性は、私が、彼女の身体、乳首、秘部に触れる事を
許してくれた。私は、その彼女可愛らしい乳首に舌を這わせた。

ほんの少し、彼女の乳首をつまみあげてみた。

私は、『彼が触れても構わないか?』と聞いたが、カップルの男性は
『他の男性には触れさせたくない』という事で
同性の私だけが、彼女の身体を堪能させてもらった。

彼の顔を見ながら、彼女の身体を味わった。

彼はどんな表情をするんだろう・・・と。

カップルの男性は、どんな表情をするにだろうか・・・・と。



彼は、いつものように冷ややかに私と彼女を見ていた。

カップルの男性は、彼女を気遣うように、見ていた。


急に、彼女が羨ましくなり・・・自分が哀しくなった。


『他の男性に触れさせたくない』という彼女が、ひどく羨ましく
私は、ほんの少し・・・涙がこみ上げてきた。

私は、最下位淫乱メス豚 恭子なんだと・・つくづく思い知らされた。


私は、彼の隣に少し距離を開けて座った。

つづく・・・




記念日

2013/09/03 01:04
43212.jpg


F様

『主従関係』・・・不思議だと思います。

妻でも恋人でも、愛人でもないのに・・・
ひたすら、主であるF様が愛しくて、心から心配したり
F様の成功されていく事が嬉しかったり。

かと言って、F様を独り占めできるとも思っていません。

何かを求めようとも思ってもいません。

こういう『純愛』のような想いは、
私自身も温かい気持ちでいられます。

私が欲しいのは、F様を想い続ける自由。

F様から何かを奪うつもりもありません。
従者は、主の幸せがのぞみですから。

F様になにか迷惑をかけるつもりもありません。



こうして、F様を想う事ができる私は幸せです。

またそこまで愛しく思わせる、主の資質お持ちのF様は
貴重な存在です。

もうすぐ、止まっていた時間が動き出した8月末を迎えます。

F様に出会えた事を感謝しています。

    恭子    』



6年目の記念日に彼にメールをした。

いつもの事だけれど・・・彼から返事が来ることもなく
私の記念日は、あっけなく過ぎ去った。


寂しくないか・・といえば・・・寂しい。

でも、寂しい気持ちを認めてしまうと・・・
彼にメールした内容は、嘘になってしまう(笑)


もっと温かいサディストなら・・・私は寂しくないのだろうか(笑)



ただ、彼は、最初の年も、6年目の今も、同じ対応なのが
私が安心できるところなのかも知れない。

出逢った頃より、今の方が彼から、沢山調教頂けている(笑)



