FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

待つ意味

2010/07/03 00:29
『ここまで待ったのだから』・・・と・・『もう少し』・・・と待ってしまう。
待つのをやめたとたん『返事が来るかもしれない』と・・・。


『私が必要ですか?』・・・と聞いてみた。

返事のメールはいただけないことが返事なのか・・・
それとも・・・『忙しくてメールを読んでいないのかも・・』と自分に都合よく考えようとしている。



まだ彼を忘れられない証拠だと思う。

『必要』ではないのかもしれないが・・・『いらない』わけではないのでは・・・
と弱気になってしまい、『彼』を失う失望感に耐えられなくなる。


そして・・・何事もなかったように彼からの『調教』の連絡を待つ私がいる。

こんなに弱い女ではなかったのに・・・。

サッカーの試合も、1時まで『点数が入るかも』と入浴もせずに見入ってしまった。
目を放した隙にシュートが決まったら・・と思うと・・・。

結局PK戦のように・・・私の関係は終わることが出来ないでいる。

他の主従関係を解消した人たちは・・
どんなふうに・・・終わることができたんだろう。



私は、服を着たまま彼に触れてもらえる事が好きだ。

無造作に乳房を掴まれる・・・身体が凍る瞬間がたまらない。

指で乳首を挟んで捻られる事が好き。

立っていられなくなって・・・・彼にもたれかかるのが好き。

そんな私に画像を撮らせる彼の冷たさが好き。


好きな事は・・・やめられない。





嫉妬

2010/07/03 00:42
jjjo.jpg

這いつくばって・・・彼に鞭をお願いする。

彼からの鞭を待ち焦がれる。

『恋する気持』は今も変らない。

彼の夢を今までに数回見たことがある。

とてもリアルで、本当に会っているかのように、緊張して動揺して、
心拍数が上がる。

そういえば・・・SM的な夢は見ないようだ。

彼は『恭子の夢を見た』と言ってくれた事があった。

『梁に縛りつけ片足を吊るし、股に鞭打つ夢だった』・・・・と。

夢の中の私に・・・嫉妬を覚える。




私を鞭打ってください。

海外の画像

2010/07/03 01:06
海外のハードな画像は、私をもっともっと・・変態にしていった。

Sxtrain6_35[1]

こんなふうに責められてみたい。


302sm0368[1]

