FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

背徳感を消さない気持ち

2013/07/01 23:28
ff2_20130701231038.jpg

彼が買ってくださった「拘束衣」を、私はあまり好きになれなかった。

たるんだ肉がはみ出す。

おなか周りが3本の革の紐で締め上げられ
醜くなる。

前回、M女性の方とお会いする時
彼は、この赤い拘束位を身につけるように
命令された。

私は、いつものコルセットにして欲しいとお願いした。

こうしていると・・少しはいいような気がするが・・・

ddi.jpg

足を開き身体が椅子から崩れ落ちていく。

ff99.jpg


醜く淫らな姿に・・目を背けたくなる。

これが「私」。



ff6_20130701231124.jpg

新しいiphone5は、画質がいい。

何もかもはっきり映る。

醜い身体も、ラビアにくい込む革の拘束紐も。


ff3_20130701231122.jpg

私は、彼が『私は、変態だよ。普通の変態ではなくかなり変態だ』と自分の事を
認めている。私は・・・なぜ、自分自身を認めたくないんだろう。

どうしたら認められるんだろう・・・・と
考え込む事がある。

でも、認めてしまったら・・鞭を請う事もなくなってしまうような気がする。

『背徳感は必要です』と、ある女性が教えてくれた。

なるほど・・・それは、消え去ってはいけないような気がする。


彼のやさしさ

2013/07/01 23:45
dd99.jpg

彼を1日に何回思い出すだろう・・・

いや・・・彼を思わない時間があるだろうか・・・。

恋する気持ちは、そんなに長く続かないと聞いた。

脳内麻薬がそんなに長くは続かないから・・・と。

『恋する』という事は、一種の『異常なこと』だという事らしい。

私は、なぜこんなにも彼に夢中なんだろうか・・。


どこか異常なんだろうか(笑)


彼は誕生日のプレゼントに悩む私に
欲しいものを言ってくれた。

smグッズで、あまり高くないものを選んで指定してくれた。

彼らしい優しさだ。

ある人がメールを下さった。

『毎文、主のやさしさを感じます。』と。


そうかもしれない。

彼は、『恭子が1番のプレゼントだ』とは、決して言ってはくれない。

またそう思っては、いただけていない。




彼は、私に甘い言葉を下さらない。


でも・・確かに温かさを下さる。

彼がいつも購入するsmグッズは、それなりの値段がするが
今回彼が言ったグッズは、かなり安いものだった。

何気なく気遣ってくれる彼は、いつも温かく感じる。

思いやりのある主だと思っている。


私は、亡き父が『1番大切なものは『思いやりだ』』と
私に教え込んだ。
今でも感謝している。

お金で買えないもの、力で動かせないもの・・・。

『心』は、何者にも代え難い。


温かい心・・は、1番の財産であると。


私は早速ネットで注文をした。

彼が私に使ってくれる・・・・事を想像して
幸せな気持ちになり、淫らな気持ちになる。


よく考えたら・・・・これは彼のプレゼントではなく
『私のプレゼント』になってしまった。


時々、優しいサディストの彼が現れる。

ほんの一瞬。

そして直ぐに、冷たい冷酷な彼が全面に出る。

マゾヒストの私は、どっちの彼が好きなんだろうか(笑)

サディストへの疑問

2013/07/02 09:00
hh66.jpg

彼・・・・この呼び方は、主従関係には相応しくないのではないかと・・
ご指摘を受けることがある。

『彼』本人からも、言われた。

主従関係の、奴隷の私が『彼』はおかしいのではないかと・・・。

私もそう思う。

私は、故 星新一氏のショートショートが大好きで
眠れない夜は、いつも星氏の作品を読んで眠りに堕ちた。

意識がなくなる・・・ふっと…堕ちるあの心地よさ。

時々、ライトをつけたまま・・・もシバシバだった(笑)


読みやすい文章で、起承転結がある。
そして温かさと、不思議な世界観。

星氏は、登場人物を『N氏』『F氏』と綴っていた。

時代や人物を特定されない自由な描き方だった。

今も、星氏の作品は、古さを感じさせない。


その影響からか・・・私は、『ご主人様』という呼び方をあまりしない。

沢山の『ご主人様』が、沢山のマゾヒストの上に存在する。


私は、私だけの『彼』が欲しかった。

私だけの『特定されない』それでいて・・私だけの『限定された』『彼』


マゾヒストは、いつも、主を想い続けている。

健気といえば健気。

頑固・・・といえば頑固(笑)

