FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

側室の血

2011/08/23 00:03
bb2.jpg

ただ一人を想う事・・・私は最初の結婚で、『優しい言葉』が
苦手になってしまったようだ。

元夫は、人当たりの良い、患者の話をよく聞く医者だった。
外来なども、どうしても時間が長くなってしまい
話を切り上げるのが大変だともらしていた。

インターンの時期、1年おきに関連病院を回る。
まるで、社宅のような環境もあった。
循環器内科だったこともあり、救急時すぐ来れるように
いつも、救急車の音が聞こえる範囲内に住まわされていた。
奥様たちの歓迎会、送別会と・・・幼稚園の送り迎え・・・
正直、大変な日々の方が多かった記憶がある。

それでも、6年付き合い結婚した元夫には、
深い絆を感じていた。

私にも、優しい言葉をかけてくれていた。

だから、浮気を知ったときの心の傷は・・深かった気がする。

私の『ただ一人』は、かなり昔からのような気がする。


尽くす事が好きで、好きな人の喜ぶ顔がみたい。
ここは・・・母親譲りかもしれない。

でも、母は、私のような淫乱なタイプではなく
どちらかと言うと、しっかりとした『母親』タイプ。

私は・・・何処から来たのだろうと・・・不安になる。

母方の祖母が、城主の側室だったと、親戚から子供の頃聞いた。
母に確かめたが『違う』と不快そうに答えた。

数年前、父が亡くなった時に・・・もう1度その話題が出た事もあって
母に尋ねた。

事実だった。女の子しか生まれなかったため、戻されてしまった・・と。

その後曾祖母は、結婚し男の子が生まれ、男の子は、私の祖父に当たる。

私には、城主の血は流れてはいないが・・・『側室』の血は、
しっかり流れてしまっているようだ。

母は、『側室』『妾』と言う、恥ずかしい話を封印したかったと話してくれた。
・・・そう・・・母は、コンプレックスを持っていたのかもしれない。

『側室』と言う影の存在に。
淫らな、性の奴隷のような・・・はしたない感覚を。

曾祖母は、母を1番かわいがり、曾祖母の名前を取って付けられたのは
他ならぬ母だったし、1枚だけ残っていた写真の曾祖母は
母によく似ていた。

愛しい存在と、軽蔑する存在が同じ人物の場合・・・・心は戸惑い
無意識に排除したがる。

母は、私に、今思えばとても厳しく躾をしていた。

『はしたない。』とは、よく口癖だった。

タバコも酒も殆どやらない。

短いスカートも、履かない。

足を開いて座らない。

口を開けたままにしない。

言葉遣い、髪の色、服の色、アクセサリー、装飾品、思い起こせば・・・


私が、中学の時『恭子ちゃんの前では、Hな話はしないようにしょう』と
『ぶりっ子』が流行った時代に『純情』と言われてしまったのは
当然だったかもしれない。

今考えると・・・とても、古風すぎる育て方をされてしまっていた。

今考えると・・・変な『女の子』だった。

でも・・すでにその頃私は、SM的な妄想を膨らませていた。


私の、性癖のルーツは・・・こんな事かもしれない。

必要以上の抑圧は・・・私をこんなにも変態で淫乱で、母の嫌いな
『はしたない』女にしてしまった。


私は、こんなふうに、いやらしいおっぱいに
洗濯バサミで挟まれたいと願う・・・そして
そんな画像を見て頂き、感じてしまう・・・こうなりました。

でも、これがもう一人の私で・・・側室の曾祖母の血が流れている。

困り果てた存在。

そして今は、愛しい彼の最下位性処理奴隷である。

性癖の由来

2011/08/24 10:03
bb6.jpg



絶対的愛情を受け損ねた・・・私のようなマゾヒストやサディストと
心にこれと言った『傷』を持たない、マゾヒスト、サディストが存在する事に
このブログを続けて、気が付いた。

私のような、幼児期に金銭的なことではなく、
本家と分家のしがらみのようなもので
・・ある意味『人間的な確執』が原因で、祖父母夫婦に育てられた
『母親からの絶対的愛情』を受け損ねてしまったタイプは・・・・
とても厄介であると感じる。

祖父母から、ある意味での『愛情』は受けている。
とても温かい祖父母夫婦だったから。

両親も私を1時期手放した事以外は、何の問題もない、愛情を注いでくれた
父と母である。

ただ、私にとって、祖父母夫婦と両親の確執は・・・今でも続いている所もある。
幼い私には、『安心できる場所』がなかったような気がする。

離れていた時期は、1歳半から3歳までと短いが、
その後も祖父母、両親との間の橋渡し的な
立場に置かされていた。

そして今の私が出来上がった。

それの拍車をかけたのが、元夫の浮気。

『何か、役に立たなければ、愛されない』
『存在意義を見つけていなければ・・不安で仕方がない』
『嘘のような甘い言葉が欲しいが・・その言葉すら信じられない』
・・・・・結局、何も信じられない『人間不信』で・・・
ただのエゴイストに映る事だろう。

