FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SMショップの扉・・・Ⅰ

2013/04/25 00:19


先月、彼が以前『アナルアタックベルト』を買ってくださった
池袋の『アール』という、『奴隷市場』のショップに連れて行ってもらった。

初めてだった。

誰かに自分の性癖を『晒す』ような・・・怖い気がして
ネットでさえ・・なかなか・・購入できずにいた私が
『店員』の人がいるショップに行くなんて・・・。

でも、心のどこかで『期待』もあった。
雑誌やネットで画像を見た事があったが・・・
私には、ネットの世界の話で、実際にその場所に行くことなんて
ありえないと思っていた。

でも、ネットの店内紹介の画像の中に飾ってある
興味のある沢山の品物に・・・なんだろう・・・心躍る何かを感じていたのは事実だ。

私にとって、アクセサリーを選ぶかのように
心ときめいた・・・。
66a_20130424234844.jpg


正確には・・ときめくまで・・・葛藤もあった。

店までの道のりを静かに彼の後をついていく。

足早の彼について行くだけで・・真剣だ。
人目を気にして大通りは、彼から離れて歩く。

少し路地に入った私に彼は『ここなら、一緒でも大丈夫だろう』と私を待ってくれた。

私は、小走りで、喜んで彼に走り寄る。
きっと満面の笑みを浮かべている事だろう。

少し幸せな時間が流れる。
かと言って、決して手を組んだり、繋いだり出来る訳ではなく・・
ただ隣を歩く事が出来る。
それだけで・・幸せを感じてしまうなんて・・『幸せの閾値』が低くなったものだ。
彼の調教の賜物。

急に彼が狭い店の扉を開けた。
私は、近くに近所の主婦だろうか・・2人で話をしていた。
知り合いではないのだから・・こちらを見ているわけではないのだから・・・・
と思っては見たものの戸惑う。
彼は、私が入るのを待っていてくれるタイプではなく(笑)
扉を開けて待ってくれる訳でもない。

彼は、さっさと・・一人で入る。
彼に続いて店に入らなければ・・と自分に言い聞かせ
扉を開けた。

彼はいつも・・・いとも簡単に・・私に『調教』下さる。

私にとって・・1番怖いのは『ノーマルな主婦』(笑)
ノーマルな人へのSM嗜好の『カミングアウト』は・・・
とっても怖い。

彼は・・・知っているんだろうか・・。

つづく・・・
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。