サディストは、そういう存在をどういうふうに位置づけているんだろう。


ただ、ただ・・拘束するものは『心の繋がり』だというのに・・・。


サディストの『冷たさ』に泣き出し、心細くなるマゾヒストは少なくない。

自分からそういう場所に身を置いているから・・・自業自得なのだけれど。

それでも、マゾヒストが欲しいのは『温かさ』。


この矛盾が・・私を苦しめる。


そして・・・サディストはなぜ・・あのような
愛情表現しかできないのだろう・・・。


『小学校のいじめっ子』のレベルアップされた
あの感性は・・・どこから来るのだろう。

なぜ、痛みを与え苦悩する表情に快感を覚え
高揚し、愛しさを見つけるのか・・・。


もっと、ノーマルにかかわれないのだろう・・。





ある人のブログに魅了された。

その人は、愛情を女性に与えるタイプだった。

少しそのブログの女性に『羨ましい』という感情が芽生えた。
愛情を真っ直ぐに受けて、満たされている。

とても綺麗な表情をされていた。そしてとても魅力的なブロガーさんだった。

『愛された表情』
私の知らない世界だった。


ほんの少し足を踏み入れたら抜け出せない世界かも知れない。
そういう世界を知ってしまうと、私は、彼を批判し始め
行き着く先はいつも『奴隷解放』になる(笑)




私と彼は、sm嗜好者で、「アブノーマル」に位置付けされる。

でも、その「アブノーマル」を共有できるという事は
何者にも勝る『彼とのつながり』を感じられる。

私と彼・・独特の世界。


今朝、彼からメールが来た。

『誕生日プレゼント楽しみにしている。赤い拘束衣似合っている』と。

私は、急に不安になり、急いで返信した。


『誕生日プレゼントは、他のM女性ですか?
エピキュリアンのsmグッズですか?』・・・と。


『エピキュリアンだ』と返信が来た。


そう・・・愛しくて愛しくてたまらない相手に
自分以外の女性を探すことが・・・普通に会話になる
屈曲した関係(笑)

そしてそれを弄ぶかのような・・・彼の冷たさ。


そして、自分以外の女性と彼が関係することを
想像して、もがき苦しみ・・・悲しいけれど
興奮もしてしまう・・・私。

理解しがたい『関係』なのだけれど・・・
とても単純な『愛しい』基本があってこそ・・・。




届いたsmの荷物

2013/07/03 07:54
ll2

月曜日に頼んだ、彼への誕生日プレゼントが
早速届いた。

届けて下さる配達の方に、感じよく挨拶しながらも

中身は、このようなもので・・・なんだか申し訳ない気持ちになる。

悪い事をしているのではないのだから・・と
自分に言い聞かせても尚・・・なんとも言えない気持ち。


lll88.jpg

玄関に鍵を掛け、彼に届いた報告を兼ねて画像を送る。
身に付けてみる。

締め上げたコルセットのため、ますますお腹の肉が
強調されとても醜い姿になる。

この彼の選んだ『尻縄』はラバー製で伸びるし食い込む。

調教ベルトにフックをかける。

彼に見られたくない醜い姿になる。

でも、彼に見て欲しい気持ちもある。

彼に、醜い最下位淫乱メス豚恭子を
蔑まれ、鞭打たれたい。

醜い体をさらせる・・心許せる相手は
限られた存在の人。


想像するだけで、乳首が勃起していく。

リングのピアスが貫通している乳首は
高揚して固くなり、乳首のリングピアスの金属を締め付けるような
・・・敏感な突起になる。

彼の舌で舐め上げられたい・・。

会いたくなる。

沙羅の木

2013/07/03 08:09
ll3_20130703073435.jpg
深夜遅く、尻縄を食い込ませ

自画撮りをした。

彼のなで上げる手を想像する。




ll4_20130703073436.jpg
静かな部屋の中で、クランプの錘の揺れる音が
聞こえるような気がする。

この錘は・・・かなり重い。

挟む力は、適度に痛いが・・・錘が揺れるたび
腰をあわせて揺らしてしまう。


鞭で打たれたら…彼の容赦ない鞭は、手加減のない鞭は
どれほど私の身体を揺らす事だろう。

いや・・・揺れないようにじっと我慢する私を
彼は、冷ややかに鞭打つ。

『動くな』と・・言わんばかりに。


ll66.jpg
こんなにも愛しい感情を、
こんなにも切ない感情を、

どうすることも出来ない・・・
深夜の静けさ。

lll999.jpg

庭の夏椿が、咲いている。

『椿』の名の通り、花がポトリと落ちる。

沙羅の木。

私も、自分の賞味期限を考える。

愛されないまま・・・落ちてしまうような
心細い気持ちになる(笑)

