FC2ブログ

許してください・・・

2013/08/19 16:19





新幹線で名古屋から戻る彼を、ビジネスホテルの部屋で待っている間
奴隷の衣装に着替えた私は、自画撮りをして彼に送った。

『お待ちしています』と。

関西に出張の彼が、『夕方5時には都内に戻るから時間がある』・・と
連絡を頂いた。

許してもらえた・・・・・。



彼からお許しを頂いた。

私は、5日間、彼への連絡を絶ち・・・メールを自制した。

長い5日間だった。


1日目・・・

2日目・・・正直彼を思わなかった日はなかった。

彼を思わない日・・・ではなく、彼を思わない時間・・・が正しい。

私は、ほぼ毎日のようにメールをしていたので、
一方通行だったとしても、彼に気持ちを伝えられる・・・という事は
彼と繋がる・・大切な時間だった。

3日目・・・もしかしたら、彼が私から来ないメールを気にしてくれて
・・・もしかしたら彼からメールが来るのではないか・・・・と
ほんの少し期待しだした。

4日目・・・なんとなく・・このままメールをしなければ
・・このまま・・・彼と終わってしまうのではなかろうか・・・と
少し悲しい現実に・・落ち込んだ。

このまま、私は、彼を忘れられるのかもしれない・・・と
苦しい感情から逃れたい私は・・・思い始めた。


彼からメールが来なかったら・・・私がメールをしなければ
終わってしまう関係なんだ・・・と。

それもありなのかもしれない・・・そう思ったのも事実だった。

普通の主婦に戻って、普通に暮らす。

もうそう言う時期なのかな・・・と。

5日目・・・・
ほんの少し気持ちが落ち着いたような気がした。

彼からメールが来ない事も・・諦めがついたし
私からメールを送らない事にも・・慣れてきた。

何だか・・・大丈夫かも知れない。

彼から卒業出来るかも・・・。

そう思って、午前中を過ごした。

夕方近く、何を思ったか・・私は私でなくなった。

『 F様
しばらく反省をしていました。F様にメール出来るだけでも、
メールを読んで頂けるだけでも幸せだということに気がつきました。

F様は、私の心の中に深く深く入り込んでしまわれました。
F様に時間が空くのを待ちます。

わがままで、贅沢なマゾヒストなんだと・・・自覚させられました。

長い5日間でした。

もうお許し下さい。

最下位 恭子』

私は、自分の行動すらコントロール出来なくなる程・・
彼に夢中だということを知った。

少し暗くなり始めた頃彼から返信が来た。

『随分おとなしくしていたな。
いい子にしていたから、そろそろ厳しく責めてやる』

と・・・。


彼と繋がっている・・・この、嬉しさは、今のネットの世界に
生きる私たちには・・ありふれた事なんだろうが・・
私は水を得た魚のように・・生き返った。

調教頂けるか・・・どうか・・という事より
彼の奴隷でいられる・・彼と繋がっていられると言う
事が何よりも大切なことに気がついた。

メールを送れる・・と言うだけで、満たされた感覚を得た。


素直に・・『会いたい』という気持ちを伝えた。

相変わらず冷たい彼は相変わらず返信はなかった。

それでも幸せだった。

私の中のマゾヒズムは、消えてはいなかったようで
翌朝から淫らな夢を見始めた。

他のM女性と双頭バイブで繋がれた夢を見た。
SMの禁断症状かも・・・。

心のまま、みだらな気持ちのまま
メールを送った。

『会いたくて・・死んでしまいそうです』

・・・・・このメールに彼が、応えてくれた。

『明日、夕方五時から時間がある』と。

『死んでしまいそう』・・は、もう2度と使えない(笑)



それでも、私の切な願いを聞き入れてくれた彼に感謝しながら

私は、先にチェックインして、奴隷の衣装に着替え
画像を送った。

ちょうど新横浜を通過中の彼に画像が届いた。

『新幹線の中でメールを開き・・この画像に戸惑った・・・』
と、後で話してくれた。

確かに・・・。


私は、彼の前では、ただただ・・・彼に会いたい
『淫乱変態メス豚 恭子』になってしまう。

もうすぐ・・・彼に会える・・1番幸せな時間の
私の画像なんだと思う。







 

