FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頭からの放尿

2013/06/10 13:02
sss11_20130610123633.jpg

彼の前ではキレイでいたい・・・・この感情を
彼は壊してくれた。

彼が求めるsmは・・・綺麗なものではなく
深く貪欲な『乱れた』私で構わないと・・・告げてくれた。

それでも、私は戸惑った。

彼は、汚い私を受け入れてくれるのだろうか・・・。

彼は、醜い私を飼い続けてくれるのだろうか・・・。

だって・・・彼に会いにいく私は、髪の先まで気を遣う。

天気が雨模様の時は、癖のある私に髪は・・・厄介なことになる。

暑い日は化粧崩れを気にする(笑)

風の強い日は・・・髪の乱れを気にかける。


『恋する感情』は・・・昔からかわらない。

彼の前では・・・キレイでいたい。


彼は、私の頭から放尿くださった。

飲尿の経験はある。

でも、時間制限のある私たちには、シャワーを浴びて
髪をドライヤーで乾かす余裕がなかったからか・・・

私自身が、そこまで覚悟を決めてはいなかったのか・・・
洗い流せる範囲内の行為に留めていた。

頭から・・・は、初めてだった。

sss88.jpg

初めのうちは、髪がおしっこを弾く。

彼はゆっくり、私の髪を濡らしていく。

彼のおしっこが染み込んでいく。

sss333_20130610161050.jpg

そういえば・・髪が雨や雪や、プールの水、海の水以外で
濡れたことはなかったような気がする。

汗で濡れることはあったかも。

男性にはわからない感情だ。

中学生の頃だったか、6歳上の兄が冗談で
歯磨き粉で私の頭を軽く叩いた弾みで
歯磨き粉がはみ出し髪に付いてしまい
かなりの兄妹喧嘩になった記憶がある(笑)

私は、父からも兄からも暴力は受けた記憶がなく
今思えば、可愛げのない生意気な妹だったと思う。

兄は、私が結婚する前日、南こうせつの『妹よ』を歌ってくれた。
もちろん、私のリクエストだった(笑)

そう・・『歯磨き粉以来だ』と私は思った。
sss99.jpg

私は、滴る彼のおしっこを愛おしく手で受けて
彼を確かめた。

私は、彼のおしっこで濡れた髪に触れた。

濡れた髪を指でとかした。

何度も濡れた髪を両手で確かめ、実感した。

滴り落ちる彼のおしっこさえ・・もったいないような気がした。

でも・・滴る彼のおしっこに囲まれた不思議な幸福感を感じた。


sss22_20130610123635.jpg

『私って、変態ですか?』と彼に尋ねた。

『変態だな』と彼は答えた。


なんだか・・・嬉しいような哀しいような・・・
複雑な気持ちと彼のおしっこの匂いが私に染み込んでいく快感は
言葉にならない・・。


こんなにも、興奮するものだとは思わなかった。

歯磨き粉のように・・・喧嘩になることなく(笑)
私は、『奴隷』を意識した。

つづく・・・・

醜い姿

2013/06/10 16:44
sss555.jpg

ブログをお休みして申し訳ありませんでした。

連絡を下さったM女性の方と主様と、
魅惑的な会食の時間を持つことができました。

ついつい・・・楽しい会話に夢中になり、予定の時間を超えてしまうぐらい。
時間が足りないと感じるぐらい、奥深い話をさせていただきました。

次回、4人でお会いできれば・・・と言う話になりました。

ただ、サディストは・・・表の世界でも活躍されていらっしゃる方が多く
M女性の主様も、彼も然り。
日程の調節が・・・1番の問題かと感じました。

私が、仕事を持たない理由の一つは・・・彼が時間の空いた時に
いつでも伺えるようにしておきたい・・・と言う幼稚な考えがあります(笑)

