FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自慰行為と罪悪感

2010/08/02 22:56
sss5.jpg

いくつまで自慰行為をしたいと思うんだろう。

男性と違って・・・女性の性についてはあまり開かれていないから
わからない。

私は・・・『欲しい』と感じるし・・
     快感を求めてしまう。

いった後の罪悪感は・・・かなりのものがある。

SMが恋しい。

sss4.jpg

胸の開いた服で歩ける私と・・・几帳面すぎるほど掃除が好きな私は
2重人格のような気がする。

ということは・・・真面目そうな・・・几帳面な人を探せば
サディストを見つけられるんだろうか・・・。

そんなことを考えながら・・・すれ違う人を・・分析してみたい。

S嗜好を隠している・・・サディストを見つける事が出来たら・・・
おもしろい・・・気がする。

ブログ

2010/08/02 23:13


もうすぐ、ブログを始めてから1年になります。

途中途中・・お休みしながら・・ここまで来る事が出来ました。

何が変ったか・・・・『孤独』を感じなくなりました。

・・・・・罪の意識は・・・軽くなったような
          ・・・依然として変らないような・・。

主従関係についても考えさせられました。

自分の中のSM嗜好についても考えさせられました。

40代に私にとって・・・ぎりぎりの時期だったと思います。


後が無いから・・真剣で・・貪欲で・・わがままな気さえします。

2年目の私は・・・どうなってしまうんだろうと・・・。

名札

2010/08/03 00:05
rrrr1.jpg

彼にまたピアスをして欲しいと・・・お願いしてみた。

奴隷の証として・・乳首にピアッシングをして欲しいと。

ニードルで開けられた時のあの痛みが忘れられない。

火傷の痛みが・・じわりじわり継続しているようにニードルが進むあの・・痛みが恋しい。

かなりの力と、かなりのコツが必要だった。

先日、あるサディストの方の気に入った画像の話をお聞きする機会があった。

体操着の乳首の部分を切り抜いて、そこに安全ピンで名札を付けられた画像・・・という話。

・・・・同じ感性・・・を持ったサディストの『気に入った画像』は・・
当然のごとく私を虜にする。

見てみたい・・。

そして・・していただきたい。

この・・・変態と呼ばれてしまう嗜好には・・・困り果ててしまう。


私は・・本当は・・・こんなはずじゃないのに・・と
否定すればするほど・・・欲求は強くなる。

尽くす

2010/08/21 08:55


ブログをはじめてから、1年が経った。

彼には会えない日々が続いている。

彼が悪いわけではなく、私のマゾヒストとしての何かが足りないんだと思う。

あらためて考えてみた。

私は・・・SMが好きなんだろうかと・・。

私は・『尽くす』事に対して、至福の喜びを感じる。

人の上に立つことが好きな人もいれば・・
私は、人の下が好き。

ただ・・・誰でもというわけではなく・・・彼の下にいたい。

彼に奉仕して、彼の喜ぶ表情が好き。

彼をしゃぶりつくして・・・彼が達してしまうのを我慢した
苦痛と快感の混じった表情を見るのが好き。

彼のおしっこを飲みながら・・こぼれ落としてしまう私を叱咤しながら
垣間見る満たされた表情が好き。

彼が、乳首に針を刺す・・・すこし緊張した中に・・期待した高揚を感じ取れる一瞬が
たまらなくいい・・。

マゾヒストは・・・・愛しいサディストが喜んでくださる
サディスティックな行為で感じてしまうのは・・・もって生まれたものなんだろうか。

それとも・・・・『尽くす』事が講じて・・・サディストの求めるものに応じようとする行為なんだろうか。

彼が愛しすぎて・・それすらもわからなくなる。

彼にとって私は・・・何なんだろうか。



ただ・・・私は、自慰行為のときかなり変態的なことを考えて達してしまう。

ブログに書くことさえ憚ってしまうような・・・とても変態的な・・私。


存在

2010/08/25 01:09


自分で不思議に思った。

恥ずかしい画像を載せてしまっているのに、
はしたない『妄想』は書き連ねる事が出来ないなんて・・。

ただの言葉だけなのに・・・。

こんなブログを続けてもなお・・『恥ずかしい』部分がある。

理解していただけないかもしれないが・・。

変態的な画像を載せる事より、心の奥深い『欲求』を知られることの方が恥ずかしい。

そういえば、私は、サディストに出逢った時、初めから全てを曝け出すわけではなく
少しづつ、自分と同じ嗜好かどうかを、確かめながら進んでいく。

『あまり好きではない』『あまり得意ではない』ふりをしながら
サディストの反応を見るところがあった。

そして、自分に合った『彼』を見つけた。

そして、『彼』しか見えなくなった。

彼から頂いたラビアピアスは、口で奉仕させていただいた後
ピアスの間から入れてくださるのを待っている。

時々、ピアスを捻じ込みながら入ってくる。

彼を頂ける時は、指でラビアを開いてピアスを保護する事すら
忘れてしまう。

いっそのこと『ちぎれて』しまっても良いとさえ思える。

私は、彼にだったら、ラビアピアスに引っ張られてちぎれてしまっても良いと思える。

そう思える相手は・・・なかなか居ない。