新宿SMバーにて・・・

2013/08/19 18:10


時間の制限がある彼と私は、何処に行こうかと・・
迷った。


SM禁断症状気味の私には・・
調教を頂きたかったのは山々だったが・・4時間弱では、
調教内容も限られてしまう。

それ以前に・・こういう時の私は『恋する私』が
権限を握り・・マゾヒストの私は、影を潜める。

彼と一緒にいられればいい・・・とそれだけを願う。

新宿のSMバーに向かった。

数時間、いつもの調教とは別の意味での
妖しい時間を過ごした。

画像は、他のお客様のことも考慮して
1枚だけ撮らせて頂いた。

しばらく・・・お付き合いください。


今夜の私・・

2013/08/20 00:16
ブログを更新し始めると・・・私の中のどうすることも出来ない
欲望がまた頭をもたげ始める。

彼を思い出すからだろうか・・・
それとも、ブログという場所を借りて
SMを共有できる安心感があるからだろうか・・・

6月に調教頂いてから、SMは・・少しお休みしている。

自慰行為をして、欲求を消し去ろうと・・してみた。


いつもお気に入りの『天使』様の動画

アダルト動画:海外 女が女を責める 拘束拷問調教~鎖股縄・乳首責め・アナル陵辱~

私もこんなふうに、M女性を責めてみたい。

愛しくいたわりながら・・・。


オナニーで逝った私は・・・全く淫らな欲求が消え去ることなく
困り果てる。

彼を愛しく思う気持ちが・・・唯一・・私の淫らさを消してくれるような気もする。

違うかも(笑)

彼の存在は、私の淫らさに拍車をかける・・・。


逝ったはずなのに・・満たされない。

困った最下位淫乱メス豚 恭子です。

面倒な女

2013/08/21 00:06
awq1.jpg

19時からのSMバーまでの開店まで時間があった。

『時間があるが、セビアンでも行くか?』と彼が聞いた。

私は、精子を頂きたいと・・・とお願いした。


彼は、宿泊先の私のホテルの部屋に来て下さり
私は、時間までの45分間、彼と過ごせた。

彼が部屋のドアをノックしてくださる音。

私は、急いでドアを開け、彼を迎い入れる。


逢いたくて逢いたくていた彼が同じ部屋にいる。

狭いビジネスホテルの部屋に彼と二人だけ。

人目を気にする事なく・・彼に触れられる。

私にとって、彼の手、顔、髪・・すべてが愛しい。

彼のスーツをハンガーにかけた。

彼の靴を揃えた。


何だか・・・ぎこちない対応だ。

妻のように、お帰りなさい・・と彼の衣類を頂く手伝いを
するのも・・・少し違うし・・。

かといって、奴隷の私は、彼に『逢いたかった』と抱きつく
権限もない。


ただ、奴隷の格好をしたままの・・そういう自分の姿に恥ずかしさを覚え

露になっているおっぱいを隠しながら、
彼に『お疲れ様でした』と声をかけるのが精一杯だった。

普通の『不倫』なら、抱きしめてもらえたり
激しキスを頂けたりするんだろうか・・・。


彼は、私が視界に入らないかのように・・
今日の暑さについて語った。

私は、シャツを脱ごうとした彼を止めた。

シャツを着たままのF様を見たい・・と。


彼は、多分、普通にサディストとして出逢わなかったとしても
『素敵な人』だと思える男性だ。

私より6歳年上の彼は、多分、若い女性にも
魅力的に映る『雰囲気のある』男性だ。

私の夫が彼に初めて会った時『雰囲気のある人だ』と
表現した理由がよくわかる。

若い頃は、みんな多かれ少なかれ『きれい』でいられる。

年齢を重ねると・・・素敵な『年の重ね方』という表現があるが
そういう年齢の重ね方を彼はしている。

落ち着きと、余裕と・・・それでいて
どこか少年のよう。


私は、言葉少ない彼の温かさを知るまで・・・かなりの時間がかかった。

優しい言葉をくれない彼に不満を感じ
甘い言葉を囁かない彼に・・嫌われてしまったと思い・・
追いかけてくれない彼に・・・・サヨナラなんだと・・・思い・・
何度も泣いた。