このぐらい・・・針刺されてみたい。

kirby_anna06_14[1]
色が変るぐらい・・・縛り上げられたい。


こんな画像が好きだなんて・・・言えない。

彼が私に画像を送りながら・・・調教していったのか・・・
元から好きだったのか・・・今となってはそれすらわからなくなった。

彼女たちが羨ましい。

すこし・・・

2010/07/11 19:35
調教いただけない今・・・綴る事が出来ないでいます。

忙しい彼を責めてしまいそうで・・・・

情けない奴隷です。

愛しい彼を・・・追い詰めて急かす・・・そんな奴隷にはなりたくないから・・

また少しお休みさせてください。

しばらく他の方のブログを読ませていただきながら

過ごしてみたいと思います。

ご心配おかけして申し訳ありません。

           恭子

M女性

2010/07/12 11:58
yyy1.jpg

彼から返事が来ないかと・・・携帯を何度も確認する事にも・・・疲れてしまい

かといって・・・彼に『さようなら』を言う勇気もない。

私の中で『彼』はとても大きな存在になってしまっている。

彼が好きでたまらない。


調教回数はそれほど多くもない・・・優しいわけでもない。

何かをプレゼントしてくれるわけでもない。



彼が普通の恋愛対象だったら・・・きっとお別れしていることと思う。
他の『恋愛』に流れていく事と思う。
今まではそうだったから・・・。


私は、今まで、本当の意味で『恋愛』をした事がなかったのではなかろうか・・・。
私は、SMの世界でしか『恋愛』さえも出来ないのではなかろうか・・・。


こんなにも『執着』したことはなかった。

こんなにも『切ない』感情もなかった。

彼が好きで・・・彼が愛しくてたまらない。


彼に会えるためなら・・・
彼の声を聞くことが出来るためなら・・・
彼に触れる事が出来るためなら・・・
何でも出来る気がするのに・・・

私は彼に会える数時間のために何ヶ月も待つ。

自分でもおかしくなる。

『いくつだと思っているんだろう・・・』と・・・自分自身が情けなくなる。


なぜ他を選べないんだろう・・・。
なぜ彼以外を考えられないんだろう・・・。

彼は、私以外を選べることと思う。
彼は、私を思いだすことは・・・あまりないのかもしれない。
彼は、私を・・・どう思っているんだろう。


『好きと言う言葉は適当ではない。恭子は私の愛奴。つまり愛する奴隷だ。
愛しくもあり痛めつけたくもなる。調教に耐える恭子は、抱きしめたくなる。』

私はこの言葉を何度も何度も・繰り返し・・心に刻み込んでしまい
自己暗示にかけてしまっている。

彼が数ヶ月前にいってくれた言葉を・・・大切に心にしまってしまっている。

彼は・・・・本当にサディストというか・・・意地悪な人だと思う(笑)

私の心を惹きつけて・・・突き放す。

ときどき悪魔のような・・気さえする。



でもそんな彼の冷たさと優しさに・・魅了されてしまっているのだから仕方がないんだろうか・・・。


わがまま

2010/07/13 18:37
tttiii.jpg

綴る内容が見当たらなくなってしまった・・・。

調教いただけないから・・・・内容がなくなってしまったのか・・

それとも・・・綴れなくなったのか。


『恋愛のちょうどいい期間』は・・・2年だと・・・彼は言っていた。

半年ぶりに調教いただけた4月に、
『なかなか時間が取れなくてすまなかった』と言ってくれた彼に・・

『お忙しいのは仕方がないですが・・・このままでは・・・もうすぐ2年になってしまいます』と・・・告げた。


『毎日会っているわけではないから・・・この場合は2年以上大丈夫だろう』と言ってくださった。

『飽きる事はないだろう』と・・・・。

m4.jpg

『飽きる』って何なんだろう。

調教を受ける事は・・・『主』の望まれるまま・・
『主』の色に染まっていく事のような気がするが・・・。

『飽きられて』しまったら・・・どうしたらいいんだろう。


私はあまりパソコンのメールを開かない事が多く・・・
失礼をしてしまう事が多い・・・。

開かない理由の一つに・・・
『彼』からの返事を期待して、何度も、何度もパスワードを開けて確認して・・・
返事をいただけなかった・・・あの虚しい気持が・・・苦手だ。