この前、乳首に十文字を頂いた私は、針を刺したまま
彼に舐め奉仕させていただいた。

彼を傷つけないように、注意していたはずなのに
針先で彼の胸の辺りを引っ掛けてしまっていた。

彼の胸に紅く血が滲んだ。

その時感じた『感情』は・・・『MはSに昇華する』という説を打ち消した。

泣き出したい気持に包まれた。

とても不安な気持に包まれた。

『彼に傷を負わせてしまった』と・・・。

言葉にならない『絶望感』を感じた。

SMの世界から、現実に戻った。

私の場合は、痛みを感じれば感じるほど・・・SMの世界に酔っていく。

血が滴り落ちても・・・・興奮は消えない。

でも『彼』の痛みに対しては別のようだ。


彼は、『大丈夫だよ』と戸惑う私に・・・言葉をかけてくれた。


その言葉で私は・・・また・・戻って舐め奉仕を続けた。

『単純』な私に、自分でも驚く。



こんなふうに・・私を自由自在に扱う事が出来る彼は・・

特別な存在のようだ。



私も彼の特別になりたい。

カタチ

2010/08/28 00:36


激しい鞭打ちの後、舐め奉仕する私の髪をすくい上げてくれた事があった。

ただ普通の行為なのだけれど、SM行為の後は・・・全く別物に感じる。


7月から8月にかけて、彼から調教の連絡を頂いたが、7月は私の都合がつかず
8月は、彼の急な仕事が入ってしまい・・・・会う事が叶わなかった。

こんなにも・・・会えない時間が長いにもかかわらず
こんなにも・・・放置プレーが長いにもかかわらず

私の彼への想いが変らない事には・・・自分でも驚く。

会えない彼は・・優しい言葉を以前よりかけてくれる様になった。

メールでのみだが・・・。

それでも十分。

私からメールしても、返事が途絶えることはしばしば。
都合を聞いても、返事を頂けない事も多々ある。
1週間、数週間連絡が途絶える事にも慣れた。

でも、彼から『時間が出来た』とメールが来れば・・・・何もかも投げ出して
ひたすら次の連絡を待つ。

彼と会えるために出来る事は・・・全て・・・行いたい。

それなのに・・・彼からの連絡いただいた時間、娘の予定が入っていた。

『彼に会いたい』『彼に触れたい』『彼を見たい』・・・・・涙があふれてきた。

なんて残酷なんだろうと・・・。


彼の都合なら・・・いくらでも待てる。
でも自分の都合で会えないなんて。

会えたはずの時間を・・・娘と過ごしながら・・・複雑な心境になった。

『好きな気持』を消し去りたい。


心の中の『好き』な気持さえ失くせば・・・もっと楽になる。


そう思い込もうとした矢先・・・『乳首用ピアスと焼印を準備しておけ』とメールを頂き
私は・・・忠実な牝豚に戻って・・ネットで探し始めた。


『彼無しでは生きられない』とは・・・こういう事なんだろうか。

彼が望む『最後のカタチ』とは・・・こういう事なんだろうか。


あなたの望むまま。

あなたのしたいまま・・・・。

あなたに改造されるまま。

あなたに鞭打たれるまま。

あなたに針刺されるまま。

あなたにピアッシングされるまま。


なんて心地よいんだろう。


私は次回、ピアッシングと、私のために調教ベルトを購入してくださった彼からの鞭と
焼印を・・・頂く予定だ。

私は,髪をかき上げてくれる行為と、鞭打ち、ピアッシングが・・・同じ位置地ある
変態でした。

お待ちしています。


抑えられる・・心

2010/08/28 11:28


先週、金曜の午後時間が取れた・・・と連絡が来た。

私は、午後の予定を空けて何よりも彼を優先しょうとした。

やっと準備が出来た・・・やっと彼に会える・・。

『夢のよう』・・・と思ったことがいけなかったのか

当日になって、彼の急な仕事が入ってしまった。


仕方がない事だし、そのぐらいの分別はつく年なのだけれど・・・。

『哀しい気持』は・・・消し去れなかった。


私は・・そんな時『逃げ出してしまう』弱い所がある。

『期待』して『落胆』する事に耐えられなくなる。

そして哀しい想いから逃げ出すように・・・『期待』する事をなくそうと思う。


期待しなければ・・・・がっかりする事も無い。

そして『彼』を恨みたくない。
愛しい彼を『責めたく』ない。

返事のメールが出来ないでいる私に・・・
『臍を曲げたのか?』・・・・と彼らしいメールが届いた。

私には、もっと深刻な・・・・もっと哀しい内容なのに・・。

『臍を曲げたら、やさしくしていただけるのですか(~^・・・』と返事をした。


メールで八年。直接会ってから2年目を迎えようとする・・・私は・・少し去年とは違って成長した。


『成長したようだ』が正しいみたいで・・・本当は・・・切ない気持で一杯だった。

彼に会いたかった・・・。

彼に触れたかった・・・。

その心を隠すようになった。

『恭子は、かわいい奴だな。』と・・・やさしいメールを頂いた。

『良い子』でいることは・・・彼から『お褒めの言葉を頂ける』。


飼い犬のように・・・学んだ気がする。

『彼に負担をかけてはいけない』
『彼の重荷になったらいけない』

自分の感情を抑える事・・・が出来る様になりたい・・・。


ただ・・彼は・・知っているんだろうか・・。

『感情』を抑えられる事が・・・調教なのか・・・
それとも『抑えられる』『想い』になってしまってきている事は・・・
喜ぶべき事なんだろうか・・・哀しむべきことなんだろうか・・。