『いい子で待つ事』が出来る様になった・・・?気もする。

彼の『いいんだな』・・・

2013/09/03 01:06
kk8_20130722092123.jpg

SMバーで、私たちの向かいに座ったカップルの男性が
彼女の下着に手を入れ始めた。

彼女は、喘ぎながら、座っていた。

彼が『恭子も参加するように』と言ったので
私は、彼女とその男性との愛撫に参加した。

彼女は私のニップルピアスの胸に優しく触れた。
『すごいですね』と。

私は・・レズが可能で・・そういう時の私は
S的になる。

彼女の秘部に触れてもいいものか・・・迷ったが
その男性は、構いません・・・と許可くださったので
静かに女性の秘部に触れた。

ラビアにそっと触った。

恥ずかしそうに、相手の男性を見つめる彼女。

私は、少し、そのカップルが羨ましくなった。



私は、彼の命令のまま従うだけ。


S的な私は、カップルの男性のモノに触れても構わないかと・・・
彼ではなく、彼女に聞いた。

その時の彼女の表情を見たいと思った。

彼女が戸惑い・・カップルの男性を見つめて、訴えかけていたようだった。

カップルの男性は、『構わないです』と・・言ってくれた。

その後、彼に『いいですか?』と願い出た。

『構わないよ』と彼は、淡々と答えた。


そう・・彼には『嫉妬心』はない・・・というか
私は、嫉妬される存在ではない。悲しい現実。


私は、カップルの男性のオチンチンを両手で包み込み
彼女の目を見ながらしごき始めた。


なんて興奮するのだろう・・・。

彼女の戸惑う表情。

彼女の高まる姿。



私は、彼のオチンチンを他の女性が触ることを想像して
彼女の気持ちに同化して・・悲しい気持ちになり、
またそう言う、『考えたくない状況』を想像して・・興奮もした。


私の感情は、本当に支離滅裂だった。

Mなのか・・・Sなのか・・・レズなのか・・
混乱しだした。


正直、私は、カップルの男性のオチンチンを触ることに
何の興奮もしない。

私は、その時の彼女せつなそうな、悲しそうな・・苦しい表情が
たまらなく好きだ。

『愛しさ』は何よりも勝る。

私は、それ以上は深入りせず、場を離れた。

そしてまた、彼の隣の席に戻った。

隣の席といっても・・・彼に寄り添うわけでもなく

彼の手に触れるわけでもない。

彼が私に触れることもない。


誰かに私のボディーピアスを見せるときに
私の体に触れるぐらい。

私は・・・何なんだろう・・・。


目の前のカップルは、フェラチオをしだした。

私は、彼に『いかがですか?』と尋ね、
口奉仕をさせて頂いた。


そう・・『フェラチオ』と『口奉仕』の違い。

私は、恋人でも愛人でもなく・・・『奴隷』だという事。



時間になり私たちは、SMバーを出た。

ビルを出て・・・私は・・・悲しみが溢れ出し
会話ができないぐらいだった。




『今日は、精液も、おしっこも・・・キスも頂けなかった』と
私は、涙ながらに彼に伝えた。


そういう事を彼に言うべきではなかった。

でも、SMバーを出た私は、今まで我慢してきた
『奴隷』を自覚させられる行為に・・・少し限界を感じていた。


奴隷・・・なのだけれど・・・『愛されたい』。

奴隷・・・なのだけれど・・・『優しくされたい』。

それを『主』である彼に伝えることは・・・『奴隷』にあるまじき行為だ・・と

彼から躾けられてきた。



私は、笑顔を作り『今日はありがとうございました』と彼に挨拶をした。



彼は、仕方がないな・・・と私を呼び寄せてくれた。

彼からキスを頂ける・・。



どんなに・・欲しかったことか。



一緒にいるリスクは、夜だから・・・ほんの少し減ったかも?

暗いからわからない?

いや・・・夜のこの時間に彼と一緒にいるリスクは・・・変わらない。




私は、彼と逆の方向に歩き出した。


二人だけの空間ではない、新宿の街中で
彼を危険にさらす事は・・できない。




『いいんだな』と彼も歩き出した。

きっと彼は、私がすねて・・・いたと思ったようだった。



私が、どれほど彼を思っているか。
使用済みのコンドームを持ち帰り冷凍保存する私。

彼が飲み終えたペットボトルを大切に持ち帰ってしまう私。

彼の精液を飲み込むことさえもったいないと思い、飲み込めない私。

彼から掛けて頂いたおしっこを洗い流したくないと戸惑う私。


彼から抱きしめられ、キスを頂けることが
私にとってどれだけ価値にある行為か・・・
彼は・・・知る由もない。


本当に・・・彼が好きで・・・困ってしまう。


そして・・苦しい奴隷という立場に・・・戸惑う。



彼の『いいんだな』という言葉が、この1ヶ月頭から離れない。

『よくありません』・・・と彼に伝えたい。


奴隷の仕事

2013/09/04 01:11
mi4.jpg

『今日の奴隷』を彼に送った。


先日彼が、ドイツから帰国した。

時々、彼は海外の画像を送ってくれる。

画像の場所の名前が件名で入っている以外は
メールの文章はない。

それでも私は、嬉しくて、大喜びする。

成田から飛び立つ彼に私は・・・返信した。

『海外を行き来されるF様と違い、
私は、代わり映えしない毎日です。
今からジムです。つまらない・・』・・・と。


彼は珍しく内容のあるメールを下さった(笑)

『ウエストを絞ったり、変態写真を送ったり
いろいろ奴隷を磨くのも立派な仕事だ!』・・・と。


『彼の奴隷』という事は・・・彼が認めて下さる『私の仕事』。

私は、ほんの少し元気をもらった(笑)


mi2.jpg


彼に奴隷の画像を送っても構わないということ・・・かも。

『仕事』と言ってくれたのだから(笑)




