FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

H様との出逢い

2013/01/09 22:57
rr1_20130109003003.jpg

私は、夏に彼と食事をした時、彼から告げられた。

『私を独占することは出来無い』と。

『私には、奴隷は最下位の恭子だけだけだが、飲み友達は居る。
だから、恭子も自由にして構わない。他の誰かと会ったりしたらいい』と告げられた。

5月に調教を受けて、夏に食事という形で・・・鞭は頂けないままだった。

10月の調教も、彼の急な出張でキャンセルになっていたから・・・。

彼の私に告げた意味を考え始めた。




私の存在が・・・負担になっているんだろうと・・・思えた。

それでも、彼を想わずには、いられなかったのだけれど。



そして、私は、彼の『命令』なのか・・・彼の『望み』なのか・・・
私自身の寂しさからだったのか・・・『他の誰か』を探すべきなのではないかと
考え始めた。

メールの返信が帰ってくる・・・特別な事のように感じた。
優しい言葉をいただける・・・・幸せな気持ちに包まれた。
寂しさを埋めてくれる・・・・心が苦しくならずに済んだ。

他の誰かは・・魅力的だった。


ただ・・私自身が、彼を心から消し去ることができず
いつも中途半端な気持ちで『他の誰か』と関わるしか出来なかった。

そして『中途半端な気持ち』に罪悪感を感じ始め
私は、『他の誰か』を諦めようとした。

私の中で、彼が消えない以上・・誰とも始めることは出来ないような気がしていた。

それに・・・私は、もし新しい他の誰かと始めるとしたら・・
本気で心から愛しいと感じて・・心から尽くしたいと思っていた。

だから・・・彼の存在を残したまま・・新しい『他の誰か』は、相手のサディストに対しても
失礼な事だと思えたし・・私自身の中で・・・やはり譲れない事だった。

新しく声をかけて下さった方々は、もし・・主を持たない私だったら
良い関係を築き上げて行くことが可能かサディストだった。


ただ・・・『彼』ではない。

重くのしかかった・・大きな問題だった。
その彼に私は、負担がられてしまっているのだから(笑)



そんな私に『彼の存在を持ったままで構わない』と告げて下さったのが
H様だった。

都内に住む私より一回り年上の、経験豊富な、それなりの社会的地位のある
男性だった。

ただ、私がその男性に惹かれたのは・・・社会的地位でも、経験豊富な事でもなかった。

その男性が『最後の奴隷』として・・・考えてくださると告げてくれた事と
『彼の存在』を持ったままでいいと言ってくれた事が、とても大きかった。


そのあと、その男性と関わり、温かさを感じ、その男性のSM嗜好のルーツを聞き
私と何処か・・同じものを感じた。

『心の傷』ではないにしても・・・『トラウマ』を抱えていたように感じた。


以前ブログにも綴ったが、SM嗜好の人の中に
『トラウマ』や『幼児期の絶対的愛情を受け損なった経験』を持ったタイプと
全く、心当たりのないタイプがあることを知った。

私は、同じようなトラウマを持ったサディストにひどく共感でき
とても惹かれる。これは・・どうしょうもない事実だった。

ただ、彼は、そういう『心の傷』を持たないタイプのサディストだった。

今も、私が求めているのは・・・同じタイプのサディストなのか
別なタイプのサディストなのか・・・よくわからない時がある。

私は、一緒に死んでも構わない・・・と思える相手を探したいと
心から思っているのは・・・「心の傷」が大きく影を落としているような気もする。

だから・・・『心の傷』を持った同胞に惹かれ
でも・・・『心の傷』を持たない彼のようなタイプに・・助けを求めてしまっているのかもしれない。



こんな、自分でもよくわからない感情を抱え・・・
私は、その男性『H様』と関わりを持ち始めた。


11月末にこちらに来る用事があるから・・・会わないかという話を頂いた。


まだ・・・先の話だったが、10月のキャンセルを頂いてばかりの
私には・・・許された話のように感じた。

それでも戸惑っていた。

11月中旬、H様からから電話を頂き、偶然、都内いにた私は
H様の会議が終わるのを待ち、お会いする事になった。

『部屋を取りますか?』と尋ねられたが、
『お話だけで』という返事をして、14時にホテルオオタニの本館ロビーで
待ち合わせをした。


場所を確認していたものの、スマホの位置ナビを過信していた私は
広すぎるホテルオータニを一周してしまい(笑)
ロビー階ではなく、1階から入ってしまった。

otani_enter1.jpg


ロビーが見つからず、H様の携帯に電話をして
携帯で誘導していただきながら
約束のロビーに着いた。

otani_lobby1.jpg

携帯でロビーまで誘導してくれていた声が直接
『はじめまして。』と紳士的な笑顔で
迎えてくれた。

約束の場所にさえ、手を借りなければいけないような
愚かな私にH様は、温かく接してくれた。

そして『時間どおりですね』と迷った私を・・・優しい笑顔で褒めてくれた。

『褒められる』うれしさを・・マゾヒストの私は
味わってしまっていた気がする。

こうして・・私は、第2章へ足を踏み入れた。

(H様の社会的地位をおびやかす事なく
細心の注意を払い、ブログに綴らせて頂くことをH様から許可頂きました)