4人の日程を合わせる事が出来ましたら、ぜひ、複数を始めたいと思っています。


とても可愛らしいM女性の方に私は、s的な感情が湧き出し
数日、その感情を持て余してしまいました。

また、M女性の主様の魅力的な眼差し、冷ややかな言葉に
時折、自分の中のM的な部分を見透かされてしまったような・・・気持ちになりました。

連絡を下さったM女性の方、主様に心から感謝いたしています。

これからの交流を楽しみにしています。


少しづつ・・・会食の様子を綴らせてください。



そして・・・第2章の、醜い変態メス豚 恭子を
改めて宜しくお願い致します。



変態的な自慰行為

2013/06/10 23:40


私は、彼だけでなく、ブログにも醜い画像は
載せずにいた。

醜く、私の性癖が顕になってしまうような
画像は・・・実際に記事をアップするとき
下書きにしまいこんだりしていた。

いつまでも・・『良い子ちゃん』が抜けずにいた。

年齢相当の身体を顕にすることの・・・勇気がなかった。


今回第2章は、私の『羞恥プレー』を含めた
ブログにするように、彼から命令があった。

立ってスマシタ画像は、『何の興味もわかない』・・と彼から告げられた私は
心の奥深くの・・・『欲望を曝け出しても構わないのですか?』・・・と
一応彼にお伺いを立て・・・自分ではしたないオナニーをして
画像を仕事中の彼に送った。

言葉にできない開放感。

私は・・・変態で構わない・・・と
バイブを押し込みながら、昂まりを覚える。

しばらく私の下品な自慰行為にお付き合いください。



自慰行為・・普通の

2013/06/11 08:17


私は、はじめは・・・軽い気持ちで・・自慰行為を始める。

普通の下着で、鏡に向かう。

割とノーマルに見える気がする。

以前、彼が、私がもっとウエストが細くなって
外見からも『普通じゃない』ように見えるようになったら
ミニスカートを履かせて、ラビアピアスに飾りをぶら下げ
ミニスカートから覗かせながら連れて歩きたい・・・・と言ってくれた。

彼が望むものは・・・表の世界に出せる『奴隷』。

私には、程遠い。

ただ・・・こんなふうに、ノーマルに見える私は
ラビアを洗濯バサミで挟み込み・・・鎖をぶら下げている。

外見がノーマルな変態が・・・・1番好きかもしれない。

zzz22.jpg

普通の外見の奥深い『変態』。

そういえば、彼も、この前お会いしたM女性の方も、その主様も
外見はいたって・・・真面目で穏やかそうな人たちだった。

八重洲口の個室中華のお店をご予約いただいた。

明るく談笑しているようにしか・・・見えなかったことだろう。

zzz33_20130611075156.jpg


このような『嗜好』は・・秘密裏に行うしか
今は許されていないのだから・・。

個室の許された空間で、主の命じられるまま・・・
私とそのM女性様は、乳首ピアスをお見せするように言われ
一人づつ・・・お見せした。

『恭子、ピアスをお見せして』と彼が『軽く』告げた。

本当に『軽く』だった。

私も・・・当然のことのように、シャツのボタンを外し
イヤラシい乳首ピアスをお見せした。


zz444.jpg

最近の私は・・『従うこと』を覚えた。

何でもしてしまいそうな・・・私が、怖くなる。


孤独な嗜好

2013/06/12 08:29
bb1_20130612074944.jpg

私のsmの嗜好のなかで・・・乳房責めの願望があった。

水泳は今年で15年目に入る。
最近はジムのプールが混んでしまっていて・・思うように
泳げない。最近サボり気味だ。

20分泳いで1キロをキープしている(笑)