私のこの、11年は、何処まで彼を信じられるか・・・
という、テスト段階だったような気もする。

不倫とは違う・・こういう嗜好を持ち合わせてしまったが故の
許していただきたい『関係』と・・・いつも心から願っている。

不倫は、裏切り行為だと思っている。

私自身、最初の結婚で、元夫から裏切られた気持ちになった。
なぜ・・・私では、いけなかったんだうか・・・と悩んだし
苦しんだ。
ただ・・・『飽きた』だけの行為は認めたくない。


もしかして、彼の奥様がノーマルな女性ではなく
M女性だったなら・・・私は、彼から手を引いたかもしれない。

彼は、サディストとして私を飼って下さり
私は、マゾヒストとしての欲求を満たして下さる
彼が必要で、彼しか私を満たしてはくれない。

何かに飽きたとか・・・ではなく・・彼なしでは
マゾヒストの私は、生きられないんだと思う。



いっそ『マゾヒスト』の私が消えてなくなってしまえば・・いいのだけれど。


私は、smという行為に対しての背徳感と、
既婚者であるという罪悪感を常に感じている。

だから・・定期的に調教が欲しくなる。


なのに・・・雰囲気のある彼は、私を魅了してしまい
sm行為さえ、2の次にしてしまう。


困った問題だし・・でも、この愛しさが、私のマゾヒズムの原動力になっている。

魅力的なサディスト・・・は、本当に罪深い。



彼以外にも、私が知っているサディストは、それぞれの雰囲気を持ち
魅力的な人が多い。

その罠にかかったマゾヒストの苦悩を私はよく知っている。

そして、何倍にも満たされる快感も。

・・・話がそれてしまった(笑)

そういうわけで、私は、シャツを着たままのノーマルな
彼を見つめていたくて、スーツ姿の彼に見とれていた。

髪をかきあげる仕草。

1番上のボタンを外す指。

タブレットを操作する指先。


私はその指を見つめているうちに
鞭を握る手。
秘部に挿入くださる指。
私の肉付きにいい尻をスパンキングする掌。

それを思い出され、彼に『オシャブリさせてください』と哀願し
彼のズボンのベルトに手をかけた。

そして、彼のシャツに口紅やフレグランスを付くことを
気にし出し・・・『シャツを脱いでください。汚してしまうから・・』
と告げた。

『着ていろとか・・脱げとか・・・面倒だな』と彼は笑っていた。

そう・・私は、面倒な女なんだと自覚している。

きっと彼には理解できない『愛しさ』と『淫らさ』がいつも
ゴチャ混ぜになっている、私の思考を。

彼は、真っ直ぐなサディストだから。



私は、真っ直ぐな、少年のような彼が・・愛しい。


私は、少女のようかと言われると・・・困る。
ただただ、淫乱な欲情している変態メス豚・・恭子なので・・・。


彼のオチンチンにしゃぶりついた。


45分間

2013/08/21 00:40
loll111.jpg

こんなにも愛しいと思ってフェラチオをした事はなかった気がする。

sexをする前に少し唾液で濡らす・・・ぐらいの知識しかなかった(笑)