『甘い鞭』・・・大石圭様へ

2013/02/27 23:57
大石圭様

この度は、尊敬するあなたの作品と同じ題名のブログを綴っていることを
お許し頂きたく、ブログを更新いたしました。

大石様の素晴らしい作品と同じ『甘い鞭』という題名になってしまい
申し訳なく思っています。

ただ、SMをご理解頂いていらっしゃる大石様なら、私のSMに対する葛藤も
ご理解いただけるものと・・・・信じつつ。

大石様、また、大石様の作品にご迷惑をおかけする事のない様に
今後も気をつけていきたいと思っています。

大石様のホームページにアクセスさせていただき、なにか謝罪をしたいと
試みましたが、叶わず、このような形となりました。お許し下さい。



また、大石圭様の作品の『甘い鞭』とは、全く関係がありません。

大石圭様の『甘い鞭』を検索されていらっしゃった方々には
心よりお詫びいたします。


                  恭子






rr2.jpg

ブログを休んでしまいました。

実は・・・私の拙い『甘い鞭』と同じ題名の、私の大好きな作家 大石圭様の
『甘い鞭』が映画化されることになり・・・
ブログをこのまま続けても構わないものか・・・悩んでいました。

作家の大石圭様は、素晴らしい作品を書かれていられます。

偶然にも同じ題名になってしまい・・・申し訳なく思っておりました。

また、今回、ブログをパスワード制にしておりましたが
『甘い鞭』で検索をすると、私のブログもヒットしてしまい
また、ブログにロックかけていても、画像は掲載されてしまう。


パスワードの意味をなさず・・・

ブログを閉鎖すべきか・・・悩んでいました。

ブログを綴れなくなった原因でした。

訪れて下さる方々に、ご心配をおかけしてしまい
申し訳ありませんでした。


私は、今回、第2章で、彼以外のSM嗜好の人に出会い
今まで・・自分自身の忌み嫌っていた『嗜好』を
許せるようになったのも事実です。

また、SMの映画が・・・少しずつ、上映されるようになり
ほんの少し『許される範囲』になってきたような気さえしました。

実際には、まだまだ・・・隠さなければいけない存在ではありますが。



そして、私個人的なことですが、今まで『側室の子孫』と言う
不名誉な存在だった事に対して・・・新し事実が分かり
母から受け続けた『重荷』の様な『厳しい躾』は・・
意味がなかったことに・・・気がつきました。

ほんの少しではありますが・・・
私は、私を許せるようになってきました。


また、ブログを続けさせてください。

白い下着

2013/02/28 00:08
ee1_20130227232226.jpg

H様は、会議を終えたばかりで、私も時間の制約が有り
ホテルの庭園を散策した。

私は、父が庭の松を剪定していたりしているのを
子供の頃一緒に見ていた。

父が亡くなってからも、『和風の庭』は不思議と心を癒してくれている。
今でも手入れの行き届いている立派な『松』には、目が行く。

ホテルの庭園は、父の『松』の比ではなかったが(笑)