私は、彼が『土手焼き』を下さるという、
彼自身が忘れてしまったかもしれない一言で
陰毛を伸ばしている。
その画像を送った。


mi3.jpg

そして重さのあるクリップを挟み付け
苦痛に歪む画像を送った。



自慰行為を・・・

2013/09/04 01:22
mi5.jpg

あとピルの後の生理が終わった。

私は、なぜこんなに・・・淫らなんだろう。

なぜ、『普通』じゃないんだろう。

乳首ピアスも、私の中では、普通の事になってきていて
以前のように、何かに引っ掛けてしまうことも少なくなった。

こうして、鎖でどこかに繋がれることが
とても心地よい。

自分で繋ぐのではなく・・・彼に繋がれたい。

少しでも動いたら、ピアスが引き伸ばされる状態で
鞭を頂きたい。

マゾヒズムとは・・・どうする事もできない
欲求。

理由はなく・・ただただ・・・M的だという事。

今夜も仕方が無く・・・オナニーをしてほんの少し
心を満たす。

愛しい眼差し

2013/09/05 00:22
mi1.jpg

代わり映えのしない毎日・・・
いつの間にか・・ジムに行く時間も決まった時間になっている。

以前、私を独身だと思い、食事に誘ってくれた、36歳の
司法書士試験の結果待ちの男性に、その後、数回一緒になった。


『既婚者ですが』と告げた後だったので、挨拶ぐらいで話もするつもりはなかった。

『こんにちは』と気まずくならない程度に挨拶をした。


でも、その男性は、気のせいかと思うぐらい・・
私を待っていてくれて、話しかけてくれる。

既婚者の人が『食事にどうですか』と誘ってくれる事があるが
私は、不倫をするつもりはなく、いつも断る。

独身の男性は、独身の女性をパートナとして探そうと
声をかけているんだろうと思ったので、
『既婚者です』・・・と告げた時点でその独身の男性とは、終わると思っていた。



でも、その独身の男性の真っ直ぐな会話や行動に
心なしか好感を持ち始めている自分に驚いた。

独身で私よりも若い。

そして、今は、行政書士の資格はあるので、今回司法書士の資格もとって
独立したい・・と熱く語る彼は、とても可愛らしく、とても魅力的に思えてきた。

私は、ジムでかなりハードに運動するので化粧が落ちる。
初めから薄くしか化粧をしてはいないので・・汗ですっかりスッピンになってしまう。

そういう状況で、その男性とは、話をする。

ありのままの私で構わないんだ・・と少しホッとする。


その男性と一緒の時間は、不思議な時間になる。



シャワーを浴び、着替えてジムのビルから出た。

偶然、その男性と一緒になり、その男性は、私のワンピースと、
私の身体を少し褒めてくれた。その男性は、イヤラシイ感じもなく
ただ、真面目な純粋な青年にしか見えない。
だから・・余計に、私は敏感になってしまった。



ちょっと恥ずかしくなり『そんな事はありませんよ』と年甲斐もなくはにかんで
答えた。いい年をして・・自分が可笑しくなった。


その男性も、少し恥ずかしそうに、はにかみながら『じゃあ、また』と
帰った。


私は・・・こういう性癖の持ち主で、年齢や、既婚の有無を
超えたとしても・・・このアブノーマルな『壁』は越えられない。

私の身体は、乳首に14Gの太いピアスが施され
ラビアピアスとクリトリスフードにも、リングのピアスが装着されている。
mi6.jpg


そして今回は、陰毛を伸ばしているが、いつもはパイパンにしてある。
陰毛を伸ばしている理由は、彼に蝋を垂らして頂き
『土手焼き』をして頂くため。
 
IMG_7137.jpg



書き連ねれば連ねるほど・・『変態淫乱奴隷』。

私は、ノーマルな人と深く関わる事は出来ない。



でも、彼から決して頂くことの出来ない『愛しい眼差し』を
その男性から感じた。

ほんの少し・・・温かな時間だった。




ペンションにて・・・

2013/09/05 00:39
1123.jpg

先日、ペンションに行った。

温泉は、この身体ではなかなか難しいモノがあり
ピアスを晒したまま入浴すると・・・他の人が・・引く(笑)


