FC2ブログ

彼の夢

2012/05/01 21:35
f8.jpg

今朝、彼の夢を見た。

恋する気持ちを意識しだしたのは、何時頃からだろうか・・。

初恋を知った時『不思議な感情』を・・・これが『恋する』事なんだろうか
と漠然と思った。

その後、何度かそういう感情になり、結婚をして、
そういう感情は消えた。

彼に出逢ってから私は『性欲』とはまた別な
『恋する感情』が現れだし・・・今も彼に恋焦がれている。

M的思考は、何処か『純愛』に似ている所がある・・気がする。


見返りも望まず、ただ・・主が愛しい。

とても単純で、それでいてとても厄介だ。

普通の恋愛のように、次へ進めない。

彼を消し去ろうと何度も何度も思ってきた。

彼は、私が去ったとしても、特に何も変わることはなく
過ごしていけるのだろう。

彼のように強くなりたい。

関係を解消したとしても、それでも『大丈夫』と言えるように成りたい。

・・・・夢の中の彼は、いつものように少年のように笑っていた。

夢のなかでは『これは夢』だなんて思ってはいない。

夢のなかの私は、彼に会えてとても喜んでいて
緊張していて、興奮していた。

立っている彼の足の指先から舐め始めた。

そして床に這いつくばり、彼を見上げると、彼が唾液をためてくれていた。

私は、つかさず口を大きく開ける。
彼の唾液が高い位置から、私の口に落ちる。
彼の唾液だ。

『なんて幸せなんだろう』・・・本当に幸せを実感した。

『夢のよう』と・・夢のなかで『現実』だと信じ込んでいる(笑)私は
涙がこみ上げてきた。

彼の唾液に温かさを感じた。

飲み込む事さえ・・・もったないと感じる。

『もっと下さい』と彼に懇願した。

彼は、もう1度、唾液をくれた。

『こんなに幸せでいいのだろうか』そう思った私は・・・
ふと・・・『夢かも』と気がついた。

そして、夢が覚めた。


リアルな彼の存在が確かにあった。

温かささえ感じた。

・・・私は、夢のなかでさえ、彼に拘束されてしまっている気がした。

夢のなかでさえ・・・・彼で一杯だ。


もう1度彼に会いたくて・・・もう1度、眠ろうとした。

夢のなかでも構わない。

彼に会いたい。

結局・・・・彼の夢の続きは見ることは出来なかった。


f4_20120426222712.jpg
私が『夢』だと気がついた理由が
『彼が優しすぎた』事だった(笑)・・・

私は、優しい彼が好きなのか
冷酷なサディストの彼が好きなのか・・・
わからなくなる。




本当は・・・

2012/05/08 23:34


昨日、とても淫らな感情が現れて、どうしょうもなく
はしたなくなり・・自分で縛り、撮った画像を彼に送った。

今日、生理が来た。

排卵が終わってから、生理前までは・・・とてもおとなしい私が
私を支配してくれるようだ。

でも、自分の中のもう一人を自覚しながらも、
このブログを始めてからは、もう一人淫らな私が
おとなしい私を支配してしまっている。


zz2_20120508231143.jpg

若くはない私が、ピンクのワンピースを着ることに
とても抵抗を感じ、肌を露出することに
自分自身で嫌悪感を感じる。



zz1_20120508231144.jpg

そうして、そういう画像を彼に送ってしまったことに
罪悪感を感じ・・・いたたまれなくなる。
『送信済み』の添付画像をみて
恥ずかしくて仕方がなくなり、画像を取り戻せるものなら
取り戻したい感情になる。


彼の見て欲しくて送った画像なのに・・
彼に見られたくなくなる・・・。

彼の興味をもって欲しくて、自画撮りして送ったのに
全て無かったことに『リセット』してしまいたくなる。


zz6_20120508231141.jpg

彼が私に興味を持ってくれる・・・かすかな期待を
抱き・・返事を頂けない私は
何度も、携帯の着信を確認して
何度も、パソコンのメールを確認して
・・‥もしかして・・・迷惑メールに行ってしまったのかもしれない・・・と
迷惑メールを確かめ・・・

