FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#

2010/03/01 15:41
a7_20100227161033.jpg

解く

2010/03/01 15:49
a7_20100227161033.jpg

私は若くもないし、スタイルもよくないし・・・ただただ・・

淫乱なだけなんだと「自分自身」で責める事がある。

「恥ずかしい」
「下品」
「見境がない」

何を言われても仕方がない事をしているし
何故こんなになってしまったのか・・・・。


縛られた縄を解かれる瞬間が・・・私は・・・嫌いだ。

「終わり」を告げられるようで
・・・・・・・・
「平気」を装いながら

「また会える?」を聞きたくて・・・確かめたくて仕方がない。
でも・・・
「聞けない」


彼が縄をほどく時間を・・・待っている。

「ほどけなければいいのに・・・」

こう想う・・・。

左右差

2010/03/02 18:17


激しい鞭打ちを忘れてしまいそう。

激しい痛みが薄れていく。

私は今までのSMの経験をいつまで覚えていられるのだろう・・・。

別れた後・・いつまで相手の事を覚えていられるんだろう・・。

鞭打たれた分だけ・・・その痛みの分だけ・・記憶にとどめたい。

私は彼の記憶に残るんだろうか。
彼がボディピアスの画像を見るたび私に開けた事を
思い出してくれるのだろうか・・。

私は彼の手を指を覚えている。
時々・・似ている人にすれ違うと・・必ず指を見てしまう。

すれ違う瞬間に「指を見る」時間なんてないのだけれど・・・
見ようとしてしまう。

彼に似ていても『彼』ではないことはわかっているから・・・
せめて『指』が似ているか確かめて・・・『彼』を感じたくなる。

乳首を消毒してくれた冷たい指の感触。

乳首を摘み上げて、ニードルを刺してくれた感触。

ピアスを貫通させてくれた・・・少しだけ熱くなった指の感触。



私を仰向けに横たえ、ラビアを引き伸ばした指の感触を・・・忘れてはいない。

印をつけてから・・と言ってくれたのだけれど・・

『そのままで良いです』と私が答えたので

私のラビアピアスは、左のほうが少し下に開いている。

左右差がある。

『少し右と左とズレたみたいだ』と彼は言って気にしてくれていた。

でも私にはその左右差が・・・・

『彼の証』

リングが重ならずに済む(笑)

身体に刻まれた証は・・・

思い出のように消せない。


違うかも・・・・思い出のほうが消えないのかもしれない。

フリージア

2010/03/02 18:51
wwwd.jpg

もっと激しく責められたい『マゾヒズム』に苛まされる。

もっと残酷に泣き叫ぶほど責められたくて・・・たまらなくなる。

この『感情』は何処から来るのだろう。

かなり変態的な画像が好きな『自分』が、嫌になってしまう。


今の季節・・・花屋のフリージアの香りが好き。
でも・・・暴力的なSMビデオも好き。

優しい音楽も好き。
でも・・・泣き叫ぶマゾヒストのビデオも好き。

心温まる映画も好き。
でも・・・残酷な・・サディストも好き。


『表の顔だけでは生きられないと感じるようになった。』

以前彼がいっていた言葉が・・・わかるようになった。


でも・・・そのことを共有できない時間が長すぎて
『孤独』を感じる・・・

アブノーマルな私。

wwwkk.jpg

知りたくないですか

2010/03/02 19:09
wwwb.jpg

私はどこか壊れているのだろうか・・・。

『自覚症状があるから大丈夫』と言って欲しいぐらい・・

不安になる。


ノーマルないき方をしない。
sexではいかないし・・・sexがしたいとは思わない。


『おっぱいが大きいからsexが好きでしょう』とよく言われた。

まるで『大きいおっぱい』は・・・『sex好きの証拠』・・みたいな(笑)扱いを何度か受けてきた。

『違います』と・・・自虐してしまうのかも。

でも・・・挟まれた『痛み』は・・・気持がいい。
どんな『快感』なのか言い表せないのだけれど・・・

足が痺れた後に『血が通いだす』ような・・・いく時に・・ほんの少し似た
『快感』が訪れる。

浣腸をされてアナルプラブで塞がれて、バイブで責められる時も・・・
『彼の前で排泄できない』絶対的な事が・・・・壊される『恐怖』と
晒してもいい『許し』が錯綜して・・・言葉に出来ない・・・ことが起こる。

1度で良いから・・・・サディストに分けてあげたい。

でも・・・サディストはそこまで我慢できないと思う(笑)