ジムでは、競泳用の水着を着ている。

記憶に残るのは・・小学生の高学年。

とにかく・・・目立たないように・・おっぱいを潰すような
スクール水着。

私は、泳ぐことは得意だったが、水泳の時間は嫌いになった。

『おっぱいが大きいことは・・・下品で、はしたなく、恥ずかしいことだ』と
いう意識を植えつけられていた。



bbbb1111.jpg

私のブログにいつもコメントくださる大切な方が、過去の
パイズリのエントリーを読み感想を下さった。

『恭子さんの乳首ピアスを繋いで、強制的にパイズリをさせられているのも良いですね』と。

そのコメントに私はひどく興奮した。

そして彼に話すと、『素敵な感性だ』・・と言っていた。

私もそう思った。

同じ嗜好の持ち主だけが感じる『共感』なのだけれど。

こんな感じ・・・かな・・と
自慰行為の時・・・試してみた。

いいかも・・・。

vvvv11.jpg
そして私は、自分でピアスをチエーンで繋ぎ

感じていく。

これは、決して病んでいるのではなく(笑)
私の嗜好のようだ。

病識がない所が『病んでいる』と言われてしまえばそれまでなのだけれど(笑)

ただ、ノーマルな人や、sm嗜好の中でも、
別ジャンルの人からは・・・やっぱり異常かも知れない。


vvv222.jpg


そして、それを共有できる主である『彼』に
頂いた乳首ピアスを自分の指で引き上げ
興奮していく。

鈍い痛みと、視覚的興奮と、彼の指を思い出し
私は、達してしまえる。



vvv33.jpg
常に錘をぶら下げて・・・いつも感じていたいような気持ちになる。

そして彼に会いたくなる。

彼の指で引き伸ばされたくなる。

私は、ひどく下品で、恥ずかしい女だと。

bb2_20130612074946.jpg

でも・・・どこか・・普通のような気持ちになれる。

私のこの性癖。

共感くださる読者の方がいらっしゃるからかもしれません。

彼から放置されている時間が長い私には
ブログを読んでくださる、サディスト、マゾヒストの方々が
私に、心の平安を与えてくれているような気がしています。

いつも感謝しています。



欲望と忠誠心

2013/06/13 07:54
IMG_3737.jpg

彼が異常にウエストが細いマゾヒストを望んでいる。

コルセットをきつく締め上げ、ほんの少しは
細くなったような気がするが・・・

締め上げた分、余った腰回りの肉が
ぶざまにはみ出す。

締め上げれば締め上げるほど溢れ出す贅肉。

細くなったウエストだけを彼に見て欲しいのに
彼は、私のはみ出した肉を容赦なく
手でつまみ上げる。

その時の屈辱感・・・と言ったら・・・言葉にできない。

若かった頃は・・・見当たらなかった代物だ。

『締め上げると肉がはみ出します」と彼に懇願したことがあった。

彼は、『それが良い』と言った。


綺麗ではなく、醜い体を晒す・・・『屈辱感』は
かなり過ぎるぐらい・・いじめに似たような・・
行為であり・・・私はよく涙する。

涙する私を彼は、全く気にならないのか
冷ややかに、私の溢れる肉に鞭を入れる。

『精神的に壊す』とは・・・こういうことかもしれない。



mmm1.jpg

私は、机に乳首を釘打たれて身動きできない
マゾヒストの映像を見たとき・・・言葉にできない
興奮を覚えた。

こんな鬼畜的な映像に感じてしまってはいけない・・・
と叱責の念を覚えても尚、その画像は脳裏に焼き付いてしまった。

実際に、五寸釘のようなモノを金槌で打ち込まれたら
・・・そう考えると、身が震える。

そこまでは、求めていないような・・・でも彼が『やってみるか?』
と言ったらやってしまいそうな・・・。