彼からの反応が何もないことに・・・
・・・いい年をして・・泣きたい気持ちになる。

zz7_20120508231141.jpg
そうして・・苦しければ苦しいほど
彼に対する想いは深くなり
彼からの連絡をひたすら待ち続けてしまう。

本当は、苦しくて・・・やめてしまいたくなる。

本当は、もっと楽な関係に逃げ出したくなる。

本当は・・・やっぱり彼が好きでたまらないんだと思う。


今日は、生理で、自慰行為もままならない。

本当に彼は残酷だと思った。

ブログを読んで下さる方々へ

2012/05/09 01:04


ある人からメールを頂いた。

私に似た雰囲気の人を見かけて、
『恭子さんですか?』と声をかけそうになったと。

とても嬉しいメールだった。

そのメールに返事を差し上げずに申し訳ありませんでした。

その女性が、私だったかは、分かりませんが
何処かで、偶然すれ違っているかもしれないし
私自身も・・‥どこかで、『恭子さんですか?』と話しかけられたら・・と
・・・そんな、気がすることがある。

SM嗜好を隠し続けている私達マゾヒストは
それなりの人数がいるはずだし・・‥それに伴う
サディストも・・‥それなりに存在する。

私は、このように、画像を載せてはいるが
極々・・‥普通の主婦で、
穏やかに日常を送っている。

先日も、夏に向けて庭の花を植え替えた。

蕾を持ちだした薔薇の消毒をした。

・・・ただ、変わった嗜好の持ち主なだけで
・・かと言って、犯罪に手を染めるでもない(笑)

ただ、最近気になっていることが・・
wowowの海外ドラマ『クリミナルマインド』で
『この血統をは受け継がれてきた』・・・という1文がある。

このドラマは、サイコパスやシリアルキラーと呼ばれる
サディストの中でも、私達とは別な存在だと思っている。

でも、世間一般では同類なのだろうか?

・・・少なからず、私のマゾヒスト的な感覚
嗜好は・・・血統なのだろうか・・‥と不安になる。

確かに、『O嬢物語』のようにこのような嗜好は
昔から存在していたし・・・今の『ソフトSM』とはまた別の
ものを感じる。

・・‥と・・・奥深い話は・・このぐらいにして。

私は、S的思考の持ち主に魅力を感じ
そういう行為でしか高揚しない。

だから・・・といって、簡単に主が見つからなかった事も知っている。




性癖を隠しながら、数少ない中から、パートナーを探す難しさ。
そして継続させる苦しさ。

身にしみて感じる。

だから、このブログでSM嗜好の人と関われる事に
感謝して、もし偶然何処かで・・・偶然すれ違うかもしれないと
心の何処かで期待している。


・・・隠している嗜好なのだけれど
共有したい・・・知ってほしい。

支離滅裂な思い。


自分で、読み返してもおかしい文章です。


なぜ、こんなにも隠さなければいけないんだろう・・・。

ただ、ただ・・愛しさを表現する方法が
変わっているだけなのに。

同性愛者が認められてきているのに
SM嗜好は・・・変態の域をでない。

私が彼に『変態淫乱メス豚』・・‥と言われると
興奮してしまうのは・・‥その反動だろうか・・。

このブログの世界、彼との世界は、
私の許された世界です。

いつも、ブログを読んで下さり感謝しています。

アクセスをを見て、いつも訪れて下さる方を
地域、プロバイダで覚えて・・・どの様な人なのか
想像しています。

私と同じ感覚を持った人が・・‥居てくれることは
心を暖かくしてくれています。

私のマゾヒストとしての時間は
後どれぐらいなんだろうかと・・・。

『恭子さんですか?』と声をかけてもらえることがあるだろうか・・・

弱音

2012/05/10 07:30
ss22_20120417222859.jpg

いつ頃からだろう、自分の中の『普通と違う』何かに気がついたのは。

時々、『ノーマル』と言われている女性に聞いてみたくなる。

本当に『SM的嗜好が全くないものか?』と。


私は、自分しか知らないから・・普通の人の
『ノーマルで満たされる』感覚を知らない。

だから、セックスレスな女性が羨ましくなることがある。
こういう嗜好を持たずに、私の年齢で、欲求があまりない女性が
とても清楚で、崇高な気さえしてしまう。

逆に、こういう自分を、蔑み、恥ずかしく思っても来たからかもしれない。

こういうブログを綴っている私が言うのもおかしいが・・・
本当に、この欲求を嫌っているし、いっそなくなってしまえば楽なのに・・・
と思っている。

sexがしたい理由ではない。

そこが、1番の問題のような気がする(笑)

sexがしたいのではなく・・・何をしたいんだろう・・・私は。

何を求めているんだろう・・・。



昨日、彼から今までもらったメールを読み返してみた。

・・・・そう・・‥読み返せる量だった(笑)