私自身も、私のようなタイプを、客観的に見たら『馬鹿』に見える。

とても欲張りで、とても疑り深く・・・・『いったい何をしたいの』・・
と聞きたくなる。

そう・・・私は、『マゾヒスト』は・・この性癖は『病気』では無い事を
このブログを綴るうちに気が付いた。


でも、私は、『絶対的愛情を受け損ねた』と言う・・『病気』だと思う。


彼の優しい言葉を求め・・・彼からキスを求め・・・そして何度も
『奴隷解放』され・・気が付き『最下位』を頂いた。


この繰り返しを続けるうちに・・・・少しずつ・・少しずつ・・
『絶対的愛情』が、増えていくような気がする。


彼と築き上げていく『信頼』は、ある意味・・・・
SM行為によって、私の中の愛情に、
薄く、薄く幕を作って行ってくれるような気がする。


そして・・・私のように『心の傷』を持った、マゾヒストは同じ傷を持った、
サディストに強く惹かれるのも・・・事実だ。

だから、このブログにコメント、メールくださるサディストの方に
魅力を感じる事が多い。


でも、同じ傷を抱えた『絶対的愛情』を受け損ねて、SM行為を望むタイプ同士は
お互い、『惹かれ合う』と同時に『救い合えない』・・・
なぜなら・・・『似すぎている』から。