私は、sexに対してとても幼稚だったし、経験も少なかった。

ただ・・口にオチンチンを入れる・・という行為は
ひどく屈辱的だった記憶がある。

また、あまり好きではなかった。

その私が、彼をしゃぶりたくて仕方がなくなる。

今でも夕飯の支度をしながら・・彼の感触を
舌で確かめてしまうことがある。

想像して舌が・・・舌先が動く。

下から舐め上げる。

とても大切なものを扱うように。

lio11.jpg

唇の先でくわえ、喉の奥深くまで突き刺されたい欲求が溢れてくる。

一気に・・奥までくわえ込みたいような・・
じっくり味わいたいような・・・こういう迷いは
とても幸せだ。


n1n_20130821002315ae1.jpg
舌をおもいっきり広げ、彼を堪能する。

彼を味わえる・・・・幸せな時間だった。

彼が『美味しそうにしゃぶるな(笑)』と言った。

美味しそうなのではなく・・・美味しい。

彼のオチンチンだというだけで・・私は、1日中舐め尽くしていたい。

舌が痺れて、唾液が枯れてしまうぐらい。

・・・私に許された45分は・・・あっという間だった。

お願いした『精子をください』は、ほんの数滴
舐め尽くしただけで・・・我慢した。

おあずけ・・・・を食らった私は、奴隷の衣装の上に
ワンピースを着て、彼と時間差でホテルの部屋を出て、新宿へ向かった。



ほんの少しM的・・・・

2013/08/27 23:52
swq.jpg
西新宿で、彼に追いつき、微妙な距離を取りながら
彼の後を追った。

夕方の時間のせいか・・・人ごみで彼を見失いそうになる。

彼は、私を気にすることなく・・・先に歩いて行ってしまう。
私は、高いヒールを履きながら・・・急ぎ足になる。

彼の姿が消えそうになる・・・焦って先を見渡す。
彼が少し先で私を待ってくれていた。

そして私の姿が見えると、また歩き出す。

『尾行』をしているみたい(笑)
それもバレバレの尾行だ・・・・。

そんな事を思いながらも・・彼の後を追いかけながらも
私にとってはとても幸せな時間だ。

彼が私の視界の中にいるのだから。

彼がsmバーに電話をして、指定の場所を教えてもらった。

あるビルの6階。
人の姿が少ないビルだった。
ここなら、人目を気にしなくてもいいような気がして・・・彼に少し近づいた。

『不安』がなかったか・・・・
彼と一緒だと・・・私は、地獄まで行ってしまうんじゃないかと
思うぐらい・・不安はない。

ただあるとしたら・・・彼に何か害が及んだら・・・そんな事を心配した。

部屋に入ると、一人の可愛らしい若い女性が接待してくれた。

かおりさんと言うその女性は、ミストレスだと話してくれた。

私と彼は・・・自己紹介をした。

『SとMで、主従関係』である事を。

ほんの少し・・・『彼の奴隷』と紹介してもらえる・・・
嬉しくて仕方がない私がいた。

私は、すぐかおりさんがS女性だと気がついた。

Mにしかわからない・・・サディストを見分ける本能とでも言うのだろうか・・・。


私は、奴隷の衣装を付けている事を忘れたかのように
『常識的な女性』を装った。

M女性といっても幅広いから・・。

ソフトSMから・・ハードまで。

私は、ソフトSM思考の・・・ほんの少し『M的』な女性を
演じるつもりだった。

服を着ている私は・・・普通の主婦にしか見えないはずだから・・・。

彼もスーツを着た、品のいい紳士にしか見えないはずだ。

緊張した私は、飲み物にさえ口をつけることができなかった。


諦めの心境

2013/08/28 00:33
IMG_5882.jpg

彼は、ジャケットを脱ぎシャツになった。

『恭子も脱いだら?』と彼が真顔で言う。

『まさか・・・』と私は、下を向いたまま答えるのが精一杯だった。


私は、ワンピースなので、脱ぐものがない(笑)

かおりさんは、とても楽しい会話を下さり
SM嗜好について・・・『M男性とM女性』について
彼とかおりさんが意気投合して話しだした。



『奴隷に対する想い』を・・・彼が話す会話の中から聞く事が出来た。



かおりさんが、M男君は、とても面倒だと話していた。

こちらから連絡がなくなると『なにか失礼な事をしましたか?』とメールが来て
面倒だからそのままにしていると『嫌いになってしまったのですか?』と
自虐的なメールが来る・・・と。

そして、しばらく放置した後、調教のメールをすると
喜んで涙を流して飛んでくる・・・・と。

私と同じだ(笑)


M男君の気持ちが痛いほどわかる。

彼も笑ってその話を聞いていた。

私は、先日、5日間メールを絶っていた・・『苦しい時間』の話をした。

『なぜ・・・返信をいただけなかったのでしょうか・・・?』と。

私は、もしかして彼が心配してメールをくれるのではないかと・・
ひたすら待ち続けていた事を(笑)