だから、個室のジャグジーがあるというペンションにした。

一人でピアスを隠すことなく、楽しんだ。

こんな所に・・彼と来ることができたら・・そんなことを
ほんの少し考えた。

Hホテルにジャグジーがある所もあるのだけれど・・・
彼と入ったことはない。

彼には、おしっこを頭からかける場所

浣腸をして汚しても構わない場所

体を洗う場所・・・・としか認識がない。



奴隷の私とは・・・そういう場所にしかなりえない。




普通の・・・『愛される関係』が・・ほんの少し羨ましくなった。


なぜ・・すき好んで奴隷を選んだんだろう(笑)


夢中・・・

2013/09/06 00:23
23123.jpg

私は、彼から『もう少し待て。今死ぬほど忙しい』と言う
返信を頂いてから・・・何もできなくなった。

催促してしまうような・・メールになってはしまわないかと・・。

彼を責めてしまう、内容になってしまいはしないかと・・・。
唯一彼と繋がっていられる『メール』すらできなくなった。



そして『もう少し』は、どのぐらいなんだろうかと・・・。


彼が愛しければ愛しい程、たくさんの考えが巡らされて・・
私は、辛くなっていった。


前回『次は、いつ時間が空きそうですか』と彼に尋ねた。

『来月』・・・と答えてくれたような気がした。




9月になり、私は、彼を待ってしまうようになった。


その時彼は、言った『私は、5年放置されたからな(笑)』と。



貴重な時間を私は無駄にしてしまった。
ただただ・・・この世界に入る勇気がなかったというだけで。
後悔してもしきれない。


5年間・・・か。
私は、5歳若かったら(笑)そうも思う。

もっと彼に愛されたかもしれない。

もっと彼は優しかったかもしれない・・・と。


でも、5年隔ててもこうして彼の奴隷にして頂いた事に
感謝している。

彼は、多頭飼いは、しないから、もし誰かを飼ってしまっていたら
私は、最下位さえ頂けなかったのだから。




『出逢い』とは不思議なものだと思う。


私は、1日中彼の事を考えて生きている。




彼が愛しくて・・・彼の精液が飲みたいと
心から思う。

彼が、唾液を私の口に流し込むあの瞬間がたまらなく好きだ。




私のこの『彼に夢中』な行為は・・・一体何なんだろう?


この『人を虜にする』技を・・・その理由を私は
知りたいと思った。



私は、この・・・彼を好きすぎる『苦しい状況』から逃げ出したい気持ちもある。

『愛されない感』『孤独感』『片思い感』・・・・恋をするのはパワーが必要だ(笑)


苦しすぎるような気がした。

私の知っている長く主従関係を築き上げていた人達が
最近、数組解消したことを知った。

そして新しく幸せを掴んでいる。


そしてどちらも、従者から『サヨナラ』を告げている。


そして、主はとても驚いたと聞いた。
『離れるはずがない』『居なくなるはずがない』と・・。


きっと、誰よりも驚いているのは、サヨナラを告げた従者自身かも・・
しれない。


私も・・・彼が好きすぎて自虐嗜好的な行為に出てしまいそうになる。


苦しい・・この関係から逃げ出したくなる。

その理由は、主が愛しすぎてだから・・・
人を想う気持ちが強くなると・・・
どこか・・バランスを崩してしまう。

それでも彼からのメールをひたすら待ってしまう私は
どこか壊れているのかもしれない。


逃げ出すことすらできない。






彼の奴隷として・・・

2013/09/07 00:06
IMG_6563.jpg

今日、子宮がん検診に行ってきた。

さすがに、ラビアピアスとクリトリスフードのピアスは外した。


でも、ラビアピアスのホールは、ピアスを外しても
左右対照に黒い穴が残る。

クリトリスフードの関しては、クリトリスの皮は薄いのか
少し引き伸ばされ、しっかり穴が見えてしまう。


大丈夫だろうか・・と不安になる。

私のこういう人1倍気にする気持ちは、最初の結婚が影響をしている。

元夫の教授からの一声で、あちこちの病院を転々とする。

病院内の宿舎に住まわせられる事もしばしば。


新しい土地で、病院を受診しょうとすると、どうしても
元夫の勤務する病院に行くことが多かった。

それこそ、少し慣れてくれば、しがらみのない他の病院に行くようにしていた。


元夫の知り合いが診察に当たる。

耳鼻科で喉を診られるのも・・・
眼科で目を診られるのも・・・

まして・・・産婦人科は・・・ひどく嫌なものだった。


細心の注意を払い・・受診する。

必ずと言っていいぐらい・・・他のDrの家族が受診した時は
その話題が、帰宅してから出ていた。

だから・・・私の場合も例外ではない。

・・・とにかく・・『気を遣った』服装、言葉・・・。


その名残からか、私は、今でも病院が嫌いだ。

運良く、私はこれといった病気がないから
よほどのことがない限り、病院にはいかない(笑)