私は、コルク版を購入して、ホテルで、注射針を打ち付けて欲しいとお願いした。

IMG_3542.jpg

こんなふうに、ここにお願いします・・・と。

IMG_3736.jpg

彼から翌日返事が来た。
『恭子もわかっているだろうが・・・それは子供騙しだ』・・・と。


彼は、本当にサディスティックな感覚が深く・・・時々怖くなる。

『ごっこ』ではなく・・・『本当の苦痛』を欲しがる。

欧州に赴任していたとき、植えつけられた・・・と彼は言っていたが
私は、彼の持って生まれた『s性』なんだと思った。


元々、そう言う『感性』を持ち合わせていなければ
影響されただけでは・・・ありえない感覚だと思う。

私は、そういう彼に、とても恐怖を感じ、それでいて
同じものも感じている。

ただ・・彼は、いつも私の同意なしに事を進めないでいてくれる。

その優しい彼に惹かれながらも・・・
『判断を私に委ねる』あたりが・・・かなりサディストだと気がついた。

愛しい『彼の望むこと』・・『彼の欲望』を満たしたい・・・そういう
私の『恋心』は、恐怖心にさえ打ち勝てるのか・・・。


彼は、じっと、冷静に見ているような気がする。



彼は、奴隷の『忠誠心』をよく見極める。


ただ、smプレーがしたいのか、自分に忠実であるのか・・・。


私は、時々『smプレーをしたい私』が現れる。

そんな時、彼は自分への『忠誠心』を問う。


私は、注射針でコルクボードに打ち付けられたあと
いつの日か・・・五寸釘を金槌で打ち付けられることを望んでしまいそうだ。

臆病な私は・・・彼に夢中だ。

失禁する事

2013/06/14 08:58
ii1.jpg

『子供騙しだ』という彼の言葉を思い出す。

私は、子供ではないのだけれど・・・いい大人だ。



IMG_3525.jpg

この画像も・・・。
IMG_3524.jpg
この痛みを伴う画像も・・・子供騙しだと・・・。


確かに・・・視覚的には興奮するが
『我慢範囲内』。

アルファインの鞭を木馬に跨り
頂いた。

『痛くありません』

『大丈夫です』

『これも大丈夫』

と・・・・。

『もしかして私は、これなら鞭に強いと言えますか?』と
彼に自信ありげに言った。

彼は、冷ややかに笑った。

『1本鞭』の痛みは格別だ。

乗馬鞭も嫌いだ。

彼が欲しがるものは・・・ゴッコではなく
心の底からなき叫び、許しを請う・・・
失禁してしまうような・・・自制が効かない私だ。

こんなふうに・・・笑っていることができない。

恐怖と激痛と・・・おしっこを漏らしてしまう
ありえない私だ。

彼は、クリトリスフードではなく、クリトリスに
針を刺したいと・・・言う。

私は・・・まだその決心がつかない。


クリトリスに針を貫通させられるものだろうか・・・。


彼は、どこまでサディストなんだろう・・・。

ホームセンター

2013/06/16 22:01


彼から調教を頂ける前の日、私は、ホムセンターに行ってきた。

女性は多くはない。


工具を見た。

ありふれた、モノが・・・いやらしく見える。

鎖が・・・首を繋ぐ鎖に見えて仕方がなかった。

短めのチエーンは、乳首を繋ぎ引き上げられる道具にしか見えなかった。

フックのついたゴムは、ラビアピアスに引っ掛け
秘部を広げる道具に見えた。

釣り用の錘を探したが、見つからない。

何周かホームセンターを歩き回ったが・・・無い。

このまま・・諦めようか・・と思ったが
彼が乳首に錘をぶら下げて下さる・・・と言っていた言葉を思い出した。

「申し訳ありません。こちらに、釣具は置いていませんか?」・・・・と
通りがかった同年代の男性店員に聞いた。
勇気を出して聞いたのに・・・。
残念ながら・・・ここにはないそうだ。