私が何通も送って・・・やっと返事をいただく。

何通も送る・・・1方通行なメールに悲しくなり
もうやめようと思う頃、彼から数行のメールが届く。

もしかしたら、その数行のメールが届かなかったら
辞めていたかもしれない。

ギリギリまで待たされる・・・・S的な感覚を求めてしまう
M的な私は、そういう彼に惹かれていたことも事実で
『苦しい中から得られる、幸せ』は、どこかSMプレーに
似ていた。

飢えた時に得たものは、とてつもない価値を感じさせる。

また彼は、とても魅力的だったから尚更。


ジムで彼に似た男性を、見つめる私は、何処か彼に恋する自分に
諦めさせたい所もあるんだろうか・・・。

彼以外に心が動くかもしれないと・・・。

彼に似た男性を目で追いながら、その男性は
『S』である可能性も低いことを知っているから
逆に安心なのかもしれない(笑)

それ以上進まない。

でも、私がノーマルに変わったら
ごく普通の関係を築きあげていけるのだろうか・・・。

私は、ノーマルに変われるのだろうか・・・。

私は、彼以外に心が動くことも可能なのだろうか・・・。

『自縛』をしながら、私は、心まで自分自身で縛り上げていた気がする。


誰かに・・・ほどいて欲しいことを望んでいるような
・・・このまま彼を想い続けることを望んでいるような・・・・
自分自身でもよくわからない。

最下位に相応しくない・・・内容になってしまいました。

従う

2012/05/18 00:30
f77.jpg

以前、貸出された時の画像だ。

私は・・・自分が情けなくなってしまう。

モノのように『貸出』されて、性行為の相手として
振る舞い、貸し出された相手の命令の通り
従う。

普通の感覚の女性なら『あり得ない』事だと思う。

私も・・‥ある1部分は普通の女性と同じ感覚が残っていて
『あり得ない』。

でも、何処か・・『感じてしまえる』そんな、私がいる。

恥ずかしい事だ。

そういう、感覚を持ってしまうなんて、自分自身思ってもいなかった。

私は、『常識的』だと・・‥ずっと思ってきた。

私の常識は・・SMの調教で変わっていったのか
それとも、元々存在していたのだろうか。


セックスは、愛しい対象とするべきだと
今も変わらないのだけれど
『淫乱』で『乱れた』私は・・
確かに存在している。

彼に触れたい。

彼に会いたい。

彼に会っている時間は、私は、ノーマルに戻る気がする。




愛しさ

2012/05/18 07:28
f1_20120517224736.jpg

口に含む行為を・・私は、好きなようで
フェラチオをしている時は、没頭してしまう。

舌先を彼のものに軽く触れる。
彼の味がする。

軽く吸ってみる。

こういう時、私は、ゆっくり時間をかけて
『彼』を確認したくなる。

唇を軽く窄めて彼を少し押しこむように
受け入れていく。

確かに・・・口の性器・・という気がする。

f6_20120517224733.jpg

私は、彼のくびれの辺りに舌を這わせることさえ
『もったいない』感情で一杯になり
何度も何度も彼のモノの先を唇で確かめて
幸せを実感する。

『彼だ』・・・彼のモノ。
心が満たされていく。


f5_20120517224733.jpg

サディストの彼は、私のスローな行為を待ってくれる時間は
そう長くはなく、私の頭を手で押さえつけ
喉の奥深く、突き立てる。

f3_20120517224735.jpg
私は、『何故?』という気持ちで一杯になり
彼を見つめる。

せっかく『愉しみながら』味わっていたモノを
彼に取り上げられてしまったような・・・
『ひどい』・・・・と泣いてしまいたい気持ちになるぐらい(笑)