H様は、緊張気味の私を紳士的にエスコートして下さった。

高いヒールを履いている私に、歩きずらい所では、手を引いてくださった。

初めて触れる、H様の手に、ひどく緊張した。
でも、サディストの手・・・という意識は、まだなかったように思う。

季節の話をして、花木の説明をくださる。
『ガーデニング』を自負している私以上に、たくさんの知識を持たれていらっしゃる。

彼以外の男性に会っているという『罪悪感』が消えていった。

H様は、彼が許してくれた『ほかの男性に会っても構わない』事なんだと
感じた。

『安心な人』だと。


私の笑顔がほころんだ瞬間、H様は、私のスカートをまくり上げた。

ここは、日本の代表するホテルであるという認識は
私の中にもあった。

また、この日本庭園は、ホテルのエスカレーター、ロビーから
眺められるようになっている。


いつも・・密かに行う『露出』とは・・比べ物にならない。

心臓の鼓動が爆発的になり、肌寒い季節に露わにされた
お尻を私は、手で隠そうと躍起になった。

H様は、何事もなかったように、堂々と歩かれている。


細い植え込みの間を、私はスカートをまくり上げられたまま
歩いた。前から見た私は・・・多分、ノーマルに見えることだろう。

私の後ろで、H様は、肉付きの良い私のお尻を眺めながら
穏やかに歩かれていた。

『嘘でしょう・・・』・・・・私はこの言葉を
何度も何度も心の中で叫んだ。

でも、私の中のもう一人は・・・期待通り・・興奮してしまっていた。

私は、情けない自分を蔑みながら。
H様は、会ったばかりの私を『知り尽くしている』かのように
慣れたご様子で扱って下さった。

少し、小雨がちらつき、ホテルの中に入った。

紳士的なH様との会話は・・・少しづつSとM的になっていった。

私は・・・M的なスイッチが入ってしまうと
S的な人に逆らえなくなってしまう。

私は、H様の後を付いて行くのがやっとだった。

H様は、ホテル内の下着売り場に私を連れて行って下さった。

そして、写真の真っ白な下着を購入して下さった。


ただ、サディストのH様は、性器ピアスを5つ施している私に
試着をさせ、店員の女性にサイズが合っているか見てもらうようにお話されてから・・
と言う『命令』も付けて下さった。

こんな・・・屈辱的で、それでいて、官能的な時間は
初めてだった。

つづく・・・

奴隷とは・・そういうもの

2013/03/12 23:48
ee7.jpg



H様が12月に、彼に私を譲り受けたいと言って下さった。

『メス豚恭子を、キロいくらで、いつでも引き取ります』と温かく言って下さった。


彼に飽きられてしまった私は、彼から去るべきだと考えていた。
彼に、彼の好みのM女性を新しく探す自由を・・・返すべきだと思えた。
彼に対する想いを・・・消し去るべきだと・・・思った。

それでも、自分では、決心つかない情けない奴隷だった。

ただ、彼に必要とされていない自分も、情けないほど惨めだと思った。


H様が私でも構わないと言ってくださる言葉は、まるで・・魔法のように
私に中の惨めな気持ちを消して行ってくれた。

自分を『惨めだと自覚する事』は・・・マゾヒストの私でさえとても苦しい事だった。

SMプレーの『蔑まれる』行為とは別の『愛情』のない・・・蔑みの様に感じた。


愛しい相手から想われない・・・単純な『失恋』とは、また別のもの。
主従関係が深くなればなるほど・・・主を失うという事は、苦しい感情だった。

なんだろう・・・全否定のような・・何もかも無くなってしまうような・・。
『虚無感』・・と簡単に表現出来ないぐらい・・とても単純な言葉のようで
何処にもない言葉にも思えた。

『最下位』さえ去らなければいけないなんて・・・。

彼に全く属さない事は、私の中で酷く不安で、ただただ・・・恐怖でしかなかった。


私は、彼に確かめることが怖くいつも『最下位』という安心な場所に居た。
一番下でいいから・・・そばに置いてください・・と。

でも・・・彼の気持ちを確かめたいと思ってもいたのも事実。

マゾヒストだから・・自分を苦しい状況に追い込もうとしているのかも(笑)

違う・・・彼を愛しく思うあまり・・彼から『愛されたい』と思うようになってしまった。


彼が、どのように答えてくれるのか・・・知りたくもあり・・・知りたくもなかった。


もし・・譲渡されてしまったら、奴隷の私は従うしかない。

『奴隷とはそういうもの』と。














調教の声

2013/03/14 00:38
rrr6.jpg

去年の暮れだったか・・H様が平日の3時頃電話を下さった。

その日の朝、携帯にメールを頂いていた。

『今日の午後、M女性を調教するが、恭子は
声を聞いてみたいか?』・・・・と。


私が今まで話したことがあるM女性は、白檀様の芙由子様だけだった。


私の中で『同性』に性癖を知られる・・・・ということは
とても怖いことに思えた。

芙由子様は、私の憧れの女性だったので、恐怖感はなく
むしろ・・ホッとした何か許されたような気持ちにさせて頂いた。
電話で数分だったが、私が、初めて話したM女性だった。