そして、私は、このグルグル巻き(笑)の世界から、抜け出したいと思っている。


時間がかかるかも知れないが・・・『絶対的な愛情』を手にしたい。
そして最後に、彼を思って逝きたいと・・・思ったりもする。

なかなか・・・難しい。

ただ一つ・・彼に聞いた事がある。



『何か心の傷ありますか?幼い頃とか?』と・・・


『特別これと言って無いな』と・・・
『でも昔から‥・S的だった・・なぜだろう?』と。


私には、彼が必要です。


鞭を欲しがる理由・・・・彼からの鞭でなければいけない理由。


彼は、昨日、私の更新を見てコメントを下さった。
『更新頻度が高く読むのが大変だ。新しく1本鞭を用意するから
楽しみにしているように』

もしかして、読まれていないのかと・・・不安になるぐらい
変わらないコメントだ。

彼は、人を疑わない。
彼は、人を試さない。
・・・・彼は、羨ましい愛情を受けて育ったようだ・・・と
深くは知らないが・・・感じる。

私にはないものを持っている。

私もできる事なら、彼のように生きたい。

私が、惹かれるサディストは、私とは違うタイプで、だから心を癒してくれる事が
可能なんだと気が付いた。

次回は、泣き言を言わず、1番苦手な『1本鞭』を楽しみにしています。



ただ・・他のM女性の件は・・・これから克服していきたい課題だ。
そして、私は、彼に対する『愛しさ』抜きには、SM行為は
成り立たないと・・・これだけは譲れない。

最下位にも『感情』は、存在するべきだと・・。

愛してもらえる『条件』

2011/10/13 17:23
mm2.jpg

『必要』とされているか否かは、私にとっては、とても大きなウエイトを占める。

幼児期の体験からか、『役に立つ』事が、『愛される条件』と思い込んでいた。

子供のいない叔母夫婦は、私を養女に・・と望んでいた。

私の両親が、叔母夫婦と自分たち夫婦の養子縁組をしたにもかかわらず、関係がうまく行かなかった
負い目もあり、私を差し出すことで、関係を保っていた。

父は、早くに母を亡くしているので、叔母が母親がわりだったようだ。

それほど複雑でもないが・……それほど単純でもない。


結局、1年半叔母夫婦に育てられた私は、養女になること無く
両親の元で育った。

叔母と母に・……複雑な人間関係に挟まれて『育った』

今の私の人格形成に深く影を落としている原因。


私には『愛される』には、理由や条件が必要だった。

『愛される』ためには、自分が何か『役に立たなければ』と
強く思った。『必要』とされなければ・……『愛されない』。

『絶対的愛情』を知らない。
『無条件の愛情』を知らない。

・…ただ、全く知らないわけではない。
叔母も母も、温かく優しい人だった。

ただ、叔母と母・…・との関係は、ひどいものだった。

私が、SMに求めるものは・……こういう『欠落』した何か。



彼には、思い当たる生い立ちはないと聞いた。

彼は、私を理解出来ないだろうし・……
私の想いは、負担にしか感じないのだろう。



同じ境遇なら・…理解頂けるだろうか。

鞭打たれ、ピアスを開け、忠誠を誓い・・・そして
私は、彼からの愛を望む。

私が欲しいものは、『心の繋がり』


私自身が、彼を想うことで・・・見返りのない
『絶対的愛情』を自己現実したいのだろうか・・・。


鞭打たれても、踏みつけられても、愛されなくても
『彼を愛しい』と思える。形は、違うが『絶対的愛情』を
私は、彼に示しているのかも。


でも、彼は、『絶対的愛情』を受けて育った彼には・・・
私の想いは、必要なく・……ただ・ただ・…
『重すぎる』だけなんだと思う。


幼児体験とは・・・怖いものだとつくづく思う。

私は、愛されたい。

だから、彼の役に立たなければ・…『愛されない』


役に立つばかりか・・・負担ばかりかけてしまっている。



もう一つ、私が『ただ一人』にこだわる、理由。

最初の結婚は、本当に好きだった気持ちが強く
元夫が大学受験に失敗しても『私が、働けば済む』と思っていた。


そして彼が、学生生活を終え、医者になって働きだした。
そして、浮気が始まった。

私の中で『役に立たなくなった』事は・……『愛されない』と、言う事を
再現されてしまった。

心の傷が深く・……深くなった。


今思えば、元夫が6年間、学生で、私が先に働きだした時期が
1番満たされていた。

そう、私は『役にたっていた』・・・だから
『愛される』と・・・安心できた。

若かったせいか・・・夢の様な話を良くしていた。
『ずーっと離れたくない』と。
『死ぬときも一緒が良い』と。

『もし先に死んだら、私が死ぬときは迎えに来て』と
若かったあの頃は『死』は遠い話だった。

今、私には・……迎えに来てくれる相手がいない。
一緒に『死んでもいい』と想ってくれる『相手』がいない。

私は・・・『一緒に死んでもいい』と思えるのに。

天秤の片方だけが・……下がった状態の
アンバランスな、愛情は・・・・とても不安だ。

主従関係は・・・『主』・・・と『従者』なのだけれど
心の奥深くは、天秤は釣り合っていて欲しいと思う。


そう思うのは、最下位にとっては・・・あるまじき『感情』
でしょうか・・・。

マゾヒストは、それを望んでいるような気がする。

鞭を打つ、彼の心が見えなくて
『優しい言葉』を欲しがる時は・……下さい。

痛みと・・・甘い時間も。

最近の私は、マゾヒスト、失格だ。

私は、未だに私は自分を『ノーマル』だと思っているフシがある(笑)


普通に、愛されたくなった。



昨日、海外へまた出かけた彼にとって、私は『負担』でしかないような気がしてきた。

『役に立つ』どころか『お荷物』。

だから・…『愛されない』

よく考えなければ。

トラウマから逃げられない、私の暗い話でした。

w4_20110928163344.jpg

心当たり・・

2011/11/19 10:16
z8_20111105095410.jpg

私は、アルファインのこの部屋と同じ部屋を
DVDや他の人とサイトで見かけると・・・・
とても不思議な気持ちになる。

こういう世界は・……もっと供給があってもいいような気がするし
それ以前に需要が少ないのだろうか・・・。

やっぱり・・・SM嗜好は限られた人だけなんだろうか・・・。

なぜこんな、嗜好の生まれついてしまったのか
本当に知りたい。

なぜ、普通に愛されるだけで・……満たされないのか
知りたい。

以前ある施設で、拷問場面を集めた再現場面を見た。

怖いもの見たさで『見たい』とおもう感覚と
心の奥深く・・・『感じてしまえる』感覚がある。

決して、人を傷つけたり、殺人的な欲求があるわけではない。

また、そういう感覚のSM嗜好の人たちも確かに存在するが・・。


でも・・・私の持つこの嗜好は・・・『性的』な厭らしさを
伴い初めて・・・成り立つ。

そして・・・マゾヒストが心の奥深くで
『喜び』『期待』していなければ・・・始まらない。


何でしょうか・・・この、感覚は・・・。

乳首に針を刺して欲しくて・・・たまらなくなる。

ラビアをクリップで挟まれ引き伸ばされ、濡れてしまう感覚。

アナルにアナルプラグをねじ込まれ・・・体の奥が
熱くてたまらない感覚。


『変態』で片付かない・・何かを・・
教えてほしくなる。

小学生の性に目覚める前から・・・そういう
感覚は、持っていたようです。

家庭で、性的虐待にあったことはありません。
家の中で、ヌードの写真、雑誌など見たこともありません。

家庭に『性』を思わせるものは、全くありませんでした。
温厚で優しい両親でした。


何が、私に・・・そういう嗜好を植えつけてしまったんだろうと
考えています。

心の反逆

2012/08/22 16:49
zzz121.jpg

朝、ジムに出かける前にブログを綴り、
帰宅後、載せた画像をあらためて見て
とても恥ずかしい気持ちになったりする。

そんな時、自分の中の『もう一人』のせいにしてみたり
排卵日や生理前のせいにしてみたり・・・

とかく私は責任逃れする(笑)

