FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SM

2009/08/09 13:26
15.jpg

SMは、今はオープンになってきましたが・・・変態的なイメージが付きまといます。
隠さなければいけない・・・時代でした。SMグッズもかなりの値段がしていました。
ただ、真のサディストや真のマゾヒストが見つけずらくなってしまったのも事実です。

私は・・・どのぐらいのM性を持っているのか・・・自分でもわかりません。
なにが得意かと聞かれても、答えられません。
ただ答えらしきものがあります。私のSMは、好きな人に奉仕する事、好きな人が喜んでくださる事基本だから、ご主人様のためならなんでも出来る。だから・・無限大かも。

私の究極のSMは、ご主人様と一緒に死ねる事。
ただ・・・愛しさのあまり、ご主人様が死ぬ事は・・・私の最大の悲しみでもあり。相反する感情があります。

痛み・・・マゾヒストにとってSMの痛みは・・きっと普通の人と同じです
痛い・・・怖い・・は同じですが・・・愛しいご主人様からお受けする痛みは
痛みを快感に変えてくれる何かがあります。恐怖を和らげてくださる何かがあります。
鞭打つ手が縛られた私の指に触れたとき・・・ほっとする安心感と・・愛しさを感じます。
達してしまうような、快感があります。

鞭いつも、怖くて眼を閉じてしまいますが・・・愛しいご主人様を見ながら鞭打たれたときは・・・この上ない痛みと快感が混ざり合いました。ただ・・痛さのあまり声すら出せないことのほうが多いかも。まして・・眼を開いていられない。

飲尿 誰のおしっこでも飲めるわけではありません。
おしっこが大好きなわけでもありません。
誰も、私がおしっこを飲むなんて想像できないと思います。
でも、ご主人様のおしっこは・・・飲みたい。最後の1滴まで飲みたい。

精液  ご主人様が冷静な顔で私を鞭打つときの顔は・・・・・私だけのもの。
冷ややかな顔で、私に鞭打ちます。まるで何も感じないかのように。
まるで私を物でも叩くように。少し悲しくなります。私はご主人様を喜んでいただく事が出来ない・・・・無能なM女だと実感させられます。
そんなとき・・ご主人様のおちんちんから・・液が出ているのを見つけるときは・・・・・・・
とても幸せ。舐めつくしたくなります。鞭打たれるのも忘れて。



ピアスを外した理由

2009/08/21 08:28
22.jpg

入れていただいたピアスは、とてもうれしくて、
何度も何度も自分で見てみた。

その事を考えてオナニーもしてしまった。
いつもより強い快感があった。

それもそのはず・・一番感じる乳首に・・・
常に心地よい痛みが継続しているのだから・・・・・・
御主人様からの責めを常にしていただいているのだから・・・・

翌日、少し腫れていた。
リングを動かすと
ほんの少し出た血が、リングに固まってザラザラと付いている。
それが傷口に当たるのか・・・切れるような痛みが走る。
消毒薬でリングを拭き、薬を傷口に行き渡るように
リングを動かさなければいけない。
少しサボると・・・血や浸出液の塊がまた私に痛みをもたらすから・・・。

ピアスの入った右の乳首が明らかに左より大きい。
軽くつまんでみる・・・・。

見ていると感じるが・・まだ痛みは・・・かなり残っている。

今考えると・・よくそういう状態でオナニーが出来たものです。
やっぱり・・・・M性が強いのかも・・。

御主人様に画像を送ると・・・喜んでくださった。
「私のメス奴隷」と。

ときどき「私だけの・・・」が付くときは・・・1日中幸せでいられる。
本当にまれに「私だけの愛奴・・・」が付くときは・・最高に幸せ。

今まで1度だけ「愛しい私だけの変態メス奴隷・・恭子・・・」で連絡が来たときは
・・・・・・・・涙が出てしまった。

御主人様にとって、きっとその時の気分なのかも・・・
きっと深い想いは無かったのかもしれませんが

でも・・・奴隷は・・・御主人様の言葉1つで・・・どうにでも変われる。
御主人様の言葉は・・・奴隷にとって大きな意味を持ちます。

右にしかピアスを入れなかったのは・・・会うたび
1つずつ増やしていくはずだったから・・・

でも・・・
結局左の乳首にピアッシングされることはなかったのだから・・・。



やさしい時間

2009/08/31 11:31
anaru_convert_20090831084943.jpg


時間がゆっくり流れているときと
時間に流されそうになるときと・・・・・

何が違うのか・・・。

やさしい時間が好きです。

SMの中にも・・・・あんな残虐な行為の最中にも
       「やさしい時間」が流れます。

きっと、SMを心から信頼できる人と経験した人には・・
わかってもらえると思いますが。

御主人様の冷ややかな・・・サディスティックな表情の中に
「やさしさ」を感じた瞬間が・・・・痛みすら消し去ってしまう
そんな瞬間が・・恋しい。


もうひとつの・・やさしい時間。

手首を拘束されて吊るされ・・・痺れてくる。
拘束しながらも・・・・・身体に負担なく縛ってくださっったのですが・・・
私は激しくもがいてしまい・・・。
手に血がかよわなくなる。