複数・・Ⅰ

2010/03/02 20:18


私は以前、個人経営の家庭的なハプニングバー(?)に行った事がある。

ネットで連絡をして、近くまで来たら電話で連絡が入り、待ち合わせ場所に
経営者夫妻が迎えに来てくれる。

決して『場所』を特定できないように・・・注意していることが・・・
少し気になり・・少し安心もした。

マンションの一室に入ると仲良く話をしている数人の男女。

私たちを含め7カップルがいた。

慣れ親しんだ関係がわかった。

私たちともう2組は・・初めての来店だった。

1時間ぐらい話したろうか・・・。

シャワーを勧められバスタオルを巻いて戻った。

さっきまでいた2組の姿が見えない。

そして別の部屋から『声』が聞こえた。

少し・・・戸惑った。

帰ろうかと思った。

『帰ろう』と小声で彼に言った。

『せっかく来たんだから』と彼。

私がそこに残った理由は・・・『彼と他の女性』を見てみたかった。

男性2人の3Pの経験のある私は、女性2人の3Pを見てみたかった。

彼が他の女性のおっぱいに触れる光景を
彼が他の女性の秘部に触れる光景を
彼が他の女性に入れる瞬間を・・・・

見てみたかった。

ただそれだけ。

風俗嬢を呼んでみようかとも考えたが・・・
SM嬢を呼んでみようかとも考えたが・・・

彼が他の女性との『行為』を見てみたかった。

私は・・どんな風に反応するんだろう。
私の心は『嫉妬』で打ちのめされてしまうんだろうか・・・。
私の『淫乱さ』が・・・『嫉妬』に勝ってしまうんだろうか・・。

『期待』と『嫉妬』と『興奮』と・・・・あらゆる矛盾で・・
おかしくなりそうな時間だった。
wwwaa.jpg

ただ・・・私がどういう『扱い』を受けるのかは・・・
考えが及ばなかった。

私は・・『彼』の行動・・姿・・を見たい一心だったのだから。

満たされない

2010/03/04 23:13
wwwg.jpg

私は、過去に見たDVDで、乳首にペンチを挟んでぶら下げたシーンを
忘れられずにいる。

その時の女性の哀しそうで憂いの表情が忘れられない。


私は『サディスト』なんだろうか・・。
自分がされることを『期待』して感じてしまっているのか
誰かにしたくて・・・・感じてしまっているんだろうか。

とにかく・・私はノーマルではない。

足で踏みつけられる・・・靴で潰される・・・。

想像するだけで・・・高まる感情。

抑えきれなくなりそう。

私は・・今朝自慰行為をしたばかりなのに・・・・。
何処からこの性欲が来るのか・・・・。

いつまで続くんだろう。

嗜好

2010/03/04 23:51
wwwc.jpg

自虐行為をする、M男性の気持ちが分かる気がする。

私は、処女の頃、何かを入れてみたい欲求に駆られた。
でも・・・場所すらわからなかった私はクリトリスのオナニーで終わった。

初体験は、痛さと恐怖とで・・・拒み続けてしまい
果たせなかった・・・と落胆していたら・・・毛布に真赤な血がほんの少量
付いていた。

それから『挿入』では特別な快感もなく・・ただの行為でしかなかった。

wwwm.jpg

私にとってSMは『性』的興奮を得る唯一つの手段で・・・
そこでしか・・・感じる事がない。

困った性癖だと持て余してきた。

なぜ普通にキスをされ、愛撫され、高まり・・・抱き合うsexじゃないんだろう・・・。

なぜそこに『SM』が必要なんだろう。

時々男の人が羨ましくなる。
『SMクラブ』という存在がある。

私も『smクラブ』に行った事があるが
それなりのリスクを伴った。

『SMクラブ』で働く『女』・・・と『客』の重さの違い。

女性も『サディスト』の居る『逆SMクラブ』に行きたい・・・人もいる気がする。
私だけかも(笑)

もっと・・女性のSM嗜好が認められればいいのに・・・。

でも、結局・・・『主』を見つけるのは・・・
何が変っても難しい事なんだと思った。

泣く・・・

2010/03/05 00:07
a22.jpg

『過去の話』しか綴れない私のブログに
『悲哀』を感じてくださるようだ・・・・。

私もそう思う。


ひとまわり年下のS男性にいたぶられた・・・画像。

年上の男性だと・・・ホッと安心する。
何でも許していただけるような・・・。

それなのに、ひとまわり年下の彼から受けた『いやらしい言葉』は・・・私を今までになく
感じさせてくれた。

まるで『異常』なものを見るような・・・蔑んだ視線。

『いい年をして』と思われてしまっているんじゃないかと・・・思えば思うほど・・・感じる。

『普通の奥様なのにね』と言われた時は・・・涙があふれた。


手ではなく足で・・足の指で下着をずらされ・・・露出する秘部は・・・隠し様も無いほど濡れてしまっている。

『こんなに濡らしてしまって・・・お仕置きしてほしい?』と・・・。


私は・・・こんな扱いを受ける事はないはずなのに・・
私はこんな扱いを望んではいなかった筈なのに・・・・。

なぜ『惨めな想い』は・・・私を泣くほど感じさせてしまうんだろう。

私は、SMクラブでも泣く。

彼に鞭打たれながら・・・泣く。

年下の彼に蔑まれて・・・泣く。

心地よく・・・惨めに泣ける。

ggg3.jpg

最近は・・・普通に泣くだけ。
つまらない気がする。
何か物足りない。

泣きたい・・・。SM的に。

戻らない

2010/03/08 23:12

ここ数日・・・考え込んでしまった。

いっその事・・・『M性』が消えてくれたら・・・と。

過去にもらったメールを読み返してみたり、
本を読んでみたり、
模様替えをしてみたり、
鉢植えを買ってみたり・・・・・

何も変らない。

彼が主従関係を結ぶ前にメールで
『空想の世界から、現実の世界へ・・・後戻りは出来ない』と言っていた。

少し大げさな気がしていた。

決して大げさではなかった事に・・今頃気が付いた。

何をしても・・何かに夢中になっても・・・
『戻れない』・・・・・『戻れる』と言う自発的な行為ではなく
『戻らない』が正しい。


何もかも消し去りたくて・・眠剤を飲んで寝た。

彼は夢の中でとてもリアルに・・・私に会いに来てくれた。
忘れかけてた声が『リアル』に話しかけて
忘れかけそうな顔が『リアル』に微笑んでくれて

忘れられない・・・『彼』が・・・なぜか『SM』とは全く関係のない
ノーマルな内容の夢に現れてくれた。

放置プレー・・・明日で5ヶ月目。

放置されたマゾヒストは・・・ノーマルにさえなれない。

放置されたマゾヒストは・・・日常を送れない。



『マッチ売りの少女』のように・・・彼に会いたくて
今夜も眠剤を飲んだら彼に会える・・・気がしてしまう。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。