私は、今でも『医者』が苦手だ。


今日の私は、隠しようがない。

『変態嗜好のマゾ女』をさらけ出す。


診察台に足を広げ、沢山の不安が頭をよぎった。


そうだ・・・アルファインで診察台に上って
彼から調教を頂くことを想像しよう・・・そんな
幼稚なごまかしを考えた(笑)


あっという間に終わった。

でも・・・大きな葛藤があったものの、
彼の奴隷として肉体改造されていると言う『誇り』も感じられた。

循環器内科の妻の私より、彼の最下位変態牝ブタ奴隷の私のほうが
私には誇りに思えた。

もう彼に洗脳されてしまっているようだ(笑)



いつか、ピアスを外すことなく、子宮がん検診を受けられるように
なりたい。


彼の奴隷として。


委ねる

2013/09/08 10:02
IMG_6512.jpg

専業主婦の私は、市の検診を受信している。

ふと・・・自分のアブノーマルさを自覚させられる季節だ。

昨日に引き続き、胃カメラをした。

数年前、申し込みが遅くなってしまい、胃の透視になってしまい
レントゲンに乳首のピアスが映り込む事を危惧して
ピアスを外した。そして、その後、ピアスを装着しなおすのに
苦労した記憶があった。

胃カメラには、ピアスは映らないから・・・ほっと安心。

でも・・・何度経験しても、カメラを飲み込むことが苦手だ。

元夫は、循環器内科なのだけれど、消化器内科もこなす。

胃カメラは口ではなく、鼻から入れるから、苦しくない・・と
教えてくれた。『やってやろうか(笑)?』と、冗談を言える関係に今はある。

私も、鼻腔からカメラをしてくれるところを探したが
元夫と同年代のDrは・・・躊躇してしまう。

そうなると少し年齢が上ではあるが、経験豊富な開業医を選び
今年も、口腔からカメラを入れた。

『イラマチオ』みたいだ。


飲み込む瞬間・・・そんなことを考えた。

でも、カメラに慣れてきたのか、Drが上手なのか
それほどの苦痛はなかった。

彼から頂く、喉の奥深くまで押し込まれる
イラマチオの方が、断然苦しい。

太さが全然違うし、麻酔もなしだから(笑)

そして、カメラは、マウスピースを噛むことができるが
イラマチオは絶対に歯を立てる事はありえない。

何よりもの違いは、カメラは苦痛なく行えるように配慮され
イラマチオは、私に苦痛を与えるのが・・・目的だ。

彼が私の頭を押さえ込み、喉の奥深くまで差し込む。

『喉で締め付ける』

愛しい彼のオチンチンを喉の奥で感じられる。

フェラチオのように、舌で堪能できるぐらいになりたいものだと毎回思う。


実際の私は、涙が溢れ、喉を塞がれ息ができず
窒息してしまいそうになりながら、彼を咥える。

彼を外した瞬間、ひどく咳き込み、一瞬息ができる。

つかさず彼は、私の顔を両手で押さえ込み、深く深く
入ってくる。

唾液と涙と鼻水と・・・そして彼の愛しい液
時々、私の中に入れた名残の愛液が混ざり込む。

ただ、言えることは・・・決して苦痛ではなく
『喜び』であるという事。

至福の瞬間。

私は、無理な腹圧がかかるのか・・自制できないぐらい狂いまくるのか
ほんの少し失禁してしまったりもする。

失禁するほど・・・の快感。

カメラは・・・イラマチオとは別物だった(笑)

彼の冷酷な・・窒息してしまいそうなイラマチオが恋しい。

『窒息してしまいそうな』そんな恐怖が欲しい。
私の命を握る、彼の権限。

そういう、命を委ねる行為を・・・交し合えるパートナーに巡り会えた
私は、幸せなのかもしれない。

愛しい彼のオチンチンで窒息出来るなら・・・本望・・・なのでしょう。


日常の私も、相変わらずアブノーマルだった。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。