『期待』する事をやめようと思えば思うほど・・・
『もしかして』・・・と・・・『もしかして返事が届いているかも』と・・・思うと
いても立ってもいられなくなる。

そしてまた落胆する。

その繰り返しが・・・きつくなってきた。

でも彼は・・・毎回私の『ギブアップ』前に連絡をくれていた。

偶然なのか・・計算ずくなのか・・・。


『私が必要ですか』のメールを携帯にした後・・・携帯には何も返事をいただけないでいた。


SMから・・・抜け出せそうかも・・・。

『寂しい』気持を紛らわそうと・・・SMから『卒業』なのかも・・・
そんなふうに思い込もうとした。

今年の8月で彼と繋がってから・・『2年』になる。

調教の回数はそう多くはない。

でも・・・彼の一つ一つが刻まれてしまっているのも・・・事実だし。

私はどうすべきか・・・。

そして・・音沙汰ない携帯に不安を感じ・・・
久しぶりにパソコンのメールを開いた。

『今週は1週間ロスへ出張。帰ってきたら調教の時間を取る。それまで待てるか?』 と
私が  『私を必要でしょうか』  と質問した夜に彼からメールを頂いていた。


何回質問しても答えを頂けない時と・・・今回のようにすぐ返事を頂ける時と・・
彼は全く予測不能で・・・全く打算的ではない。

きっと彼は私にそれほど『執着』してはくれていない。

『主』が『奴隷』に執着してくれる事が・・・1番の幸せな事だと思う。

私は・・それをなかなか手に入れられないでいる。

正直・・『寂しい』。

彼は・・・私を失っても仕方がないと思えるんだろう。

私は・・・彼を失う事なんて・・・想像付かない。

いつも感じる『温度差』。

・・・そして・・・最近感じ始めた・・『絶望感』

彼を失うかも・・・。

まともな文章をかけていない・・。

『ありえない』『彼を失う事』を・・・感じてしまったのだから。


『主』と『従者』の・・・上下関係が・・・崩れ始めた。

『主』にも・・・私と同じ『執着』を望むようになってきた。

我侭な・・『私』が・・心を占めはじめた。

『主に愛されたい』・・。


従者にあるまじき・・・文章でお叱りを受けそうです。

でも・・・調教いただけない私は・・こんなふうに我侭になってしまっています。

これから

2010/07/14 08:29
tttiiii.jpg

週末、海沿いのゴルフ場に隣接するホテルに泊まった。

私は、ゴルフはしないのだけれど・・・
彼は私の調教より・・・ゴルフを優先する。

私がゴルフに興味を持たなくなった理由の一つだ。

『ライバル』でもある。

私から彼を取り上げてしまう・・・。


ホテルから見えるコースを見つめながら・・・彼を思い出していた。

こんなふうに・・早朝から来ていたんだろうか・・・。

彼を思い出さずにはいられない・・・。


cc6.jpg

私は・・一緒に時間を過ごしてみたいだけ。

これからの人生・・・表と裏を引き離す事の出来ない私は・・・

裏を共有できる存在が欲しいだけ。

我が侭を言うつもりもない。

金銭的な贅沢を言うつもりもない。

迷惑をかけるつもりもない。

ただ・・一緒に裏の時間を二人で共有したい。

二人だけの『世界』が欲しい。

何処にもない・・・お金では手に入らない・・・
そう考えると・・私はかなり『贅沢』なものを欲しがっているようだ。

でも・・・・・それは贅沢を満たしてくれる存在を見つけるだけで・・
可能な事なのだから・・・『夢物語』ではないはずだし・・・。

『同じ考えのサディスト』も・・・もしかして同じ事を考えているかもしれない・・
そんなふうに・・空想していた時期が懐かしい。

『空想』が『現実』になり・・そして・・『過去』の事になってしまうのだろうか。

『空想』のままのほうが良かったんだろうか。


『今まで』ではなく『これから』を考えるべきなんだろうか・・。

私にピアスを開けた彼は、『ピアス』は、結婚指輪より強い拘束力を持つ事を知っていたんだろうか・・・。

私は、『彼の奴隷である』と・・・自分自身で思い込んでいる。


他に心が動く事は『罪』のような気がして・・。

彼以外に・・・心ときめく事は・・『重罪』のような気さえする。

でも、私の『淫乱』な感情は、『罪悪感』をも消し去ってしまいそうで・・怖い。




マゾヒストが・・・サディストに変る・・・かも。

私を失くしたら・・少しは『寂しく』思ってくれるんだろうか・・・。

ほんの少し彼に『いじわる』をしてみたくなる。

でも・・・『いじめ』にさえならない。

彼は『平気』だから・・・。


私は・・・いつまでもマゾヒストのまま。

過去

2010/07/14 14:54
ttttiiiiii.jpg
調教がいただけない私は、手持ち画像もなくなってしまったし・・・

過去の画像と・・・過去の調教を

綴らせてください。

それと日常と。