ブログを読んでくださる方は・・・もしかして私の中の
幼稚な『恋心』に共感してくださっているのかもしれない。

打算的な『大人の愛』ではなく・・・ただただ・・『好き』な気持。

飼い犬が『ご主人様』に抱く感情。

『主』のために・・・・・行動する喜び。


彼は躾のいい『牝豚』を望んでいるんだろうか
『心』の無い『牝豚』は・・・価値があるんだろうか・・・。

自分でもわからなくなった。もうすぐ5ヶ月を迎えようとしている。


2010/08/31 00:55
aaaaq.jpg

いつも温かいコメントありがとうございます。

ブログをはじめてから、今まで、削除するようなコメントを頂かないで済んでいるのは

このブログを読んで下さる方が、良識あるサディスト、マゾヒストだからかと思っています。

アダルトサイトなのに、気持ちよく続けさせていただいています。
最近はアダルトサイトにふさわしくない・・・ただの、日記になってしまっているかもしれません(笑)

今回私の書き方が誤解を招く書き方だったようで、申し訳ありませんでした。
千と恵美様、1本鞭様、には、いつも温かく見守っていただき感謝しています。
ご心配おかけして申し訳ありません。


私は、彼に『飼って頂いている』と思っています。


半年放置されていても、・・・1年に2回の調教でも・・・彼と繋がっていられる
という何物にも変えがたい『幸せ』を感じてしまえます。

逆に『彼を失う』事は・・・・想像もつかない。



先週、会えなくなった・・・私は『せめて、声だけでも聞きたい』とわがままを言ってみた。

彼の職場も、彼の仕事用の携帯も、個人の携帯もかける気になれば、かけることが出来るのだろうけど・・・
この5ヶ月かけることなく・・・過ぎていった。

一週間後『今夜、出張だから電話で話せる、夜メールする』と突然連絡が来た。

夕方から・・・・落ち着かない。

彼の声を聞くことが出来る。

話したい事は・・・沢山ある。

何から話そう・・・。

結局、22時過ぎから・・・30分近く話した。

『何を話したか・・・あまり覚えていない』・・・・が正直な感想。

記憶力が悪いわけではないと思うが・・・。
たわいない話・・・SMの話、秘性5の話(笑・・・・。

肝心の事は聞かなかったような・・・確かめたような・・。

『私の欲求を実現できるのは愛奴、恭子だけだ』と頂けた。


それだけで十分なのかもしれない。

彼の『恭子だけだ』という言葉が・・・欲しかったから。






ただ一つ

2010/08/31 01:22
aaaw.jpg

私は・・尽くすことが好きで・・・いつまででも彼を舐め続けていたい。

『愛しさ』は・・・何処までも・・・変えていく。

こんなに『忍耐強く』無かったはずだったし・・・
もっと飽き易かったような気もする。

SMは・・・怖い。

つくづく感じる。

『見えない鎖』とは・・・こういう事かも。

私は、『恋愛は破綻している』と言うコメントを読む前に・・・実は彼にメールを送っていた。

『人間は我が侭ですね。先日、F様の声を聞いたら、愛しさも増しましたが
 またこんなふうに連絡が途絶えてしまうのかと思うと、
 不安でたまらなくなりました。
 
 会えるかもと期待してしまう自分自身を持て余ししまっています。
 電話で声を聞くことが出来たら・・・待てる気がしていたのに・・。
 
 少しマゾヒストお休みします。
  
 誰に飼われるでもなく、F様の奴隷でいたい気持ちは変りません。

 何ヶ月に1度でもかまいません。1年に1度でもかまいません。
 次の約束があればそれを楽しみに過ごせます。

 多忙な、F様には難しい状況かと・・・・。


 再来月、2年経ちます。2年目にまた調教を頂けたら幸いです。

 ピアスと、焼印準備しておきます。
 
    愛しいF様。』と・・・・


私なりの・・・精一杯の『エゴイスト』なメールを
彼に送った。


彼から返事はないし・・・・

10月になったら・・・『2年目だ』と・・・連絡いただけることを
ひたすら待ってしまう・・・。


もしかしたら・・・来年かもしれない(笑)。

『彼』でしか・・・ありえない私には・・・何もかもお手上げ状態だ。

彼は・・・私の『ただ一つ』。

aaaf.jpg

私は・・・決して従順でもなく・・・健気でもなく・・

ただただ『わがまま』で『欲張り』なマゾヒストのようです。

 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。