自分を忘れて夢中になって逃げ出してしまう。
逃げたいのに、拘束されて逃げられない。

紫になるまで縛り上げられた乳房。
紫になった手。
足首から太腿にかけて縛られとても惨めな格好。

鏡の前に晒された私は・・・・私じゃない。

獣のような淫らな・・・・・はしたない女
縛られて感じてしまっている・・・・・知らない女
バイブを挿されて、いってしまっている・・・・恥ずかしい女

私なのかも・・・鏡の中のその女は・・・

私のような気がする。

ほんの少し・・自分なのかと・・・・・           
認めた時間は・・・・・

やさしい時間なのかも

2009/09/09 08:45
090909_154050+000_convert_20090909171112.jpg

いくつになっても・・・・子供のままなのかも。

sexは・・・大人になってから・・・という概念から
子供・・とsex は、場違いな感じがしますが・・・。

私は・・・「心が子供」・・なのかもしれません。

性欲に従順だし・・・・欲しいものはたまらなく欲しいし・・・・
好きな人と一緒にいたいし・・・ずーっと傍にいたいし・・。

好きな人を見つめているだけで幸せだったり。
好きな人の声を聞くだけで幸せだったり。
好きな人から連絡いただいただけで幸せだったり。

その感情は大人だけにあるものじゃないから。

「恋愛」 や「愛」は・・・大人がするものじゃないのかも。
大人の「不信感」 や、「表面だけの言葉」や「嘘」・・・・そんなものを抜きにして

無邪気に「心」のままに

そんな時間を与えてくれるのは

やはり・・・少年のような無邪気心を持った

「ご主人様」だった気がします。

サディストは・・・少年の心を持っっているから
SM行為は・・・あながち・・・アブノーマルではない気がします。

と・・・SMを正当化しようとしている私は

やっぱり・・・「SM」を・・・認めているようで
                認めていないのかも。

090909_161314_convert_20090909171751.jpg

#

2009/10/16 08:39

新しく・・・

2009/11/13 00:57
88_convert_20091113000434.jpg



ブログを閉鎖していた。

結局・・・・誰も探す事が出来ずに・・・・・

いつもとかわらない・・・・ジムとガーデニングの日々をすごしていた。

本気で心傾いた事もあったが・・・・・

私には・・・・全てを・・・SMで埋め尽くす勇気が無かったのか・・・・それとも・・・



彼から・・・偶然来たメールは

わたしが、ブログで新たなご主人様を募集した日の真夜中だった。
彼は、私のブログさえ読んではいなかった。

偶然のメールだった。


偶然を・・・必然と考えたい・・・そんな私がどこかにいる以上
五年間・・・・彼を忘れられなかった私にとって・・・・・

彼しか・・・彼にしか・・・飼われる事が出来なくなってしまっているようだ。



マゾヒストの心を縛り付けてしまう・・・サディストの彼に

完敗である・・・。




彼から心が解放されるまで・・・・
彼を嫌いになれるまで・・・・・

ブログを続けさせてください。




新たなご主人様として・・・メールくださった方々は・・・
とても魅力的なかたがたでした。

私が、サディストを探していたように、
マゾヒストを求めていらっしゃる・・・サディストの方がいらっしゃる事に
少し安心しました。

誰でも良い訳ではないから・・・・・
ただの・・・sexフレンドを探しているわけではないから・・・・・

なかなか見つからない・・・
なかなか・・・・パートナーを忘れきれない・・・・・

同じ気持ちの人がいるだけで・・・・
心安らぎました。


きっと・・・・私の浅はかな行動にお怒りを感じられていらっしゃる事と思います。

ただ・・・私が・・・・ただ一人を探し続けてブログを続けていた事を
ご理解いただけるなら・・・・・


私が新しいご主人様を探す行為自体が・・・・・矛盾していた事に
気づかれていらっしゃったのではないかと。


「縛られる」と言う事は・・・心さえ自分の思い通りにならないこと・・・・・

心まで縛られてしまっている事に・・・

自分自身でも驚いています。


もっと条件の良い・・・
連絡やメールを下さる・・・・
月1で会える・・・・・そんなご主人様を望んでしまっていました。


条件じゃないのかも・・・・