錘の代役を探した。

手で持ち、重さを確かめる。

乳首ピアスに吊るすことを想像した。

ラビアピアスにいくつ・・・吊るせるだろうと・・・考えた。

私は、淫らな気持ちになった。


長さを測る鎖の前に、50代ぐらいの男性店員さんが
片付けをしていた。

その店員さんを急かしてしまうのも・・・と思い
隣の南京錠を見るふりをした。

ニップルピアスのホールには、少し太すぎる南京錠。
でも、彼が無理に入れたら、入ってしまいそう・・・・。

そんなことを考え出した。



チエーンの場所が空いたので、屈んで鎖を見た。
全て・・・いやらしく見えた。

さっきの店員さんは、私の隣でまた仕事を始めた。

私の心の中を知られてしまうわけではないのだから・・・そう思ったが
心拍数は上がり・・汗ばんできた。

結局、私は、鎖を測ってもらうことは諦めた。

通販で買ったロウソク、バイブ、を揃えた。

そして写真を撮り画像を彼に送った。


hhh888.jpg

『とても楽しみです』・・・と。

心躍った。

待ち遠しくて・・・逆に何も手につかなくなった。


IMG_3414.jpg
待ち切れなくなり・・・
はしたない姿で、自慰行為を始め・・彼を求めた。

『会いたい』と。



彼からは、返信はなかった。

でも、翌日、私は、この道具を使って頂く事無く
泣き叫ぶ結果になった。

彼に道具は必要なかった。

私が、道具を揃えて楽しむ姿が・・・彼の怒りを買ってしまったのか・・・。

サディストの彼には、『私が喜ぶ姿』は・・・なんの興味も沸かないという事を
改めて思いしらされた。


犬が『遊ぼう』と、お気に入りのボールを喜んで咥えて持ってきたのに
・・・遊んでもらえなかった気持ちに似ている。

・・・いや・・違った。

私は、彼の調教で失禁し、声が枯れるまで喚き、叫んだのだから。


彼曰く『もっと楽しい遊び』だった。

続く・・・





愛しい故に

2013/06/17 15:33
IMG_2595.jpg

彼と待合せに、指定されたミニスカートと、下着をつけずに
ガーターとアナルアタックベルトを着けて、写真を送った。



IMG_2599.jpg
痩せてはいない私には、ミニスカートはひどく屈辱的な感じがして
前回、飲食店を経営している人に声をかけられてしまった時も
『ミニスカート』の話をされた。