子供の頃、とてもお気に入りにキャンディーを
口に中でゆっくり舐めていたら、
びっくりして、飲み込んでしまった・・・時のよう。

私の性行為は・・・私のSM観は、ひどく幼稚なのかもしれない。


『大切な物』を大切にしたい・・・
シンプルで、何歳になってもかわらない感情を
SMは、呼び起こしてくれる。

SM行為は、蔑まされるモノではないような気さえする。


彼から頂いた調教は、
『愛しさ』を私に、教えこんでくれた気がする。



心ゆくまで、彼を堪能したい。
彼を一晩中舐め奉仕したい。


お願いです。

逢瀬・・・

2012/05/21 08:57

人通りの多い日中、彼の後を付いて歩く。

さすがに、ホテルに入る前は、彼から数歩下がって
彼に付いて行く。

何歳になっても・・・ホテルに入るときの罪悪感は
抜けない。

許されない関係である・・・という罪悪感。

いわゆるラブホテルに入る・・・という罪悪感。

そして、SM嗜好・・・・という罪悪感。


どれが1番強いかといえば・・・やはりアブノーマル嗜好・・という事かもしれない。


1つ目の『許されない関係』である点は、逆に『特別な嗜好の持ち主同士』という点で
ほんの少し、罪が軽くなるような気さえしてしまう。
お互いの配偶者では埋められない『趣味』なのだから・・‥と、自分に言い訳をする。

2つ目の『ラブホテル』という点も・・・それなりの恥ずかしさ・・は消えない。
まして、若いカップルとすれ違う瞬間・・何を思われてしまうんだろうと・・・
考えを巡らす。

私は、とても『良い子』でいたい意識が強く、もう一人の自分に対して
軽蔑をして罵りたい気持ちで一杯になる。

(その反動で、ホテルのでは、淫らになってしまうのかもしれない)


3つ目は・・・私の最悪の感情だ。
とても欲しいモノでもあり・・・消し去ってしまいたいモノでもある。
渇望していてそれでいて・・‥その存在さえ認めたくないものである。

3つの罪悪感を感じながら、ホテルに入り彼が部屋を選ぶ。

私は、彼と一緒に居られるのなら、人目を気にしないで構わない場所なら
どこでも良い。

狭い部屋でも、少し古い部屋でも、設備が悪い部屋でも
彼が一緒だったら、どこでもいい。

部屋を選んでいる彼の後ろで待っている時
他のカップルが一緒になった。

私は、下を見て、目を合わさずに・・‥その人達が過ぎ去るのを待つ。

自分で見なければ・・自分の『記憶に残らないから安心』という・・
幼稚な安心感で彼の後ろに隠れる。

私が見なくても、他のカップルから、私は見えてしまっているだろうし
私が、いい歳をして、このようなホテルに
来ることは・・‥隠す事ができない。

こんな時、彼は、どんな気持ちなのだろうか?