ただ、彼は笑ってかおりさんの話に相槌を打つだけだった。
私は、『次に生まれて来る時は、絶対サディストとして生まれてきたい』
と2人のサディストに宣言した。

ただ・・心地よい会話だった。

かおりさんのM男君のことを話す時の目が、とても温かかったから・・。
その話を聞く彼も優しい表情だったから・・・。

少しづつ気持ちがほぐれていった。

私のニップルピアスの話になった。

『お見せしたら』と彼が言った。

私は、ワンピースの胸元を少し開きピアスを露にした。

『ワー・・・すごいですね』と、かおりさんが言う。

私は、この部屋に来た時の私ではなくなり
サディストが2人いる部屋の・・・一人のマゾヒストになっていた。


恥ずかしくないかといえば・・・恥ずかしい。

大きな14Gのピアスは、かなりアブノーマルだ。

彼が、かおりさんに見やすいように私のピアスを
はみ出させた。

彼は、私を『モノ』のように扱う。


『ここだけですか?ピアス?』とかおりさんは尋ねた。



『下にもしている』と彼は言って、私にお見せするように言われた。



IMG_5883.jpg

私は、ミストレスのさっき会ったばかりの
かおりさんの前で、彼からの命令に従って
はしたないラビアピアス2つと、クリトリスフードのピアスを
見ていただいた。

そして彼は『こんな物まで入れてきています』と
アナルプラグの事を話した。

もう・・・隠しようがない。

諦めの心境だ。

覚悟を決めたというか・・・これが『本当の私』です・・・
という気持ちになった。


ただ・・1番屈辱的で・・・感じてしまった事は・・
かおりさんが『アナルプラグは主様がいれたのですか?』と聞いてきた時
彼が『自分で入れて準備するんです』と答えた。