『ミニスカート似合っていますよ』と。
そう・・・スタイルのいい若い女の子がこのセリフを言われたら
きっと嬉しいことだろう。


私の年齢では・・・恥ずかしく、屈辱的な気持ちがした。
その時は、私は、彼の指定したミニスカートではなく
それよりは長めのスカートにしていた。

『年齢』に似合わない・・・とは
すごく恥ずかしくて仕方がなかった。



年甲斐もなく『短いスカート』というのは、ある種の『サイン』なのかもしれない。

『好き者』です・・・かのように。

IMG_2596.jpg


ただ・・私は、そういう飲食店関係の人からも
真面目なサラリーマンの人からも『掴めない』タイプだと言われる。

『真面目な奥さん』のようでもあり『妖しい淫乱な女性』にも見える・・と。



アナルアタックベルトを太ももできつく締め上げる。
アウターラビアが、誇張される。

取り立てて・・・局部が顕にされるような気がした。

こういう・・身体に彼が仕上げてくださったことに感謝をしている。



彼は、11年前、最初に興味のあることとして告げていた。

『恭子の肉体改造』・・・と。

当時、私は、「肉体改造」という言葉を知らなかった。

軽く・・・「ダイエット」ぐらいに考えていた。

「なんとなく出来そう」・・・ぐらいに考えていた記憶がある。




だから、私は、実際に調教を頂いた、この6年間
オママゴトのようなsmごっこをしてきてしまった気がした。

彼はそういう私との関係に飽きてしまっていたのかもしれない。


今思うと・・・私は、自分を取り繕うために
最初に『スカトロ、汚い系はNGです』と彼に告げた記憶がある。


彼も『スカトロ、汚い系は苦手だ』と答えてくれた記憶があった。

『よかった・・・スカトロきたない系もOK・・だと言わなくて・・』と
ホッとした記憶があった。


この時点で、私と彼は・・・6年間、『きれいなsm』を
送ってしまった。


時々、私は、自分の欲求を抑えきれず、はしたないブログを綴ってしまった時、
彼からの反応が怖くて『生理前だから』『排卵前だから』と言い訳をしていた。

そして『私は、なぜこんなに、変態なんでしょうか』と彼に尋ねると
決まって『知っているよ』と答えてくれていた。

そんな時は・・「ここまでは大丈夫なんだ」・・・とホッとして
自分の中の「変態」な部分の枠を広げていった。

女であるマゾヒストは、自分の欲求、M性をさらけだしずらい。


でも、男性は・・というか・・サディストは自分のs性を公表出来る場合が多い。
・・・と思ってきた。

でも、奥深くダーク過ぎる場合は、sm嗜好者同士でも
さぐり合いながら確かめていくしかない。

ありのままを告げて、せっかく見つけた『相手』を失いたくはない。



昨年の11月にH様と関わり、新しい世界を教えていただき
今回、連絡を下さったM女性の方と複数の関わりのかな
彼と話すきかっけを頂けた。

深夜、2時間近く、話したこともあった。




6年目にして私と彼は、心の奥深くの欲求をさらけ出した。


浣腸、家畜、監禁、輪姦、獣姦、スカトロ、ラビア縫合・・・
奥深く隠し続けた嗜好を・・・打ち明けた。

おかしな話・・・6年間私は、彼に恋するあまり
『汚いsm』ではなく『きれいナsm』を望み
そういう私を作ってきた。


昨夜、海外から帰国された彼は、彼の好きなsm小説を教えてくれた。
「萩尾順一氏」

『彼の描いた責めを実現したい』・・・と。


『これを恭子で実現したい』・・・と。



ネットで調べて、彼の好きな『sm』を読んだ。


『汚れた、淫らな、怪しい、苦痛を伴う世界』だった。



『恭子に制約がなければ、既に人前の出られない体になっている。
私の社会人としてのギリギリの理性で耐えているつもりだ』と。


この言葉は、彼が言うと・・真実味を増す。

彼は、表の世界で、地位が上がれば上がるほど
温厚で人当たりが良く、全く・・・200パーセントサディストには見えない。

そのギャップを、維持する彼の精神力には
敬意を示す。

私は、最近、とても淫らで、ジムでも、30代の人からお誘いを頂いたりする。

私は、スタイルがいいわけでもなく
とりわけ目を引く美貌の持ち主でもない(笑)

ただ・・・いやらしい感じが出てきてしまった。

『好き者』的雰囲気かもしれない。

自分を維持する事・・は難しい。




表の顔を維持し続けること・・・。

マゾヒストは・・・サディストより難しい。

常に、身体に奴隷の証のピアスを付け
奴隷を意識させられる。

この世界から抜け出せなくなりそうで怖くなる。

私は、彼に告げたことがある。

『F様が、独身で今ほど偉くなく、私を家畜として飼って下さったなら・・・・。』・・と。

返信はなかった。

でも彼は
『自分に時間があったら恭子を海外に連れて行き1週間責め続けたい』と言ってくれたことがあった。


叶わない環境。

叶わない現実。

それでも、私は、彼との『共有』できる時間のために
生きているような気がする。


『アウターラビアにピアスを左右2つづつ。
クリトリスにもピアス追加』

私の夫に『肉体改造申請』をするようにメールを下さった。




私は、確かに『人前に出られない身体』になっていく。


でも、この上ない満足感。

彼がいてくれる。


フィスト

2013/06/17 23:14


フィスト・・・過去に断念した記憶がある。

恐怖心が尋常ではない。

『フィスト』をお願いしたのは、私からだった。

フィストは・・出産経験のある女性は
簡単なのでは・・・と思われがちだ。

赤ちゃんが出てきたのだから・・・・と(笑)。

逆に、出産経験のない女性は、厳しいのではないかと・・。

私もそう思っていた。




それは少し違うことに気がついた。

帝王切開ではなく、経膣分娩を経験した女性は
あの痛みは・・・とてつもない恐怖だ。

女性しか我慢できない痛みだ・・・とよく聞く。
『鼻からピンポン玉を出す感じ』と男性には説明するが・・・
その比ではない。

覚悟を決めて、自分の手でラビアを押し広げた。

そこまでは・・・出来た。

20130607143534(2).jpg
どうぞ・・・お願いいたします・・という心境だった。

ローションを付けた、彼の手が触れる。

続く・・

[フィスト]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。