落ちるなら・・・彼と一緒に、そう・・首を絞められながら
彼と堕ちたい。

尻縄

2013/07/04 00:45

jj11.jpg


『尻縄』を付けて今日は生活をしなさい・・・・と
彼からメールが来た。

『股縄』は聞いたことがあった。

『尻縄』は、初めて聞いた。

調教ベルトを腰に回し、フックが掛けられる様になっている。

そして、アナル、陰核の所がこんなふうに二つに分かれる。

クリトリスを挟み込む。
イヤラシイ刺激だ。

一緒にラビアピアスも挟み込まれてしまった。

彼が、次回開けて下さると言う・・・アウターラビアをクリップで挟んで
錘をぶら下げた。

jj99

痛みと言うより、引き伸ばされる感じが
とても怖い。

引き伸ばされ、錘が揺れる時
私は、苦痛を噛み殺し・・・高揚してしまう。

苦痛の表情。



jj22.jpg
彼に会いたい。

彼の「責め」をこんなにも待ち望む・・・
「尻縄」は、もうすでに『彼への誕生日プレゼント』では無くなってしまった(笑)

私は、彼の命令通り、尻縄をしてジムへ行った。

尻縄をして、いつものトレーニングウエアーに着替えた。

『私は、変態』である・・と、
尻縄が食い込むたびに・・・自覚させられた。

調教の予定

2013/07/04 01:12
jj55.jpg

彼から、来週調教を頂けるかも知れないと・・・
連絡を頂いた。

でも、キャンセルの可能性もかなりあると・・・。

『会えるかも知れない』と言う喜びと
『キャンセルかも知れない』と言う・・気持ちと
上手く整理がつかない。

彼に会える。

彼に触れられる。

彼の声を聞く事が出来る。


でも・・彼の責めも・・・怖いのは正直な所。

私は、彼に優しく愛撫されに行くわけではない。

私は、彼に温かく抱かれるわけではない。

私は、彼に甘いキスを頂けるわけではない。


そう彼も、私と愛を交わすために会うのではない。


私は、彼にひれ伏し、厳しい鞭を何度も頂き
鞭に逃げれば、また回数を増やされ
泣き出せば、冷酷な視線を頂くだけだ。

喉の奥深くまで、彼のオチンチンを差し込まれ、前回は
咳き込みながら、ほんの少し失禁してしまった。

喉を刺激され,吐きそうになった。

顔を何度も平手打ちされ、きな臭い匂いが頭の中でする。

涙が溢れ鼻水が流れ、口紅が崩れる。

髪をグシャグシャにされた事もあった。


彼に見られたくない・・顔になっているはずだ。

彼が私の顔を両手で持ち上げた。

『叩かれる』そう思って目をつぶった。

思いっきり目を閉じると、真っ暗な視界のはずなのに
火花が飛ぶような感じがする。

火花と同時に、彼がキスをくださる。

このタイミングが、私を堕とす。



私は、彼からのキスを涙を流し、鼻水を垂らし
涎を滴らせ激しく求める。

官能的な世界が・・・痛みの後、ほんの少し頂ける。


10対1・・の割合かも知れない。

でも、私は、彼のキスを求めるのか、責めを求めるのか
自分自身でさえ、わからなくなっていく。

そのぐらい、鮮明でありながらも、どこかボヤけた記憶。

上手く、表現できないが・・多分、経験した人しか知りえない
『記憶』なんだと思う。



真面目な淫乱

2013/07/04 01:23
hh878.jpg

『惹かれる』と言うこと。

この人は、やめておいたほうがいい・・・・・そう思いながらも
惹かれてしまう想い。


もっと、条件の良い相手を捜すべきだと・・・
私だけを見つめてくれる相手にするべきだと・・・
今の私で構わない・・と言って下さる相手にするべきだと・・・
そのほうが、楽に関係を続けられる・・・。

そう思っていても、どうすることもできない感情。

主従関係を始めるに当たって・・・1番大切なことは
なんだろう・・と考える。

『出会い』『偶然』『共感』『好み』『距離』『環境』・・・・
沢山ありすぎる。

ある人が私に言ってくれた。

『奴隷を探そうとすると、若いMから熟年のM、経験の長短、M性の深さ、様々なM女が現れる

 彼も、真面目に奴隷を探すと・・彼に惹かれるMも直ぐに現れるだろうが、
 真面目に求めていないのが、恭子への愛情なんだろう』

そう思った。

彼は、忙しくて調教の時間が取れないと言っていた。
確かに、週に数回海外を行き来する彼に、時間がなかったのは事実だったが
『時間は、取ろうと思えば取れるのに』・・・と泣きついた事もあった(笑)

逆に、彼は、『「新しい彼好みの奴隷をさがす」という時間』も取らないでくれた。


私は、彼の好みに近づきたいと・・・努力した。

食事のダイエットをして、確かに体重は落ちたが
胸もおしりも貧弱になり・・・やめた(笑)。
その後、中出しが欲しくてピルを飲み始め、あっという間にリバウンドした(笑)



