FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あふれる想い

2011/01/20 23:27
信号待ちをしている時、ふと彼に似た雰囲気の人を見かけた。

彼とは、住んでいる所も・・離れているから・・ここにいるはずは無いのだけれど

彼が歩道を渡りきるまで目で追ってしまった。

私は、この数ヶ月・・・1日たりとも彼を忘れる事などできなかった。

ブログから離れ、SMから距離を置けば・・・

そう思っていたのだけれど。


彼を『想わない』事は・・・・『忘れ去る』事は
できなかった。

このブログを離れてから、

彼に会うことができた。

綴るべきか終わりにすると言ったのだから・・・綴らないべきか

ずっと考えていた。



今日・・・彼に似た人をこんなにも・・目で追い続ける自分に
情けなくもあり・・・惨めなようで・・

私の中のM性が・・・現われだした。

aa1_20101220005755.jpg

純粋

2011/01/20 23:52
彼に、激しいまでの鞭打ちや、針攻めを頂けば頂くほど

私の中で彼に対する『愛情』は、とてもノーマルなものになっていく。

SM的な愛情とは・・・よくわからないのだけれど
私は、今までになく彼に『純粋』な感情を抱く。

aaa4_20101220005751.jpg


鞭打ちされ紅く腫れたラビアを優しくなであげられたり

きつく縛られた縄の痕を指でなぞってくれたり

鞭の痕が残るお尻を鞭の先でもてあそんでくれたり・・・

・・・私にとっては、優しく髪をなで上げられているかのような
錯覚を起こす。

私は、あまり、sexが好きではない。

挿入に快感を感じないせいか・・・不感症なのか
でも・・・彼とのsexは・・・満たされた感覚になる。

このままでは・・・ノーマルな女になってしまう。

彼は私に新しいバイブを買い与えてくれた。

でも、自分で使うバイブは・・・何も感じさせてくれない。

唯一『彼が下さった』という満足と
彼がどんな気持で買ってくださったんだろうと・・・・想いめぐらす事で
幸せな気持ちになれる。


ブログを休んでいるうちに・・・M性が・・・薄れていったみたいです。

優柔不断で・・申し訳ありませんでした。

                 恭子

戸惑う

2011/01/29 02:39


私の困り果てた悲しい表情を・・・彼は欲しがる。

私は、鞭の痛みよりも、針の傷みよりも

苦手なのは、彼の前での排泄行為。

彼には見られたくないし・・恥ずかしい音も聞かれたくない。

トイレの戸を閉めてもいいですか・・・と彼に請う。

『ダメに決まってるだろう』と冷ややかに答える。

彼の言うとおりに、また諦めて座りなおし、痛みをこらえる。

・・・・私は、彼が好きでたまらないのに・・・
・・・・彼のためならどんな事でも我慢できそうな気がするのに・・・・

恥ずかしい音と共に・・何かが崩れ去る。

激しい音を消そうという最後の抵抗なのか・・・・

我慢しきれない自分自身に対する敗北感なのか・・・

『嫌・・・』と悲鳴にも近い声で

泣き叫ぶのが、精一杯だった。

ttt3.jpg

彼は、こうして私を1つ1つ・・・縛り付けていった気がする。

彼が・・・『恥ずかしいね』・・・といった一言がいつまでも、頭から離れなかった。


彼の蔑んだ眼差しと、蔑んだ言葉が・・・欲しい。
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。