いつか・・・いつかお会いしてみたいと恋焦がれる女性だ。


今回、H様からのお話は、『調教中の声』を聞かせてくれる・・・という内容で
私は、相手の女性も知らない。

正直・・・興味がないかといえば嘘になる。

実際の調教は、見たことがない。

雑誌やDVDでしか知らない世界だ。


私と彼・・・の調教しか知らない。

『M女性』を知りたいと思った。



どんなふうに・・・泣くのだろうか・・・。

どんな悲鳴を上げるのだろうか・・・。


私の中の淫らな私は、H様からの電話をとった。


『今から、聴かせる』とH様は慣れたご様子だ。


私は、携帯を持つ手がほんのり汗ばみ
期待と緊張と警戒心がごちゃまぜになり・・・・
息をするだけで精一杯だった。

携帯から甘い喘ぎ声が聞こえた。

息遣いが聞こえた。

少し雑音が入り、苦痛を帯びた悲鳴が聞こえた。


でも、それは悲鳴ではなく、私はよく知っている
『高揚していく悲鳴』だった。


私は・・・冷静を保とうとすればするほど
無理なことがわかってきた。

『疼く』という言葉が・・お似合いの
淫乱なM女。

私は、それをH様には知られたくないと・・・
心から思った。

携帯で姿は見えないのだから・・・冷静に・・冷静に・・
と自分に言い聞かせた。

H様が何かを話されていたのだけれど・・・
私には、何を答えたらいいのか見当もつかず・・・というか
頭が回らず

『ありがとうございました』と告げるのが精一杯だった。


電話を切った後・・・私は自分の心の奥の欲望をあらためて
知らされた気がした。

私は、とても感じてしまっていて
下着が湿って気持ちが悪いぐらい・・・濡れていた。


ひどい・・・罪悪感。




私は、翌日彼に、この出来事をメールした。

『恭子は、どう感じた?』と彼からの単純な質問にさえ
答えられなかった。


彼は、機会があったらH様と4人で食事でもしようと・・・
と・・言った。




調教お願いします

2013/06/22 00:37
ff55.jpg


彼の望む嗜好と、私の望む嗜好は、同じだった事を
前回の調教で私は、知った。

お互いに、心の奥深い欲求を、6年間隠し続けた
私と彼は・・・なかなかの・・・強者だった(笑)

彼の感じの良さは・・・私と共通するものがあった。

品のいい彼が、そういう嗜好を持っているなんて
想像すらできなかったし・・・私も同じに思われていたのかもしれない。


いつだったか・・浣腸を彼がする・・と言ってくださった時に
私は、こういう汚いことは自分でします・・・と彼を断り
自分で隠れて浣腸をしていた。

目の前で排泄をするように命令された時も、
私は、真剣に拒否した。

彼は、そういうことには、興味がないと
思っていた。

彼の好きな責め『萩尾順一氏』をネットで検索して
私は、彼の望む責めを初めて知った。

今まで、『F様は、どういう行為が好きですか?』と尋ねても
彼は、はっきりとは答えなかった。


でも、1番最初に買ってくださった拘束衣は
『アナルアタックベルト』だった。

私に装着するとき、彼は、バイブをアナルに入れる仕組みを
『オマンコではなく、アナルだったか』と、見当違いだったような話をした。

でも「アナルアタック・・・・」と名前からして,アナル用だ。
それなりの金額もする。

私は、ずっと彼が勘違いして購入してしまったものだと思っていた。

アナルセックスも・・・彼は興味ないものと
思いこんでいた。

次々・・・思い出すと、彼がくださったバイブは、オマンコ用、2本。
アナル用3本プラス、アナルプラグ1本。


彼はアナル舐めも喜んでくださる。

私は、彼の手のひらと比べた、プラグの大きさに
身震いした。

今使っているピンクのアナルプラグの3倍もある。


愛しい彼の手に乗っているアナルプラグ。

愛しさが伝染して・・私の中にすっぽり入ってしまうことが
出来るようになるんだろうか・・・。

アナルフィストが出来てしまうような大きさに見えた。


・・・恐怖を感じる。

それでも、彼のサディスティックな感性は、私を魅了する。

「恭子の尻の穴に入るアナルプラグ」と・・・・彼が1行メールをくれた。


ff2

この注射器で、私は、100ccを、何回我慢できるのだろうか・・・・。


興奮する私と、好きな彼の前で・・・こういう行為をする事への
葛藤で・・・深く・・・深く・・苦しむ。

私は、彼の望むことを、なんでもしてしまう・・・変態淫乱女だ。


彼との・・始まりが、怖くもあり、夢のようでもある。


今後は、同じsm嗜好の方々でも、ジャンルが違う場合
汚い映像、不快な画像があるかもしれません。

興味くださる方だけ、ご覧下さい。

「恭子で、実現させたい」と言ってくれた
言葉に・・・報いたい。

無駄にさせてしまった11年を・・・取り戻したい。


 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。