母が、『性』に対して厳しかったからだと思う。

『性』は、子供を残す手段としか考えない時代だったのか・・・。



sexという言葉にさえ、恥ずかしさを感じる。

最初の結婚は『夜のお勤め』と言う可愛い言葉が似合っていた気がする。

『子供を作る』ために正当化されていた。


子供が出来てから・・sexに変わっていったような気がするが
いつも、頭の何処かで『悪いこと』と言う感覚は消えなかった。

押さえつけられた『心』は、思わぬところで反逆を起こす(笑)

押さえつければ抑えこむほど・・・。


私は、心の何処かで、汚い下品な私を認めてもらいたいのかもしれない。
何があっても、変わらない『心』が欲しいのかも知れない。


そういえば・・・
玉コンの浣腸の続きが・・まだ途中だった。

やはり、動画は、載せる勇気がないのですが・・

続きの画像を・・・

私は、とてもはしたなく、淫らな最下位です。

続く・・

生い立ち・・側室の子孫

2013/05/06 20:36
rr6_20130109003004.jpg

私の母の曾祖母が、城主の側室だった話は、以前綴った。
娘しか生れず、戻されてしまったと・・聞いていた。
私には、城主の血は流れていないと聞いていた。
母は、『側室』イコール『妾』という存在に、長い間、悩ませられていた。



昨年暮れ、城主の家臣の家からある『覚書』が見つかった。
曾祖母は、城主と側室との間の娘で、13歳で家老の息子に嫁いだが
家老の息子が、15歳で亡くなったため、新しい嫁ぎ先をお願いしたい・・と
いう旨の『覚書』だった。そしてその城主の墓に、曾祖母の名前が記されてあった。
その後、曾祖母は、従兄弟に当たる、養子の11代当初の側室となり、女の子を生んだ。
結局、側室の娘であり、自分もまた城主の側室となったのだけれど・・・。



その事があり、正式に現在の当主から『子孫』であることを認められ
慰霊碑をたて、偲ぶ会を持った。

私は、本家ではないものの、偶然、『城主の妹が私と同じ名前で
写真が私によく似ている』・・・という面白い話を聞き
昨年暮れ、その会に参加した。

これは、私の自慢話では無い(笑)。



私の『M性』を解く鍵でもある。

私の母は、曾祖母が側室であったという事を
子供の頃から『恥ずかしい』と感じ、引き目を感じて育った。

丁度、戊辰戦争の時代で、老中を務めた城主は
幕府側に付き、敗北した。
隠せる親族は、あらゆる手段で隠した。
その結果『側室』『父無し子』と言う噂が立った。

母が、必要以上に私に『厳しかった理由』は、此処にある。

特に『性的』な事には、かなりの厳しさだった。

私は、小学校の頃から大きなおっぱいを、ひたすら隠すように躾けられ
『性』イコール『悪いこと』と思い込まされてきた。

それでも、私のおっぱいは、下品に目立ち、私は常に罪悪感を持ち続けた。
これが今の私が『おっぱい責め』を望む理由かも知れない。



rr9_20130109003047.jpg

時代のせいもあったが・・『女性』は、『品物』であった。

子孫を残す道具でもあり、慰めものでもあった。

そして・・淫らでなければ・・・生き続けられなかった。


rr7_20130109003046.jpg


現在の当主の方が、私に興味を持って下さり、お会いして出筆された本に
名前を書いて頂いた。一緒に写真も撮って頂いた。

何処か、面影が私の兄に似た城主の顔を見て
私も、確かに・・・どこか似た処もあるのかもしれない・・と不思議な気持ちになった。



『血』とは、怖いものだと思った。


そして母が『これで、長年の心のわだかまりが消えた』と笑顔で私に告げた。
母曰く、ずっと・・恥ずかしいと思ってきたそうだ。


私は、自分の中に、このような性癖を母の責任にするつもりは
毛頭ない。


ただ、私が、こうなってしまった『理由』のいくつかには・・・なっていると思う(笑)。



『厳格な躾』。



そしてもう一つ・・脈々と受け継がれてきた『妖しい存在』。
城主自体も、側室の息子であることをウキペディアで知った。


物のように扱われる『側室』の『血』と
物のように扱う『城主』の『血』を受け継いだ存在は
『MでもありSでもある』


SM嗜好は・・・・こういう所から来ているような気がした。


私は、礼服の上にこのコートで『偲ぶ会』に参加した。



真実は、意外と面白いものだと思った(笑)
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。