その瞬間が・・・私には、ひどく恥ずかしく・・
私の淫らさを全て見透かされたような気がして・・たまらなくなった。



そう・・・私は、そういう女なのです。

最下位の淫乱変態メス豚・・・なのです。

アナルに漏斗を差し込む

2013/08/30 00:06
IMG_6521.jpg


SMバーで、自分でアナルプラグを入れたことを
かおりさんに知られてしまった事は・・・・今思い出しても
恥ずかしく・・・屈辱的な記憶として残った。

かおりさんは、S嗜好だから、上手に私の『被虐嗜好』を
刺激くださった結果だと思う。

感謝すべき事だ。

続きを綴るつもりだったのに・・・
排卵日の私は、ブログを書き始めたせいか・・
今朝から2回も自慰行為をしてしまい
何度達しても満たされない。

逝った瞬間は・・・少し冷める。
でもまた淫らな気持ちが現れ出し、家事さえ手につかなくなる。

ジムから帰った私は、奴隷の衣装に着替え彼に『今日の奴隷』を送った。




IMG_6599.jpg

私は、6月に彼から頂いたアナルsexの快感が
頭から離れない。

ノーマルなsexをしたいと、もがく事はない。
そういう意味では、やはりマゾヒストなのかもしれない。

ただ、アブノーマルな行為を思い出し、
自慰行為にふける。

たまらなく彼が欲しいと・・思う。
そして淫らなことを想像する。



前回、頭からおしっこをかけて頂き
髪の先から彼のオシッコが滴り落ちる様を・・・
もう1度味わいたくなった。



その2つの思いが妄想させた。

・・・漏斗をアナルに差込み
そこに彼から放尿いただく・・・私のアナルに彼のおしっこが流れ込む。



なんて幸せなんだろう。

彼のものが、スムーズに私の体に入っていく。

中出しは・・・なかなか頂けないから・・
口で飲み込む事も魅力的だけれど・・アナルの快感を知ってしまった私は
彼のおしっこをアナルで味わいたい。

4センチぐらいある漏斗の先をアナルに差し込む。

彼の誕生日プレゼントとして購入した
調教ベルトと尻縄で漏斗を押さえ込む。

長さがギリギリの尻縄は、漏斗を押さえ込むため
キツくクリトリスにくい込む。




IMG_6601.jpg

『土手焼き』を下さる・・・という彼の言葉に喜び
私は、陰毛を伸ばしている。

少し前、ある素敵なサディストが『陰毛』の魅力について教えてくれたことがあった。

引き込まれるような内容だった(その話は、いつか機会がありましたら・・)。

その事も、私は陰毛を伸ばし続ける理由の一つにもなった。


IMG_6514.jpg

私の秘部は、普通に使われることはない。

アブノーマルな使われ方で、私は、興奮して
どうしょうもないほど濡れてしまう。

私は、そういう自分の性癖をずっと蔑んで生きてきた。

でも今は違う・・。

解放されているのは、彼とブログを読んでくださる同胞の方のおかげです。







先日、ブログアクセスが100万を超えました。



何事もなく無事にこのブログを続けられますことを
深く感謝しています。

これからもよろしくお願いします。

            恭子

空回り・・・

2013/08/30 00:22
aaqaq11.jpg

痩せたタイプではない私には、なかなか既製の服が合わない。

ネットで海外のワンピースを購入した。

時々、ショップの店員さんに薦められ購入したものの
着られない服があったりする。

また、試着が嫌いだ(笑)

スリムだったら入るのに・・・と大変な屈辱感を味わう(笑)

もしくは、入ったものの・・・鏡を見て似合わなかったりする(笑)


ネットは、店員さんもいないし、服を薦められたりする事もない。

届いた服は、想像と違い・・・外に来ていけないような気がする。

年甲斐もないミニスカートで、露出気味のワンピースを着て写真を撮り
彼に『今日の奴隷』を送った。


夕方になっても音沙汰ない彼に『放置され続ける、今日の奴隷です』と
メールを送った。


数時間経って『もうちょっと待て。今死ぬほど忙しい』と
返信を頂いた。


彼が死んでしまったら・・・私は、存在し得ない。





大人しく・・・『待つ』・・・最下位淫乱メス豚奴隷 恭子・・・にならなくちゃ(笑)




そして・・・「試着」は、必要なんだと実感した。

何をしても空回りの1日だった。

見て頂く・・・

2013/08/31 01:13
xsw33.jpg

きいれいな姿を見て欲しい・・・という
女心が強いのに・・このような画像を撮ってしまう
私の中の・・理解不能な行動に戸惑う。

彼にも、いつも、綺麗に撮れた画像を送っていた。

いつだったか・・・自慰行為では満たされなかった私は
はしたない下品な画像を彼に送信してしまった。

送信済みの画像を見て・・「嫌われてしまう」と落胆していた。

思いがけず彼から『いい写真だ』という返信を頂き
戸惑った。

彼が求めるものは・・・何なんだろうと。

考えてみた。

私の中の願望は、M的なんだろうか・・S的なんだろうか。

してみたいのか・・・・されたいのか。

SとMの分かれ道になる。

最近はそのあたりが曖昧だ。

そういう画像や動画で興奮してしまう私は
Sなんだろうか・・・Mなんだろうか・・・。

こういう行為を自分でして、画像を撮る。

はしたないぐらい興奮して、画像を撮るだけで収まらず
オナニーを始めてしまう。


今日彼に『死ぬ程忙しいF様へ   死ぬ程F様が欲しい恭子より』と
はしたない画像を送った。

ただ・・・彼を催促するつもりもなく・・・彼が好きでたまらない・・だけ。

ここ数日、私は、彼にたくさんメールをしてしまい
自慰行為をしても収まらず・・・今朝も心からの嘆きを彼に告げた。

『秘部からいやらしい匂いがたちこめてしまいそう・・・。
私は、いつになったら・・・枯れて、淫らな私が消えるのでしょうか・・。

会いたいのに会えない。

触れたいのに触れられない・・・。

放置プレーは最高のスパイスなのかもしれません。

調教頂けることを待ち続け、F様に恋焦がれる・・・この状況が
好きなのかも。』と。


でももう一人の私は、sm行為に駆り立てられ
感情を抑えきれなくなる。

私は、やはり・・・sm行為をされたい方・・・・だから
Mなのでしょうね・・・。

Mは・・・Sからのsm行為を頂けなければ
何も始まえらない。

今日の私は・・・smがしたい・・タダのはしたない女になってしまった。

こうしてはしたない画像を見ていただけるだけでも
私は、ほんの少しだけ・・・満たされます。

読んで下さる皆様に感謝しています。