FC2ブログ

同胞の方々へ

2013/04/13 02:06
ss1_20130413002441.jpg

彼は、いつからサディストなんだろう。

高校生の時ぐらいからだと聞いた。


ふと・・目にとまったsm雑誌が・・きっかけだったと。
もし彼にS的嗜好がなかったとしたら、その雑誌は、彼の目には留まらなかったはずだし
そう考えると・・・彼のS嗜好の始まりって・・いつなんだろう。

やはり、持って生まれたものなんだろうか・・・。



彼は私に鞭打ちながら、大きくなっていく。
私は、鞭を入らられながら、感じていく。

時々、私は自分の快楽に埋め尽くされ、彼のことを考える余裕がなくなる。
ふと・・・彼は、私を鞭打つことに疲れてはいないだろうか・・・と
気になる。でも、彼の怒張したモノは私をほっと安心させてくれる。

同じ『感覚』を持ち合わせた人だという・・・安堵感。

彼は、私のお尻に紅い鞭の痕を残し、その痕を指で辿る。

彼が鞭打ちやすいように、お尻を彼に向け続けなければいけないのに
痛みに悶える私は、姿勢を起こしてしまう。

起き上がった私の頭を彼は手で床につくように押さえ込む。
そして床に這いつくばる私の頭を足で踏みつける。


私は、なぜ、足で踏みつけられて高揚していくのだろうか・・・。
最近は・・ほかの女性も・・私と同じ感覚を持っているのではないかと・・・錯覚を起こす。


虐げられる・・興奮。

蔑まされる・・・幸せ。

痛みによる快感。



ss2_20130413002442.jpg

この感覚を持ち合わせてよかった・・・気がする。

ss3.jpg

彼から開けて頂いた乳首のピアスを鎖で引き上げられる快感は
ノーマルな女性には、味わう事の出来無い・・魅惑的な快感だ。

オナニーで逝く瞬間より・・・達してしまう・・・快感。

ss5_20130413002441.jpg

いつも・・・彼に感謝している。

私を、このような心から満たされたマゾヒストに変えて下さった事。

そして、ブログを通じて出逢えた同胞の方々・・・
いつもブログを読んで下さり、心から感謝しています。

孤独感を感じずに済むのは・・・あなたのおかげです。


鐸様

2013/06/18 22:35
6_16_20130618213149.jpg

想いを言葉にする難しさ・・・

『言葉』の儚さを知った。

私は、6年前彼に、私の嗜好を上手く伝えられずに
彼との時間を無駄にしてしまった。

私も、絵を書くことができたなら・・・。
彼に、私の心の奥深い欲求をお見せできたのに・・・・。




私が心惹かれる絵を描く人は・・・2人いる。

1人は、兄のように慕う、今にも動き出しそうな躍動的な絵を描く人。

そしてもう1人は、淫艶画牢 の鐸(たく)様。

私は、鐸様の絵を時々覗かせてもらっている。


妖しく、淫らで、妖艶な世界だ。

恥ずかしい話、鐸(たく)様の絵は、私を興奮させてくれる。

時々責められている女性に自分を置き換え
自慰行為をしてしまいたくなる。

ブログ3-1_convert_20130301184954.jpg
4_8.jpg
4_17.jpg

絵の中の女性の吐息が聞こえて、
同化してしまう。

子供の頃、smに目覚めた頃、『見てはいけない世界』・・として
封印しなければ・・と思いながらも
知りたくて、仕方がなかった『世界』が、鐸様の世界にはある。

こういう行為は『罪』なんだろうか・・。

私の嗜好は・・・罪深いことなんだろうか・・・と。

鐸様が、私を描いてくださった。

絵の中の女性に同化しなくても良い。

目線処理なしの私がいる。


私の宝物の一つにさせてください。


心より、感謝します。

私を受け入れて下さる・・・という
お許しを頂いた気がしました。

甘い鞭  恭子

長い休み

2014/12/12 23:52
長い休みを頂きました。
沢山のパスワードを御希望くださいましたのに・・・
返信もせずに申し訳ありませんでした。

FC2動画摘発のニュースを知り、戸惑い、ロックをかけてしまいました。

こういう性癖は・・・いけないことなんだろうか・・・・と考えてしまっていました。

同時期に、不認可のSMバーの摘発が重なり
沢山の不安を感じどうしたらいいのか・・・・・・・。

ずっと抱え込んでいた『罪悪感』が、やっぱり・・・・と頭をもたげ始め
逃げ出した次第でした。

私は、今も、彼を想い続けています。
心の底から冷酷なサディストの彼は、私を放置して苦しませる天才です。

それでも、主である彼が愛しくて、ただひたすら、待ち続けているのは
彼の調教の成果(笑)なのでしょうか・・・。

また拙いブログですが、7年目の奴隷とお付き合いください。

恭子

連絡いただきました皆様、追って返信させていただきたいと思っています。
ありがとうございました。
 Home