若くはない私を連れている彼に申し訳ない
そんな気持ちになる。

・・・私は、ただただ・・・彼と一緒にいたい。

ただそれだけ。


彼と過ごすかけがえのない時間を、紡ぐ
大切な場所。

彼に人目をきにせず触れられる
空間。

彼を口に含むことができる・・所。


そんな私の気持など、全く知る由もない彼は
部屋に着くと、『服を脱ぐように』と
私に命令した。


彼の命令は・・・私を解放する。

ひとつひとつ。


再確認

2012/05/21 09:25

『服を脱ぎなさい』
という彼の言葉を、私は、・・・聞こえないふりをする。

彼の気が変わってくれればいい・・‥とかすかな期待を持つ。

洗面所か他の場所で・・‥着替えたい。



d4.jpg

ストッキングを脱ぎ始める。
スカートの後ろを上げ、見えないように
少しづつ・・・。

なぜか・・彼には私の全てを知られてしまっているのだけれど
『服を脱ぐ』行為は、たまらなく恥ずかしい。

脱がされることも・・。

まして、自分の意志で脱ぐ行為は
そこから先を『欲している』ようで
『私は、淫乱な女です』と、あらわしてしまっているようで
たまらなく・・・なる。




d5.jpg
『洗面所で着替えてもいいですか』と
彼に尋ねる。

『ダメに決まっているだろう』と
少し笑いながら、それでいて、絶対的な言い方に
私は、なんだか・・‥納得して・・‥脱ぎ始める。


『彼の命令』・・・そう思えば
思うほど・・恥ずかしい私と、服従した私が葛藤する。

今思えば・・・服従した私が、羞恥心一杯の
私を従わせている。

確かに『恥ずかしい私』は、自分の中でさえ、最下位の存在である。

区別

2012/05/21 09:30
d6.jpg

全裸・・・とは・・・

私は、コルセットもなく、ガーターもなく
下着も付けず・・全てつけることを許されない

全裸になった。

彼は、服を着たままの状態。


奴隸とは・・こういう・・・ものかもしれない。


奴隷とは・・・『主』と対等ではなく
いつも、ひれ伏した状態を持ち続けること。

彼が服を脱いで私を欲してくれる事がなくても
・・‥それが当然で有るべきだと・・・
無意識に思えるようになって初めて
奴隸になれるような気がした。

今の私は、彼が服を着ているのに
私が何も身に着けていない状態が・・・ひどく恥ずかしく
ひどく惨めな状態に思える。

私は、対等な『恋愛』しか経験がなく
未だに『主従関係』をうまく飲み込めていない。


ほんの少し彼に優しく扱われた私は
『私を好きですか?』と言う
幼い質問を彼に投げかけてしまって・・・
想像通りの返事を頂いた。

『奴隸』である・・・『恋人ではない』・・と。

何度も何度も、わかって入るのに
彼とほんの少し『甘い関係』を味わってしまった私は
すぐ『奴隸』の枠から出て『恋人』の領域に入りたくて仕方がなくなる。

私だけが・・・その甘い時間をいつまでも忘れられなくて
彼に『もう1度』を強請り彼は、『二度と奴隸と甘い時間は持たない』と誓うようだ。

彼が私の乳首を吸ってくれた感覚が・・愛しい。

彼の唇の感触が・・恋しい。

彼の優しい声が・・狂おしいほど・・愛しい。


私の彼に対する感情は・・奴隷のものなのか
恋心なのか・・・区別がつかない。

彼の私に対する感情は・・・はっきり区別がつくらしい・・。

哀しく、せつない・・現実だ。


淫乱を認めること・・とは

2012/05/21 14:20
d7.jpg

彼から放置プレーをされてしまっているのか
私に興味を失ったのか・・・・

私にはよくわからなくなる。

ある人が、彼が放置している間、別なサディストに調教していただいたらどうか・・・
と、アドバイス頂いた。

私のブログは、時々過去の思い出を綴ることがあり、それを読んだ彼が
『時系列がよくわからないが、私と会わない間、別なサディストに調教頂いたという事か?
・・‥それはそれでかまわないが。』とコメント頂いた。

そうか・・・『かまわないんだ』と・・・少し悲しく切ない気持ちになった。

彼以外、調教を受けたりはしていなかったから。
彼以外はありえないと思っていたから。

独りよがりの感情に・・涙があふれた。



私は、『貸出し』の経験がある。

また・・・淫らな私は、彼以外の相手にも
はしたなく、淫らで、貪欲になってしまえる・・・ようだ。

そういう私を、1番知っているのは、他ならぬ私。

私は、このような格好を命令されれば・・・
戸惑うことなく従い、鞭を待ち望み
鞭打たれ、身体をよじり呻き声を上げる。

そしてまた、鞭を頂く体制に戻り
次の鞭を待ち・・・少しづつ・・呻き声が・・喘ぎ声に変わっていく。


貸出されてしまった私は・・・『哀しい気持ち』と
『期待してしまう気持』とを・・・うまくコントロールできずに
激しく乱れてしまう。

困った・・私だ。

もしかして、彼は、『自分の奴隸』としての私より
『他人の奴隸』の私だったら・・・興味を持ってくれるのだろうか。

いつまでも、奴隸は主を想い続け
主は・・そういう奴隸を疎ましく感じてしまうのだろうか・・。

暗い内容で・・申し訳ありません。