先日、ジムが休みだったので・・・別の公共のジムに出かけた。

器械が上手く使いこなせずにいた私に親切に教えてくれた男性がいた。

週に2回いらしていると・・・。

あまり他の男性と関わる機会がない私は・・・ほんの少し
『不思議』な感覚を覚えた。

私は、普通の出逢いが苦手のようだ。

『SM』パートナーを探す事と違って全く別の私しかいないから・・
いたって真面目で、いたって感じよく、ごくごく普通を装う。

ジムでも派手な服はあまり着ない。

時々、胸を強調する服を着ていき他の人に何か言われると
次回は『地味』な服にする。

私の母は、古風なタイプだったから
『派手』はまるで『罪』のような感覚を私に植え付けた。

そんな私は、娘の服装にも・・・『落ち着いた色』を望む。

もしかして・・・『隠す』ための・・・『落ち着いた色』なんだろうか・・・。

自分の『淫乱性』を・・・知っていたから。

でもは母そんなところは全くなかったし・・・押さえつけられてしまった
私が・・・そうなってしまっただけなんだろうか。

自分でもよくわからない。

『初体験の人と結婚すべき』と思っていた私なのに・・・・・
『sex』に対して・・・あまり重点を置いていない。

sexでいくことができないせいか・・・。

心の繋がりが何よりも私を興奮させてくれる。

心の繋がりが何よりも多くの快感を与えてくれる。


『愛しい相手』が存在して私のSMは・・・生きてくる。

そういう私と・・・もう一人…SMプレーのみを欲している私が存在するから
とても厄介だ。

生理が始まって・・2日目。

もう一人の私は、SMのDVDを見て自慰行為をしてしまった。

でも・・・なんかいいっても満たされない。

『ドラキュラはいくら水を飲んでも喉は癒されない』
と言ってくださったサディストの方がいた。

実感させられる・・・言葉だ。



奴隷を持たないサディストは・・・今の私と同じ口渇感を味わっているのだろうか・・。

それとも・・この口渇感も・・マゾヒストには躾の一つなんだろうか。

おかしくなりそう。






矛盾 Ⅰ

2010/07/14 15:18
tttti.jpg

もうすぐ夏・・なのに・・・冬の画像になってしまいました。

彼に首輪をひかれて・・・冬の寒さを肌に感じたくなった。

『露出』は、犯罪だと・・・最近知った(笑)


去年ある夫婦からスワッピングの話を頂いた。

ただ・・・私にはパートナーがいないから、3人でどうですか・・と話してみた。

でも、ご主人は乗り気だったが・・・奥様からお断りをされてしまった。

私も逆だったら同じだと思う。
男性は・・・女性の気持を考える事が少ない気がする。

彼が、私ともう一人のM女性で3人でのプレーを持ちかけた。
正確には、私の方から持っていった話だった。

私が彼と5年の空白を空けてしまった間に彼が関わった2人のマゾヒストの方の
一人・・・独身の30代後半の女性が海外勤務から帰国したと聞いたから・・・

『3人でいかがですか』と・・・言ってみた。

彼女が海外勤務にならなかったら・・・私は彼と始まる事は出来なかったし・・
彼女の席に黙って座ってしまったような罪悪感を感じていた。

彼女が戻ったら・・・席を返すべきだと。

でも・・・去年の私は『彼』を失う事は考えられなかったし・・

『3P』を提案する事が精一杯だった。

結局・・・3pは実現できなかったが・・
彼は・・その話のため彼女と飲みながら・・・会うことになった。

私は・・・苦しい気持ちで・・その日を過ごした。

私は、多頭飼いは・・苦手だ。


本気で、尽くしたいから・・・。


この考えは・・・『自己中』だと、精神科医のサディストに指摘された。

『自分』より『主』と言う考えに至っていない。

『主』が喜ぶ事が全て・・・。
そうなりきれない私は・・・全く持って・・・・『自称 マゾヒスト』なんて言えない。

『感情』があるから・・『主』を想える。
『感情』があるから・・・『嫉妬』もする。

そして淫らな私は・・・3P、4P、にさえ感じてしまう。

矛盾だらけで支離滅裂な文章になってしまいました。

認める

2010/07/20 09:56


私の中のもう一人の私は・・・とてもはしたない。

淫乱で、貪欲で、見境がなく・・・女性として・・・恥ずかしい。


足を大きく開き、ラビアピアスに耳用のアクセサリーのピアスを通してみた。


いつも耳元で揺れているピアスが、ラビアに揺れている。

決して人に見られることなく・・・揺れるだけなのだけれど・

ひどく興奮する。

sss3.jpg

そして・・・見ていただきたくなる。

もう一人の私は・・・自分自身でも手に負えない。
sss2.jpg

彼が言うとおり・・変態淫乱牝豚 恭子だと思う。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。