「彼」だけが・・・・・・・ご主人様なんだと・・・思い知らされました。

いつか開放されたい・・・

彼が私を愛してはいないことは・・・・よく分かっています。
それでも・・・彼しかいない・・・

私は何なんだろう。

彼に飼われた・・・・マゾヒスト・・・・




日常の中で

2009/11/13 08:55
IMG_2519_convert_20091113083528.jpg

私の中でSMは・・・・非日常のような気がしていた。

私自身の中の・・・まるで・・・「癌細胞」のような・・・気さえしていた。

いつか・・・正常な感覚まで・・・消し去られてしまうかのような

底知れぬ恐怖のような感覚もあった。

私の中の「異常性」
私の中の「淫らな部分」
私の中の「私じゃない部分」

結局ブログを閉鎖している期間は・・・・自分自身を抑えて

表の世界だけで過ごしていた。

毎日ジムに通い、秋の花を植えて
・・・チューリップ・・・パンジー・・・・今年はクリスマスローズを買ってみようか・・・などと。


排卵日が近づいてくる。

私の中の・・・・マゾヒストが頭をもたげる。

隠し切れない・・・・

抑えきれない・・・・

サディストの感性を感じたい。

あなたからお借りしたハードなDVD。

それだけでは足りない。

オナニーにも飽きてしまった。


サディストの人の感性に触れたい。
サディストの人の・・・・目を見たい。
サディストの人の・・・・存在を感じたい。


今から出かける・・・ジムでは・・・私はどんな表情をしているのだろう。

物欲しげな顔をしてしまっているのか・・・・・

#

2009/11/22 10:52
IMG_2518縺ョ繧ウ繝斐・_convert_20091113083445

リードの先

2009/11/27 11:05
IMG_2566_convert_20091127104130.jpg

この世界を知ってから・・・知る以前と比べて

後悔があるだろうか・・・・。

SMの世界を知ってしまったから・・・・
ノーマルな快感を失ってしまった気がしないでもない。

興奮する基準が・・・ノーマルじゃない。

拘束される・・・・・
自由を奪われた状態で・・感じてしまう女性は少なくない。

ベットに軽く手足を縛られ・・・彼からの愛撫で高まる女性。
目隠しされて・・・次に何をされるのか・・・考えるだけで感じてしまう女性。
バイブを使われて・・・快感を得てしまう女性。

私もそこから始まったはずなのに・・・・
どうしてここまで・・・マゾヒストになってしまったのだろう。

SMの何が得意か・・・何がすきか・・・と聞かれると
答えに困ってしまう。

私のマゾヒストの基本は・・好きな人が喜んでくれること・・
愛しい人が感じてくれることだから・・・・

私のマゾヒストの原点は・・・サディストが感じてくれること。
「主」に尽くす喜びから始まっていることに
やっと最近気がついた。

だから・・・彼が私に興味を失った時点で
私の・・・SMは、終わらざるを得ないのだけれど・・・・


終われない・・・


いつの間にか・・・・サディストの喜んでくださる顔を
 彼の・・冷ややかな表情の中に垣間見る・・・興奮した証・・・を求めていたはずなのに


自分自身の快楽へと・・・たどり着いてしまった気がする。

彼から調教を受ける・・・あの時間を
忘れることは・・・出来ない。


でも・・・禁断症状から・・・開放されたい



私以外にも・・・・・日常に隠れているはずの
サディスト・・・マゾヒストは・・

いつも満たされているのだろうか・・・・



誰でも良いわけではなく・・・・
私にSMを教え込んでしまった

彼を

彼の存在を・・・私自身どう思っているのだろうか・・・・

本当に・・・飼われてしまっていた気がする。
どこにもリードが繋がっていないのに
逃げることも・・・自由に歩き回ることも出来ないぐらい・・・
私を拘束してしまった彼を・・・・


「奴隷解放」を待っているのか・・・・「奴隷解放」されたくないのか・・・

それすら考えられないでいる。

心も身体も・・・拘束されてしまっている。

「後悔」とは決して違う・・・・でも・・・どうしょうもなく
持て余し気味の自分がいる・・・。

やはり・・・禁断の世界・・・・なのかも

2009/11/27 18:09
222_convert_20091127103838.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。