プールで1時間泳ぎ1000カロリー程消費し、その時もまず、
落ちて欲しい贅肉より、胸やお尻が小さくしぼんだ(笑)



1年かけ、1ヶ月に少しづつ落とした。

有酸素1時間500キロカロリー、ボディートレーナを60分不可7。

筋肉を落とさずに、脂肪を落とす・・・筋トレ40分。

腕を細くするために、水泳のクロールを毎日から週1にした。


効果のある筋トレをインストラクターに聞いた。

ジム通いの経験のある人はわかるかもしれないが・・・
結構きつい(泣)




時々、生理周期とともに襲って来る食欲(笑)
年齢的な体の衰え(笑)

そして彼から『愛されていない感』

そして彼から『若く綺麗なM女性を褒める言葉』

そして彼から『途絶える連絡』

これらは、私の足を引っ張り続けた(笑)


でも、時々彼がくださる『良い感じになってきた』という
言葉は、ほんの少し私を救った。


n1.jpg


去年の画像。

このワンピースは、派手すぎて着て歩けない(笑)

1度だけ着て出かけた事があったが(笑)普通の露出気味の服より恥ずかしさが伴った。




私は、去年の、この肉付きの良い・・私も嫌いではなかった(笑)

でも、『彼の好み』ではなかった。

これはとっても重要なことだった。

こんなふうに『細く映るポーズ』を撮ってみたりして彼に送っていた(笑)。

n4.jpg

彼に好かれたい・・・と一生懸命だった。


n2.jpg
私は、彼から調教を受けてから
『彼が好み』になった。




『彼の好み』は・・私が欲しくて仕方がないモノ・・だった。

結局、私は、未だに手に入らない『彼の好み』なのだけれど
彼が、『真剣に奴隷を探さないでいてくれる』間は、諦めず
コルセットのフルクローズを目標にしなければ・・・と思う。


ふと思う…彼は、私にとって『やめておいたほうがいい・・・サディスト』だったのだろうか(笑)



今日も、家事を終え、ジムに行こう・・・。


気が向いた彼が、時々メールを下さる。

喜んでメールを開くと『他のM女性の話』だったりする(笑)

それでも、メールを読み落胆しながらも、残り50分近い有酸素運動を続ける私は・・・

ちょっと真面目だ(笑)



そして彼は、とっても、いや・・・かなりサディストだ。

主従関係に『条件』は、必要ないのかもしれない。

奴隷を惹きつける『サディストの魅力』は・・・確かに必要なのかもしれないが・・。




彼が望む『絶対服従』は・・少しづつ・・私に植えつけられていくような気がする。



追記・・・
今日のエントリーは、ダイエットの自慢ではなく
私のように主の希望に沿うべく、努力し続けるマゾヒストは数知れない。
でも、その気持ちを汲んで下さる・・・サディストはどのぐらいいるんだろう・・・と
健気な(笑)マゾヒストに・・・・是非・・温情を頂きたいと思う
私でした。

梅雨時の憂鬱

2013/07/04 09:09
jj12.jpg

『主をどう思うかは、奴隷に許されたただ一つの権利』と聞いた。

日常、自分によく似た、共感できる誰かに会った時
それは、ノーマルな『愛しさ』として、
マゾヒストの変態最下位 恭子としてではなく・・・
心揺れる事がある。

楽しい会話。

楽しい時間。

優しい言葉。


自分の身体に施されたピアスを忘れる。

ラビアピアスをしている変態な自分を忘れる。

乳首に12号の太い奴隷の証を付けていることを忘れる。


普通の女性になって、話をして、心惹かれることが・・・ある。



彼も、そういう時間が沢山あることだと思う。


別々に時間を過ごしているのだから。

彼が、ある女性とコンサートに出かけたり、飲みに行ったり
食事をしたり・・。

私は、そのほんの・・・ほんの1部分なんだと知っている。

でも、私の『彼』は、沢山の部分を占める。

これが・・辛くなる。



私も・・・『私を想ってくれる相手』と時間を共にする事は
もしかしたら・・・『罪』ではなく、彼も望んでいることなんだろうか・・・と思う。


『ストーカー的な恭子』から解放されるのを、彼は望んでいるのかもしれない。



そうすれば、彼へのメールも少なくなるし
彼の私への負担も軽くなる。


他の、smパートナーはどうしているんだろう・・・・。

梅雨時の・・憂鬱。



悶え苦しむ感情

2013/07/04 09:14
mgm.jpg


頭の中から消し去ってしまいたい存在。

決して、嫌な存在ではなく・・大切な存在。


愛しい存在。

苦しい存在。

切ない存在。

恋は・・・楽しくもあり苦しい。


そういう気持ちになれる・・・ことに感謝している。


飽きるほど一緒にいたい。

疲れるほど一緒にいたい。

悶えるほど・・・時を過ごしたい。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。